ハウンド犬とジャッカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テーベで発見されたエジプト第13王朝のゲーム盤

ハウンド犬とジャッカル(英語:Hounds and Jackals)は、古代エジプトボードゲームを現代で名付けたものである。古代の正式名称は不明。翻訳の揺れとして、猟犬とジャッカルハウンドとジャッカル。また、あまり使われないが 58ホールズ(fifty-eight holes)とも現代において名付けられた。

命名[編集]

現代名は、テーベの墳墓でエジプト第13王朝の物と考えられる完璧なゲーム盤を発見した考古学者ハワード・カーターによって考案された。

ゲーム盤の概要[編集]

ゲーム盤は29個の穴2セットからなる(計:58個の穴)。ゲームの駒としてジャッカルまたはイヌの頭を持つ10個の小さなスティックがつく。

ゲームは紀元前2000年頃にエジプトで登場し、エジプト中王国期に流行した[1]。それはエジプトだけなく、メソポタミア文明やコーカサスでも知られていた[2]

また、アゼルバイジャンゴブスタン国立保護区にある紀元前2千年紀の遊牧民が使用した岩窟にも、同ゲームが遊ばれていた形跡が見つかっている[3]

出典[編集]

  1. ^ Anne Elizabeth Dunn-Vaturi: Game of Hounds and Jackals, in: A. Oppenheim, d. Arnold, D. Arnold, Kei Yamamoto (editors): Ancient Egypt Transformed, The Middle Kingdom, New York 2015 978-1-58839-564-1, 249, no. 188
  2. ^ Bower, B. (2018年11月16日). “A Bronze Age game called 58 holes was found chiseled into stone in Azerbaijan”. Science News 194. https://www.sciencenews.org/article/bronze-age-game-found-chiseled-stone-azerbaijan 2018年11月19日閲覧。. 
  3. ^ 4,000-Year-Old Game Board Carved into the Earth Shows How Nomads Had Fun(livescience.com By Tom Metcalfe, Live Science Contributor | December 10, 2018 07:09am ET)