ハクタイセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハクタイセイ
欧字表記 Haku Taisei[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 芦毛[1]
生誕 1987年4月17日[1]
死没 2013年10月28日(26歳没)
ハイセイコー[1]
ダンサーライト[1]
母の父 ダンサーズイメージ[1]
生国 日本北海道三石町[1]
生産 土田農場[1]
馬主 渡辺重夫[1]
調教師 布施正栗東[1]
競走成績
生涯成績 11戦6勝[1]
獲得賞金 1億8067万100円[1]
 
勝ち鞍
GI 皐月賞 1990年
GIII きさらぎ賞 1990年
テンプレートを表示

ハクタイセイ[1]1987年4月17日 - 2013年10月28日)は日本競走馬。主な勝鞍は皐月賞きさらぎ賞

戦績[編集]

デビューから重賞初制覇まで[編集]

ハクタイセイは1989年7月、小倉競馬場でデビューしたがなかなか勝ち切れず、10月に未勝利を脱するまでに5戦を要した。だが、未勝利戦を勝ち上がると、400万下、シクラメンステークス(OP)と3連勝。

年が明けて4歳になって、1月の若駒ステークス(OP)にも勝利して、4連勝でクラシック路線の有力候補の1頭に名を連ねたハクタイセイは5連勝をかけて、阪神3歳ステークスコガネタイフウダイタクヘリオスら有力馬が集まったきさらぎ賞に出走した。レースでは不良馬場を物ともせず、1番人気に応えて快勝。鞍上の須貝尚介ともども重賞初制覇を飾った。このきさらぎ賞の勝利により、ハクタイセイは自身と同じ芦毛ハイセイコー産駒の牝馬・ケリーバッグ(桜花賞2着)とともに「白いハイセイコー」として、春のクラシック戦線で注目を集める存在となった。

きさらぎ賞後、陣営はハクタイセイが輸送に弱いことを考慮して、トライアルを回避、皐月賞に直行する道を選んだ。

皐月賞とその後[編集]

鞍上が須貝から南井克巳に乗り替わった皐月賞で、ハクタイセイはアイネスフウジンメジロライアンに次ぐ3番人気に推された。レースでは好位をキープし、逃げるアイネスフウジンをクビ差差し切って、6連勝で父のハイセイコーに続く皐月賞父子制覇を成し遂げた。調教師の布施正は、既にバンブーアトラス東京優駿(日本ダービー)バンブービギン菊花賞を獲得しており、この勝利で史上7人目の3冠トレーナーとなった。また、小倉デビュー馬のクラシック制覇は史上初の快挙だった。

続く東京優駿(日本ダービー)では南井が所属厩舎のロングアーチに騎乗することとなったため、新たに鞍上に武豊を迎えて、父が果たせなかった2冠制覇に挑んだ。しかし、レースでは逃げるアイネスフウジンをマークする2番手で追走したが、直線でぱったりと止まり5着に終わった。

ダービー後、ハクタイセイは屈腱炎を発症し、長期休養に入った。復帰の目途が立ったのは1年後、安田記念がその復帰戦となるはずであった。しかし、レースを目前にして繋靭帯炎を発症。出走取り消しとなり、引退を余儀なくされた。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1989.07.15 小倉 3歳新馬 芝1000m(良) 10 6 6 007.00(3人) 02着 059.1(35.3) -0.7 須貝尚介 53kg ハギノハイタッチ
0000.09.10 阪神 3歳未勝利 芝1600m(良) 13 4 6 001.80(1人) 04着 01:37.8(38.1) -0.6 須貝尚介 53kg クィーンズキッス
0000.09.24 阪神 3歳未勝利 芝1200m(良) 11 7 8 003.00(2人) 06着 01:11.7(36.3) -0.7 須貝尚介 53kg エイシンサニー
0000.10.14 京都 3歳未勝利 ダ1200m(良) 16 6 11 002.20(1人) 02着 01:13.7(37.7) -1.4 須貝尚介 53kg ヤマノカグヤヒメ
0000.10.28 京都 3歳未勝利 ダ1400m(良) 11 4 4 001.70(1人) 01着 01:25.6(37.6) -0.7 須貝尚介 53kg (エイシンキャロル)
0000.12.03 阪神 3歳400万下 ダ1200m(良) 12 2 2 006.00(3人) 01着 01:12.7(37.0) -0.5 南井克巳 54kg (ヤマノカグヤヒメ)
0000.12.24 阪神 シクラメンS OP 芝2000m(稍) 7 5 5 004.20(3人) 01着 02:03.9(37.2) -0.1 須貝尚介 55kg (インターボイジャー)
1990.01.20 京都 若駒S OP 芝2000m(良) 10 3 3 002.90(2人) 01着 02:04.0(35.5) -0.3 須貝尚介 56kg (ダンディスピリット)
0000.02.11 阪神 きさらぎ賞 GIII 芝2000m(不) 12 3 3 002.70(1人) 01着 02:04.1(38.4) -0.2 須貝尚介 56kg コガネタイフウ
0000.04.15 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 7 15 005.60(3人) 01着 02:02.2(36.9) -0.0 南井克巳 57kg アイネスフウジン
0000.05.27 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 22 7 19 003.90(2人) 05着 02:25.9(37.0) -0.6 武豊 57kg アイネスフウジン
1991.05.12 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 16 6 12 出走取消 大崎昭一 57kg ダイイチルビー

引退後[編集]

引退後、ハクタイセイは1992年から日本軽種馬協会静内種馬場で種牡馬入りしたが、初年度の種付けは26頭にとどまる。翌年には鹿児島に移ったが、マークオブディスティンクションに人気が集中し、ここでも種付け数が伸びず、目立った活躍馬を出すことができなかった。

その後、ハクタイセイは1997年1998年に静内種馬場で、1999年は胆振種馬場で、2000年以降は十勝軽種馬農協種馬場で繋養されたが、活躍馬を出せず、2006年を最後に種付けは行われなかった。2010年の種付けシーズン終了後に種牡馬を引退し、静内種馬場で功労馬として余生を送っていた。

2013年10月28日メラノーマが原因による腸閉塞で死亡した[2]

血統表[編集]

ハクタイセイ血統 (血統表の出典)
父系 ロックフェラ系

ハイセイコー
1970 鹿毛
父の父
*チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
父の母
ハイユウ
1961 黒鹿毛
*カリム
Karim
Nearco
Skylarking
*ダルモーガン
Dalmogan
Beau Son
Reticent

ダンサーライト
1982 芦毛
*ダンサーズイメージ
Dancer's Image
1965 芦毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Noors Image Noor
Little Sphinx
母の母
ネバアーライト
1966 栗毛
*ネヴァービート
Never Beat
Never Say Die
Bride Elect
ミスフォール クモハタ
スターライト F-No.4-d
5代内の近親交配 Nasrullah5・5(母内)=6.25%


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ハクタイセイ”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ ハクタイセイ号が死亡