ハケンの品格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハケンの品格
HAKEN NO HINKAKU
ジャンル テレビドラマ
脚本 第1シリーズ
中園ミホ
第2シリーズ
中園ミホ
山口雅俊
渡邊優子
演出 第1シリーズ
南雲聖一
佐藤東弥
茂山佳則
吉野洋
第2シリーズ
佐藤東弥
丸谷俊平
ナレーター 田口トモロヲ
音楽 菅野祐悟
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
シーズン数 2
製作
チーフ・
プロデューサー
西憲彦(第2シリーズ)
プロデューサー 第1シリーズ
櫨山裕子
内山雅博
第2シリーズ
櫨山裕子
山口雅俊
秋元孝之
制作 オフィスクレッシェンド(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル 日本テレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
ステレオ2音声(第2シリーズ)
副音声による解説放送(第2シリーズ)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送枠 水曜ドラマ
ハケンの品格(第1シリーズ)
出演者 篠原涼子
加藤あい
小泉孝太郎
大泉洋
勝地涼
板谷由夏
安田顕
上地雄輔
城田優
小松政夫
白川由美
松方弘樹
エンディング 中島美嘉見えない星
放送期間 2007年1月10日 - 3月14日
放送時間 水曜 22:00 - 22:54
放送分 54分
回数 10
公式サイト
春子の物語 ハケンの品格2007特別編
放送期間 2020年4月15日 - 5月27日
放送時間 水曜 22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 7
ハケンの品格(第2シリーズ)
出演者 篠原涼子
小泉孝太郎
勝地涼
杉野遥亮
吉谷彩子
山本舞香
中村海人
上地雄輔
塚地武雅
大泉洋(特別出演)
伊東四朗
オープニング 鈴木雅之Motivation
放送期間 2020年6月17日 - 8月5日(予定)
放送時間 水曜 22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 8
公式サイト

特記事項:
第1シリーズ
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)
最終回は10分拡大(22:00 - 23:04)
テンプレートを表示

ハケンの品格』(ハケンのひんかく)は、第1シリーズが2007年1月10日から3月14日まで、第2シリーズが2020年6月17日から日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されている日本のテレビドラマ。主演は篠原涼子

当初は2020年4月15日から、「水曜ドラマ」枠で13年ぶりに続編(第2シリーズ)が放送される予定であったが[1][2]新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受けて収録が一定期間中止となり、放送が延期され[3]、同年6月17日より第2シリーズが放送開始された[4][注釈 1]

あらすじ[編集]

第1シリーズ[編集]

「契約延長はしない、担当セクション以外の仕事はしない、休日出勤、残業もしない」という契約条件を承諾させ、人材派遣会社「ハケンライフ」から大前春子(おおまえ はるこ)は派遣社員として東京丸ノ内にある老舗食品商社「S&F(エスアンドエフ)」の営業部マーケティング課に派遣される。

愛想がなく正社員に媚びない春子の態度は周囲から反感を買うが、実は春子の正体はあらゆる資格を持ち、特Aランクの評価を受ける“スーパーハケン”であった。 春子はどんなに大変な仕事も勤務時間内に必ず仕上げ、会社に舞い込むピンチやトラブルを次々と解決していく。

第2シリーズ[編集]

かつての勢いを失い社員たちの覇気が下がり気味の大手食品商社「S&F」で、営業企画課の課長となった里中賢介はつぶやく。「今、彼女が来てくれたら…」。当時を知る部下の浅野務は「まさかあの人を呼ぶんですか」と驚愕する。

「私を雇って後悔はさせません。3ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」こうして、特Sランクにパワーアップした伝説のスーパーハケン大前春子がS&Fに呼び戻される。「とっくりが舞い戻ったって、本当か!」 とS&F旭川支社長補佐の東海林武は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

大前春子(おおまえ はるこ)〈33→34〉[5]→〈47〉[6][注釈 2]
演 - 篠原涼子
ハケンライフ 派遣社員
→ 「S&F」営業部 マーケティング課[注釈 3](時給3,000円[ep 1] → 3,500円[ep 2]
→ S&F運輸 名古屋営業所(直接契約)(第1シリーズ最終話)
→ 「S&F」営業事業部 営業企画課(第2シリーズ第1話)
第1シリーズ
本作の主人公。1973年2月14日生まれ[ep 3]人材派遣会社「ハケンライフ」の特Aランク[注釈 4]のスーパーハケン。
時給は超破格の3,000円[注釈 5]で、大型自動二輪車免許[ep 2]から核燃料取扱主任者[ep 4]など、一般的なものから超難関のものまで多数の資格を取得しており(詳細は#大前春子の所持資格(作中で確認できるもの)を参照)、所有する全ての資格証・認定証・免許証を青いファイルにファイリングして持ち歩いている[ep 3][注釈 6]。東海林に資格の数と種類を見られて「お前何歳だ?」と聞かれている[ep 4][注釈 7]。その一方、自動車修理の知識が無かったり[ep 5](つまり自動車整備士免許は未取得)、絵画が極めて苦手[ep 5]など、不得意分野も見られる。
資格ではないが速読術を会得している[ep 6]他、スカイダイビングをやってのける[ep 4]度胸、果ては地震予知らしき能力[ep 3]まで見せる等、人間離れした能力を持つ。選挙のウグイス嬢の経験もあり[ep 3]、3人の代議士が当選している。
口癖は「~ですが、それが何か?」。不得意分野を他人に見られてしまうなど何らかの失敗を冒したときは「私としたことが……」とつぶやく。仕事中は常に携帯電話の電源を切っており、留守番応答メッセージも、「大前春子です。出ません」の一言で済ませている。
3ヶ月働くと3ヶ月間旅に出るサイクルの生活をしており、派遣就業中は母親[注釈 8]の親友であった眉子が営んでいる「カンタンテ」の屋根裏に居候して、退勤後は「カンタンテ」の舞台で、フラメンコを踊っている。
非常に無愛想で笑顔を見せない謎めいた女性で、自分のことは絶対に他人には話さず、携帯電話の番号も教えないなど、殆ど他人と関わり合いを持とうとしない[注釈 9]。一匹狼的な気質が染み付いており、たとえ相手が上司であっても歯に衣着せぬ主張をし、東海林ら正社員の多くから反感を買う。ただし、正社員との勝負事に故意に負けて面目を保たせるといった、派遣先と余計な摩擦を起こさない配慮もできる[ep 7][ep 6]。また、他人の能力を客観的に分析し、長所を見つける眼力も併せ持つ。
以前はとても明るい性格であったが、正社員として勤めていた東京中央信託銀行が他行と合併した際にリストラされ、退職後、魚河岸でマグロの解体、せりなどの仕事を1年間していたがそこでも突然解雇された過去を持ち、これらの経験から会社というものを信用しなくなり、今まで一緒に仕事をしてきた仲間と別れる辛さを味わいたくないため、必要以上に他人と関わりを持たなくなってしまった。そのような経緯から、嘱託契約の更新を見送られそうになった小笠原の評価を桐島に聞かれた際は「マーケティング課のお荷物です」と答えたり[ep 8]、里中たちからサプライズで誕生日を祝われた際も素直に受け入れない[ep 3]など情に流されない態度をとっていたが、態度とは裏腹に小笠原が会社に残れるよう彼に手柄を上げさせる手助けをしたり、渡されたバースデーカードをひとりになった時に読み涙するなど実際は非情に徹し切れていない。美雪が桐島によって派遣契約を切られそうになった時には、自発的にそれを阻止したこともあった[注釈 10]。また、派遣社員になる以前に出会っている眉子やツネさんなど心を開いている相手には愛想良く接している。
フグ料理が「死ぬほど好き」[ep 2][注釈 11]で、他にもサバの味噌煮が好物であり[注釈 12]、行きつけの定食屋「ようじ屋」で毎日のように注文している[注釈 13]
「S&F」との契約満了から約9ヶ月後[注釈 14]、東海林が所長を務める「S&F」の子会社「S&F運輸 名古屋営業所」に「今度はあなたに、社長賞を取って頂きます」と自ら面談に赴き、3か月契約でトラック運転手兼一般事務の業務に就く[ep 4][注釈 15]
第2シリーズ
派遣社員としての評価を特Sランクにパワーアップさせて里中の要請で「S&F」の営業企画課に呼び戻される[ep 9]。以前と同様、表向きは情に流されない態度を取っているが、派遣社員の亜紀が人事部の墨田からセクハラ被害にあい、小夏の通報ともども人事部にセクハラ案件を隠蔽されようとしていることを知ると、亜紀と小夏を助け出し[注釈 16]、東海林がS&F本社に復帰早々、商品の成分データ改ざん騒動で謝罪会見を開くことになった際は助け舟を出す[注釈 17]など、やはり情に厚いところを見せている[ep 9]。派遣に対する差別意識が強い宇野は派遣の力が必要なのにも関わらず、ことあるごとに派遣を否定するような言動をとるので、彼の言動の矛盾をついて対抗している[注釈 18][注釈 19]。グルメブログ『社員食堂 全国カレー行脚』の人気ブロガー・プージャとして匿名で社食カレーの評価を行っており、「S&F」で牟田が作っていたカレーには三ツ星の評価を付けていた。バイトテロ騒動で客足が途絶えた一般客にも開放している社員食堂を盛り返すため、里中から牟田のカレーの味を再現するよう業務命令され、カレーマイスターの資格と牟田本人からの調理のアドバイスで再現に成功し、自身のグルメブログでの宣伝とも相まって、社食にカレーを求めて多くの客が足を運ぶようになる[ep 10]
「黒豆ビスコッティ」のデータ改竄騒動の際は、里中の指示で検査分析士の資格を生かしビスコッティの成分分析を行い、現物の成分と漆原教授が分析した成分データに食い違いがあることを突き止める。また、宇野の指示で処分されてしまった試食モニターの感想データを「今一番ハマっている趣味のパズルをしただけです」という口実で、里中、浅野と共に謝罪会見に間に合うよう徹夜で契約条件外の残業をして復元させる。東海林が謝罪会見を終えた頃には、徹夜による寝不足がたたり、疲労困憊で言葉が支離滅裂になったり、フラフラ歩いて壁に激突しそうになるなど不調をきたした。
AIがはじき出した東海林をはじめとするリストラ候補のリストラ回避のため、里中がS&F直営コンビニの開発プロジェクトに奮闘していることを理解しており、店舗開発の会議でアイディアを提案したり、火事騒ぎで朽ち果てたサンプル店舗を左官技能士の資格と、過去に派遣された左官職人の人脈を活かして徹夜で修復し、サンプル店舗の設営をコンビニ事業発表会に間に合わせることに成功している。
里中賢介(さとなか けんすけ)〈30〉[5]→〈43〉[6]
演 - 小泉孝太郎
「S&F」正社員
→ 営業部 マーケティング課・主任(年収:580万円)
→ 営業部 販売二課・主任(第1シリーズ最終話)
→ 営業事業部 営業企画課・課長(第2シリーズ第1話)(年収:970万円)
第1シリーズ
営業部に新設されたマーケティング課主任[注釈 20]の辞令を入社8年目にして受けるが[ep 1]、事実上の閑職であることを理解しつつ部署をまとめようと努力する。
派遣社員を軽視する他の正社員の姿勢に疑問を抱いており、春子ら派遣社員に正社員と同様にキチンと接して苗字で呼び、重要な仕事も差別せずに任せ、春子の誕生日をサプライズで祝った[ep 3]ことから「今までの派遣先で、こんなに温かい職場はなかった」「甘い所を除けば、あなたは本当に素晴らしい上司だ」と春子に言わしめるほどである。ただ、その正社員と派遣社員とを区別しない考えを頑なまでに曲げないところが[注釈 21]、組織を統制するうえで正社員と派遣の役割を明確に分けている桐島の考えと相容れず、管理職としての評価は必ずしも高くない[ep 6][注釈 22]
人に優しく女性社員からの人気が高く、そのために手柄を譲ったり[ep 5]、人に強く物を言うことができない面があったが、マグロ騒動[ep 11]で東海林が解雇になりそうになった時には、一度断られるも、声を荒らげながら春子に助けを求めたり、ハケンは使い捨ての踏み台であると東海林が暴言を吐いた時には、彼に殴りかかって乱闘になるなど[ep 5][注釈 23]信念を貫く際には熱くなることもある。逆に春子に強く言われると落ち込んですぐに悲しい目[注釈 24]になってしまう。
同期入社の東海林とは互いに認め合う親友関係で、美雪が考えた「ハケン弁当」の企画が原因で桐島からさじを投げられ、S&Fの子会社へ異動させされる危機に陥った時には、東海林の助けによりそれを免れている[ep 5][ep 12][注釈 25]
春子と行動を共にするうち恋心を抱くが、彼女が東海林に惹かれていることに気付き、自分と向き合わない春子に東海林への思いを気付かせ身を引いている[ep 4]
リユースする弁当箱[注釈 26]の使用で容器代をコストカットし弁当の価格を目標の500円に抑えることに成功し、安さとおかずのヘルシーさがうけフランチャイズ展開されるまでに「ハケン弁当」が大ヒットしたことから「社長賞」を受賞するが、「ハケン弁当」は美雪や春子ら派遣社員の協力があったから実現できたとスピーチし自ら賞を辞退したものの、最終的にはその功績が認められ、「S&F運輸名古屋営業所」に転勤(実際は降格+左遷)となった東海林の後任として販売二課の主任の辞令を受けている。
第2シリーズ
営業企画課の課長に昇進しており、業績が右肩下がりで社員たちの覇気が下がり気味の「S&F」を憂い、会社に刺激を与えるため春子を再び「S&F」に呼びよせる[ep 9]。社員食堂のメニューを正社員も派遣社員も同額になるよう会社に何度も交渉するなど、正社員と派遣社員を区別・差別しない態度は相変わらずの様子[ep 10]
AIがはじき出した人材スリム化リスト(正社員のリストラ候補)に東海林の名前が書かれていたことにショックを受け、社長の宮部にリストラを断行するのかを問いただすと、宮部もさすがにそれはまずいと考えており、里中がかつて提出したS&Fの直営コンビニストアの企画とAIのはじき出す顧客の分析データと組み合わせれば、勝算がある起死回生の一手が打てて、利益を出せればリストラを回避できると言われたことから、リストラ回避のために直営コンビニのプロジェクトを何としてでも成功させようと決意する。そんな里中の気持ちや自分がリストラ候補になっていることを知らない正社員たちは、AIに仕事を任せ、必死に働こうとせず、里中は焦りを感じるが、その様子を察した春子が働く子持ち女性が買い物しやすい店舗の開発を提案し、その提案をベースに亜紀や小夏などの意見も組み上げて、コンビニとスーパーの中間の存在の店舗を開発することを決定する。しかし、コンビニ開発の方向性が決まった矢先、東海林の不用意な行動からAIがはじき出したリストラ候補のリストと、直営コンビニが成功すれば里中を取締役に推薦するという小山田のメールが漏洩してしまい、最近の里中の頑張りは、自身の昇進のためであると誤解を受け、疑心暗鬼の目で見られてしまう。のちに里中からAIがはじき出したリストラ候補のリストラ回避のために頑張っていたことを直接打ち明けられた東海林が、営業事業部の正社員たちに真相を説明したことでわだかまりがとけ、東海林の号令の下、営業事業部総出で火事騒ぎで損失したサンプル店舗用の商品を補充してもらい、春子の左官職人の技術と人脈により、時間的に不可能と思われた直営コンビニの事業発表会にサンプル店舗の設営を間に合わせることに成功する。
春子の「状況を変えるには、あなた自身が変わることです」という言葉と、東海林の「勝ちに拘り自分勝手に生きろ」という言葉に触発され、奮起し、コンビニ事業の発表会の最後にS&Fの社員を引き連れてS&Fから独立しコンビニ事業の代表になることを宣言し[注釈 27]、更には春子にプロポーズをする。
浅野務(あさの つとむ)〈23〉[5]→〈35〉[6]
演 - 勝地涼
「S&F」正社員
→ 営業部 マーケティング課(年収:475万円)
→ 営業部 販売二課(第1シリーズ最終話)
→ 営業事業部 営業企画課・主任(第2シリーズ第1話)(年収:600万円)
第1シリーズ
「S&F」 営業部の入社1年目の新入社員。配属されたマーケティング課が閑職部署であることを雰囲気から察する[ep 1]が意に介さず、明るく職務に努めている。
派遣社員としてやってきた美雪に一目ぼれしており[ep 1]、彼女が度々起すミスを率先してフォローしている。
とても仲のよい姉[ep 3][注釈 28]がいて、昆虫マニアの一面を持つ。
マーケティング課に対し非常識な態度を振舞った後輩の那須田を一喝し、頭を下げさせ謝らせ社員としての成長の一端を見せる[ep 12]。後に里中と一緒に販売二課に異動となる[ep 4]
第2シリーズ
営業企画課の主任に昇進し、妻子持ちになっている。共働きで赤ちゃんがまだ生まれたばかりのため、赤ちゃんのお風呂当番の日は門限が19時で、嫁が怖いからと東海林のS&F本社復帰初日の酒席を直ぐに退席している。
老舗の人気そば店「京橋庵」とのコラボ商品の企画で、派遣社員の小夏の強いアピールに押し切られ、彼女の企画を数合わせという口実で秘密裏に社内採用するが、派遣社員の小夏が立案した企画ということがばれて[注釈 29]宇野に没にされる。後日、先方の磯川専務が小夏の企画に興味を示したことから急遽、春子がピンチヒッターでプレゼンすることとなるが、春子が派遣社員として会社の責任に関わる部分を決して断言しなかったため[注釈 18]浅野が補足してプレゼンをやり通し、最終的には小夏の企画が採用されている[ep 13]
近耕作(こん こうさく)〈30〉[5]→〈42〉[6]
演 - 上地雄輔(第1シリーズ 第2話 - )
ハケンライフ 派遣社員 → 某社 契約社員 → ハケンライフ 正社員
→ 「S&F」営業部 マーケティング課(年収:420万円)
→ 某社(第1シリーズ最終話)
→ ハケンライフ・マネージャー(第2シリーズ第1話)
第1シリーズ
春子の進言[ep 1]により桐島が新たにマーケティング課に呼んだパソコンができる派遣社員。パソコンスキルAランク[ep 7]で特にパワーポイントが得意。妻子持ち。アンチ派遣主義である東海林のことを嫌っているが、後に一度は取り上げた「ハケン弁当」の企画をマーケティング部に譲ったことに「いいところもあるんだ」と彼のことを見直している[ep 12]
S&Fとの契約満了後[注釈 30]は、近自身が理想としていた「同一労働・同一賃金」の制度導入で正社員と派遣の格差がない会社への契約が決まり働き始める[ep 4][注釈 31]
第2シリーズ
かつて自身が派遣社員として人材登録していた「ハケンライフ」から誘いを受けて正社員となり、一ツ木の後任として「S&F」の担当マネージャーに就任している。里中の要請でオフの間は海外に渡航して3か月連絡が取れなくなる春子を探し出し、S&Fへ春子を派遣している[注釈 32]
手取りの給料が余りにも少なかった小夏から同一労働・同一賃金ではないのかと質問を受けると、派遣先の賃金に合わせるのは「S&F」への負担が大きいため現在交渉中で、仕事の種類や経験から査定される平均的な賃金以上を支払う方法を採用していると、派遣会社の実情を説明している。
「黒豆ビスコッティ」のデータ改ざん騒動の際は宇野が余りにも露骨で酷い虚偽報告で派遣に責任を擦り付けようとしたので、強く抗議して謝罪させている。
東海林武(しょうじ たけし)〈32〉[5]→〈45〉[6]
演 - 大泉洋[7](第2シリーズは特別出演)
「S&F」正社員
→「S&F」 営業部 販売二課・主任(年収:625万円)
→ S&F運輸 名古屋営業所・所長(第1シリーズ最終話)
→「S&F」 旭川支社・支社長補佐(第2シリーズ第1話)(年収:940万円)[8]
→「S&F」営業事業部 営業一課・課長(第2シリーズ第4話)
第1シリーズ
人事部[ep 1]やモスクワ支社[ep 2]などでの勤務を経て、花形部署の販売二課の主任の辞令を受ける[ep 1]。人当たりがよく仕事もでき、上司や部下からの信頼も厚いが、正社員がリストラされ社内に派遣社員が増えている現状を嘆き[注釈 33]、派遣社員には偏見と差別意識を持ち[9]、雑用や使い走りばかりさせ[ep 1][注釈 34]、それが原因で契約期間の途中で契約解除を申し出た派遣もいるほどであった[注釈 35]
当初は派遣社員への偏見が強いことから春子とは犬猿の仲で、やたらと「人として……」、「社会人として……」と春子の人格に文句をつけたり、わざと本名で呼ばず、着ている服から春子を「とっくり」と呼び、自身の仕事に同行させて正社員の自分のほうが有能で立場が上であることをアピールしようとするが、逆に春子のスキルの高さに敵わず、主導権を握られてしまい何度も返り討ちに遭遇している。しかし、マグロ騒動[ep 11]以降は、徐々に春子の実力を認め始め、恋心を抱くようになりプロポーズまでするものの、春子が「S&F」で派遣として働いている間はその思いが報われることはなかった[注釈 36]
自身の「天然パーマ」の話題に触れると激昂し、春子に「くるくるパーマ」「ビッグバン」「被り物」と揶揄され、「ストレートパーマ」にも失敗したため、「ストレート」という語句も彼にとって禁句となっている[ep 5]
特技はホッチキス打ち[ep 7][注釈 37]とユーモア性の高い文章を書くこと[ep 3][ep 12][ep 4]。東海林が作ったS&F運輸名古屋営業所の求人票もユーモアが溢れており、春子を意識した文面であった[ep 4]
上司である桐島には絶対服従であるが、本人の聞こえない所(あるいは聞こえないと思っている所)では彼の噂話や文句を言っている。
「ハケン弁当」の社内プレゼンで桐島の指示に背いた[ep 5][注釈 25]ことから辞表を提出し1度会社を去る[ep 12]が、春子と里中に説得されて復帰[ep 4]。しかし問題沙汰[注釈 38]を起こしたことが原因で本社勤務に戻ることが出来なくなり、「S&F」の子会社「S&F運輸 名古屋営業所」所長に降格のうえ左遷された(籍は親会社「S&F」のまま)。そこではひとり正社員のため「ネクタイ」と周囲に揶揄され、疎外された上に「こいつの下では働けない」と部下にサボタージュまでされる惨憺たる有様であったが、本社からの異動から約10ヶ月後、契約社員として面談に来た春子と再会している[ep 4]
第2シリーズ
第1シリーズ最終話でS&F運輸名古屋営業所へ春子が応援に来たことで本社から認められる成果をあげ[注釈 39][注釈 40]子会社から「S&F」に復帰し、S&F旭川支社の支社長補佐に就任している。名古屋で勤務していた際、スナックのママと交際ゼロ日で一度結婚するも、直ぐに離婚している。過去に人事部に在籍していた経歴から新入社員研修の講師を頼まれ上京し、本社の里中を訪ねた際に春子と久しぶりの再会を果たすが、完全に無視されてしまう[ep 9]。S&F本社への栄転を虎視眈々と狙っていたところ、S&Fの最重要取引先である「テイスト・オブ・ライフ」との間に「黒豆ビスコッティ」の商談を成立させ、営業事業部 営業一課・課長としてS&F本社に念願かなって返り咲く[ep 14]。しかし、旭川支社の部下に任せていた「黒豆ビスコッティ」の成分データに改竄があったため[注釈 41]、宣伝していたダイエット効果が実際はなく、謝罪会見を開くこととなり、窮地に追い込まれる。会社側は都合の悪い質問には「調査中」で切り抜けようとしたが、東海林はどんな処分も受ける覚悟で正直にデータに嘘があることを謝罪したうえ、「黒豆ビスコッティ」自体はよい商品であることを釈明し、春子が段取りした旭川からの試食モニターの女性たちのリモート会見でも同じく商品自体はよいものであるというコメントを流したため、記者たちから炎上商法と非難されるものの、世間から注目を浴びたことでS&Fに「黒豆ビスコッティ」の注文が殺到し、社長の宮部から「結果オーライ」ということで処分を不問とされる。東海林が宮部社長によりS&F本社に呼び戻された本当の理由は、13年間本社を離れており、関連業者とのしがらみがないために、AIが判断した採算性の悪い下請け業者をコストカットのために契約を切る役目を負わされたためであったが、13年の間に春子との出会いもありアンチ派遣の考えが変わり、派遣社員も同じ釜の飯を食べる仲間という意識が芽生えており、派遣社員が切られるくらいなら、下請け業者を切るほうがましだと、隅田フーズとの契約終了を実行する。
仲のよさから里中が不在の時に勝手に彼のパソコンを操作したことで、自分や営業企画部の正社員たち数名がAIによってリストラ候補にピックアップされているデータや直営コンビニを成功させれば里中を取締役に推薦するという小山田のメールを目撃してしまい愕然とするが、後に里中本人からリストラを回避しようと直営コンビニのプロジェクトが失敗すれば自身も会社を去る覚悟で奮闘していると説明を受け、俺たちのことなど考えず、もっと自分の成功だけを考えろと促し、里中に対するわだかまりが消える。里中の覚悟を知ってからは、直営コンビニのサンプル店舗で発生した火災騒ぎで会社に戻ってきた応援に駆り出されていたリストラ候補の正社員たちが「自分の出世だけ考えていた里中の仕事が失敗しそうになっていい気味だ」と悪態をついたことから、里中はみんなのリストラ回避のために頑張っていたことを明かして涙目で注意し、里中のために社員総出で火災騒ぎで商品が損失したサンプル店舗に商品を補充するように号令を出す。
S&F本社に復帰後は、早速、春子とのバトルが勃発し、「天然パーマ」のことを春子に「枯れたマリモ」と挑発され[ep 14]、その後も「腐れマリモ」、「綿」などと弄られている[ep 15]
一ツ木慎也(ひとつぎ しんや)〈30〉
演 - 安田顕
ハケンライフ 正社員
マネージャー[注釈 42](年収:402万円)
第1シリーズ
顧客である派遣先の社員だけでなく、自社に登録している派遣社員に対しても物腰が低く、新米の美雪やヒューマンスキル・ゼロの春子が契約任期を満了できるよう、派遣先と密にコミュニケーションをとるなどフォローを惜しまず奔走している。美雪が桐島により派遣契約を中途解除されそうになった時は派遣先のS&Fの理不尽さに失望し、親身になって美雪のフォローを約束している[ep 6]。「S&F」のマーケティング課で美雪が発案した「ハケン弁当」の1000人アンケートに「ハケンライフ」に登録している派遣社員の研修会の場を利用して協力したり[ep 5]、「ハケン弁当」の販売会の宣伝も行うなどマーケティング課の業務の手助けもしている。
派遣社員のプロフィールが記載された登録者名簿を鞄に入れ持ち歩いており、東海林から春子の携帯電話の番号を教えて欲しいと頼まれた際は「個人情報の保護」を理由に断っているが[注釈 43]、美雪には春子の携帯電話の電話番号を教えている。
第2シリーズ
現在は部長に昇進しており、ハケンライフの正社員となった近が彼の後任としてS&Fを担当することとなった[注釈 44]

第1シリーズのみ[編集]

森美雪(もり みゆき)〈23〉[5]
演 - 加藤あい
アルバイト → ハケンライフ 派遣社員
→ アルバイト(年収:81万円)
→ 「S&F」営業部 マーケティング課(時給1,200円、月給10万3千2百円[ep 2]
新米の派遣社員。1983年6月21日生まれ[ep 4]。23社の新卒入社試験に全て失敗した後、アルバイト生活を経て、ハケンライフに人材登録する。当初、職歴がない上に、WordExcelなどのパソコンスキルもなかったため派遣先がなかなか見つからなかったが、「S&F」営業部マーケティング課で春子と同じ契約期間で一緒に派遣される[注釈 45]
不器用で思い込みの激しい性格からか、空回りが多く失敗が絶えないが、春子に出会ったことで彼女のような派遣社員になることを目指す。ビジネススキルは低いが、絵画だけは春子とは対照的に得意である[ep 5]
社内コンペに提出した「ハケン弁当」の企画が一次選考を通過したが、里中が発案者である美雪の名前で企画を提出したために企画が落選した正社員たちから反感を買い、派遣と正社員の役割を明確に区別する桐島の逆鱗にも触れ、彼の意向で派遣契約を中途解除されそうになるが春子の影の尽力で撤回されている[注釈 10]
地震のときに守ってもらったことがきっかけで、里中に恋をする[ep 3]
本来は3月で契約終了だったが、里中の尽力で3か月の契約更新が決まるも、いずれは自分が会社を去らなければならない派遣の世界に限界を感じたため、契約更新を断る。その後、しばらくのアルバイト生活を挟み「S&F」の紹介予定派遣[注釈 46]の試験に合格し、正社員を目指して「S&F」で働くことになった[ep 4]
小笠原繁(おがさわら しげる)〈62〉[5]
演 - 小松政夫
「S&F」嘱託社員
→ 営業部 マーケティング課(年収:480万円)
かつてはバリバリの営業マンだったが、パソコンの導入による業務の電子化に付いて行けず、現在は自身宛の電子メールすら満足に確認できず[注釈 47]、情報収集にデパートに行っても迷子になるなど、ほとんど仕事らしい仕事をしていない。それでも会社を愛する心は誰よりも強く、嘱託とはいえ定年後も会社に残っていられたのは同期の桐島の温情によるところが大きかったが、年齢を理由についに人事部が嘱託契約打ち切りを決定してしまう。しかし、春子のやや強引とも言える手引きで国税局の査察の際、粉飾決算でないことを証明する8年前の手書き伝票を見つけだし、その功績により何とか契約延長につながっている[ep 8]。一度は契約打ち切りを通告されショックを受けたこともあり[注釈 48]「老兵は去るべき」と次の更新をしないつもりでいたが、「カッコよく会社を去るのは、ハケンの専売特許。社員なら社員らしく会社にしがみついて下さい。」と独特の表現で春子に促されたことで会社に残ることを決める。この一連の出来事で、それまで必ずしも快く感じていなかった春子に対する見方を変えている。後に里中、浅野が営業部販売二課に異動となったため、小笠原が唯一マーケティング課新設時からの社員となり、美雪が紹介予定派遣で戻ってきたときにはパソコンをある程度操作し、それなりに仕事も出来るようになっている。陽気で温厚な性格だが人の好き嫌いははっきりしており、嫌いな人間に対しては厳しい。春子同様「ようじ屋」の常連で、玄米よりも白いご飯を好む[注釈 49]
黒岩匡子(くろいわ きょうこ)〈30〉
演 - 板谷由夏
「S&F」正社員
→ 営業部 販売二課(年収:520万円)
→ 営業部 マーケティング課・主任(第1シリーズ最終話)
東海林や里中とは同期入社で、仕事のできるキャリアウーマン。東海林と同じく派遣差別者であり、スキルの低い美雪に仕事をふって仕上がりの遅さや出来の悪さにクレームをつける[ep 1]など強気な態度で接しているが、陰では女性ながらに強がって肩肘を張り正社員として仕事をすることに疲弊しており、同じ様に仕事で疲弊している同性の美雪に同情し、二人きりの時には彼女を励ます言葉をかけることがあるものの[ep 6]、周囲にその様なそぶりは見せないようにしている。当初は春子を派遣であることから敵視していたが、最終的には仕事に対して妥協を許さない点が似ていたことから春子と意気投合している[ep 4]。そのためか普段は笑わない春子が彼女に対しては笑顔を見せる一幕もあった。
同期の東海林に対し恋心を抱いていると感じさせる場面[ep 3][ep 5][ep 12]が間々あるが、当の東海林は気付いていない。
里中が販売二課に異動となったため、営業部マーケティング課主任に昇進[ep 4]。コネ入社の新入社員・那須田が悩みの種になっている。
桐島敏郎(きりしま としろう)〈59〉[5]
演 - 松方弘樹
「S&F」正社員
営業部 部長(年収:1600万円)
東海林や里中が入社した時に「会社は家族」との趣旨の発言をしたり、同期の小笠原のことを何かと気にかけるなど周囲に気配りを持って接することから、社員たちから慕われている。妻は元派遣社員。かつて総務部に派遣された春子の仕事ぶりを目の当たりにし、彼女をマーケティング課に呼び寄せた張本人。正社員の代わりに派遣社員を登用するのは、人件費削減のため企業として当然と考えており、春子に絶大な信頼を寄せるなど派遣社員の能力を認めるだけの度量を持ち合わせている[10]。重要なプロジェクトには必ず春子をサポートに付け、言葉の端々にも部下の正社員たちより信頼していることが窺え、美雪の面談でも、「大前さんが契約してくれるなら」と春子のスキルの高さから美雪がスキル不足でも十分カバーされると見越して受け入れを承認している。しかし、会社組織を維持するために派遣と正社員の役割を明確に区別する確固たる信念も併せ持っており、社員と派遣の区別を付けられない里中に対して、「あいつは会社が分かっていない」と一度は切り捨てる冷徹な面を見せた。また「ハケン弁当」の一件で騒動を起こした東海林に対しても「飼い犬に手を噛まれた」と表現するなど、年相応に保守的な面も覗かせる[ep 12]。趣味は剣道で、休日は道場で子供たちを指導している[ep 6]。百人一首も得意である[ep 6]
天谷眉子(あまや まゆこ)〈58〉[5]
演 - 白川由美
タブラオ[注釈 50]「カンタンテ」のママ。亡くなった春子の母親[注釈 8]の親友。
春子の母親代わりを自称しており[ep 7]、春子が心を許す数少ない存在。悩む美雪の姿を若かりし頃の春子に似ていると言い、見守るような表情で接している。「S&F」会長の宮部とは旧知の仲で、「カンタンテ」の常連客である桐島とも顔なじみ。東海林のことを「くるくるパーマの彼」とお気に入りの様子。
天谷リュート(あまや リュート)〈20〉[5]
演 - 城田優
フラメンコギタリスト兼ダンサー。眉子の一人息子。
父親はスペイン人でラテン気質。春子の数少なき理解者のひとり。

第2シリーズのみ[編集]

福岡亜紀(ふくおか あき)〈29〉[6]
演 - 吉谷彩子
ハケンライフ 派遣社員
→ 「S&F」 営業事業部 営業企画課(年収:277万円)
中堅派遣社員。過去の辛い体験がトラウマとなり、派遣契約が切られることを恐れ正社員の顔色を伺う毎日で、人事部主任の墨田からセクハラ被害を受けても周囲にそのことを打ち明けられないでいた。しかし、偶然セクハラ行為の一部始終をみていた小夏が人事部に通報、相談した為、身内の不祥事を隠蔽しようとする人事部に会社の研修施設に監禁され、墨田の虚偽の報告で逆に亜紀が墨田を派遣契約延長のために誘惑していたのではないのかと嫌疑をかけられるパワハラを受ける。人事部に丸め込まれ派遣契約を解除されそうになるが、春子の活躍で墨田の発言が虚偽で、人事部が不祥事をもみ消そうとしていた状況が明らかとなり、セクハラ被害から解放される[ep 9]
千葉小夏(ちば こなつ)〈22〉[6]
演 - 山本舞香
ハケンライフ 派遣社員(年収:258万円)
→ 「S&F」 営業事業部 営業企画課(時給1,400円、月給21万5千円[ep 9][注釈 51]
新卒の派遣社員。大手企業20社の新卒採用に全て失敗した後ハケンライフに人材登録し、不採用となったうちの1社であったS&Fに派遣される。気が強い性格で、携帯電話を切り忘れる癖がある。
派遣社員の先輩である亜紀が人事部主任の墨田からセクハラを受けている場面を目撃し人事部に通報、相談するが、身内の不祥事を隠蔽しようとする人事部に会社の研修施設に監禁されてしまう。しかし、里中に助けを求めた携帯電話を切り忘れていたことで春子たちに状況が伝わり、春子の監禁現場への突入で救出される[ep 9]。老舗の人気そば店「京橋庵」とのコラボ商品の企画を、亜紀から「それは派遣の仕事ではないから」とやんわり忠告されたものの、張り切って企画を立案し、浅野に猛プッシュして数合わせという口実で社内採用してもらう。だが、部長の宇野に商品企画は派遣社員の仕事ではないと企画を没にされてしまい[注釈 29]、「派遣社員は仕事にやりがいを持ってはいけないのか」とショックを受ける。しかし先方が小夏の企画を気に入り、春子と浅野の尽力もあり最終的にその企画がコラボ商品として採用されている[ep 13]
井手裕太郎(いで ゆうたろう)〈23〉[6]
演 - 杉野遥亮
「S&F」正社員
→ 営業事業部 営業企画課(年収:340万円)
新人社員。母親の強力なコネでS&Fに入社している[注釈 52]。社長の宮部や部長の宇野が発言中でも話に耳を傾けず食事を続けたり[ep 13][ep 14]、正社員になれなかった小夏を目の前にして、コネで入社しただけなので仕事に対してやる気がないなどと平然と発言するなど、周りの空気を読まない(読めない)行動が目立ち、家庭ごみを会社に何度も持ち込み廃棄するなど、社会人としてのモラルに欠ける非常識な行動も目立つ[ep 14]。また、不用意な行動から度々騒動を引き起こすトラブルメーカーの一面も持つ[注釈 53][注釈 54]
会社に縛られたくないので退職したいと愚痴をこぼすなど、会社組織に馴染む気持ちがなかったが、自身が任されていた配布禁止の食品サンプルの回収作業を怠ったため、何も知らない派遣社員の亜紀と小夏が宇野から叱責される原因を作った際は、自分のせいだと二人を擁護して宇野に謝罪し、少しではあるが会社員としての自覚を見せ始める[ep 14]
小夏とはS&Fの新卒採用試験の際、同じグループで面接を受けており面識がある[ep 9]
亜紀に対し恋心を抱いているようで、彼女に対してだけは節々で気遣いのある接し方をしている。
三田貴士(みた たかし)〈22〉[6]
演 - 中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)
「S&F」正社員
→ 営業事業部 営業企画課(年収:340万円)
新人社員。起業家セミナーに通うなど意識高い系であるが、会社の新人研修では退屈そうな態度をとっている。趣味はSNSと株式投資。
宇野一平(うの いっぺい)〈44〉[6]
演 - 塚地武雅
「S&F」正社員
→ 営業事業部 ・部長(年収:1110万円)
里中や浅野の直属の上司。とにかく調子が良い男で、上には優しいが下には厳しい。懐疑的なところがあり、かつて春子がS&Fで残した伝説的な働きぶりを疑っている[ep 9]。学生時代は応援団に所属しており、応援で培われた大声が自慢[注釈 55]
派遣社員と正社員の役割を明確に意識しており、派遣社員が派遣先を「弊社」と称したり、会社の責任を受け持つ発言をすることを否定する考えを持つことから、小夏が商品企画をしたものの、派遣の仕事の領分ではないと企画を没にしたり[ep 13]、商品管理で落ち度があったことや「黒豆ビスコッティ」の成分データ改ざん騒動では責任を派遣に擦り付けようとするなど[注釈 56][注釈 57]、派遣に対して不条理で厳しい言動が目立つ。データ改竄騒動の際は余りにも露骨で酷い虚偽報告で派遣に責任を擦り付けようとしたので、ハケンライフの近から強めの抗議を受け、謝罪している。
飲みニケーションと称して連日、断れない新人の井手と三田を飲み連れて自身の営業武勇伝を語るため、うんざりされているが本人は気づいていない[ep 14]
自分は関係ないと思っていたAIがはじき出したリストラ候補に自分が含まれていたことを後になって教えられ、ショックを受けている。
宮部蓮三(みやべ れんぞう)〈72〉[6]
演 - 伊東四朗
「S&F」社長
10年前に一度社長を退任しており、今回再び社長の座に返り咲いている。若い頃はモーレツ社員として働いており、S&F創業者・宮部会長の娘婿(婿養子)となったことも影響してS&Fで出世街道を突き進んだ。一見人当たりが良いが、それは正社員に対してだけであり[ep 13]、実はハケン差別主義者の「社員ファースト」派で春子のことを評価していない。派遣に仕事を任せすぎるあまり、正社員の能力が落ちていると考えており、S&Fに春子の様な能力の高い派遣社員は不要であるとすら考えている。社長に復帰する前に清掃員に変装して密かに社内の様子を調査していた[ep 9]。派遣社員の亜紀が人事部の墨田からセクハラ被害を受けていた案件の匿名調査を人事部が隠蔽しようとしていた件を里中から報告書で報告されるが、不問にしている[ep 9]。社員食堂を一般の人にも開放することを契機に、メニューの価格改定をおこない、正社員は福利厚生で価格据え置きだが、派遣は一般の人と同じ部外者ということで価格アップを断行する[注釈 58]。カレー通でカレーの味にうるさく、牟田が抜けた後に味が変わってしまった社員食堂のカレーを一口食べただけで不味いと激怒する[注釈 59]
東海林を旭川支社からS&F本社に呼び戻しているが、その理由は東海林は13年間本社を離れており、関連業者とのしがらみがないために、AIが判断した採算性の悪い下請け業者をコストカットのため彼に契約を切る役目を負わすためであった。
AIがはじき出した人材スリム化リスト(リストラ候補)を流石にまずいと考え、一晩熟考して里中がかつて提出したS&Fの直営コンビニ運営の企画をAIのはじき出す顧客の分析データと組み合わせれば勝算がある起死回生の一手が打て、利益が出ればリストラを回避できると考え、里中に直営コンビニ店のプロジェクトの成功を厳命する。

その他の人物[編集]

次郎
演 - 平野靖幸(第1シリーズ 第1話・第2話・第4話・第5話・第7話・第9話、第2シリーズ 第1話・第3話・第5話・第6話)
第1シリーズ
春子たちの通う定食屋「ようじ屋」の店主。税込みワンコイン(500円)でサバの味噌煮定食を提供している[注釈 60]。マーケティング課が社内コンペに提出するハケン弁当の企画の取材に協力する[ep 6]。マーケティング課の近とは、保育園のパパ友達である。
第2シリーズ
定食屋「ようじ屋」を切り盛りし、税別ワンコイン(500円+税)に価格を改定しているが、定食だけでなく税別ワンコイン弁当の販売も始めており、お昼時には行列ができるほど繁盛している[ep 9]

第1シリーズのその他の人物[編集]

まち子
演 - まちゃまちゃ(第7話)
次郎の嫁。
島田香〈24〉
演 - 入山法子
スタッフリソース 派遣社員
→ 「S&F」営業部 販売二課(年収:269万円)
→ 「S&F」営業部 マーケティング課(第1シリーズ最終話)
美雪が派遣される以前から販売二課で勤務していた派遣社員。瞳と共に与えられた仕事はソツなくこなすが、必要以上に会社に尽くすことはない。
ムコ探しと称し「S&F」の男性社員たちと積極的に合コンを開くが、本命は里中[ep 3][注釈 61]で、部署が同じで彼と仲良く接する美雪に嫉妬することもあった[ep 11]。契約満了で会社を去った春子と美雪の代わりに2007年4月からはマーケティング課での業務で契約更新することになった[ep 4]
竹井瞳〈23〉
演 - 清水由紀
派遣社員
→ 「S&F」営業部 販売二課(年収:253万円)
→ 「S&F」営業部 マーケティング課(第1シリーズ最終話)
美雪が派遣される以前から販売二課で勤務していた派遣社員。同じ部署の香と一緒にいることが多い。
初めて「S&F」に派遣された美雪に東海林はアンチ派遣なので注意するように助言していたが[ep 1]、美雪が正社員に媚びて取り入るような態度をとった際には香とともに彼女にプライドがないのかと非難している[ep 7]。香と同じく2007年4月からは美雪と春子が抜けたマーケティング課での業務で契約更新することになった[ep 4]

第2シリーズのその他の人物[編集]

S&F営業事業部

近藤龍弘
演 - ラブ守永[11]
「S&F」営業事業部・副部長。営業1課・課長の前任で、東海林が彼の役職に栄転した際の人事異動で、現職に昇進している。

S&F営業事業部 営業1課

永倉徹
演 - 朝妻徹[11][12]
「S&F」営業事業部 営業1課の正社員。男性社員同士の飲み会で、同僚たちに老後の資金のために投資やネットビジネスの副業を勧める
藤堂啓郎
演 - 富樫啓郎(キサラギ)[11]
斎藤亮
演 - 馬上亮[11]
芹沢星也
演 - せーや(第2PK)[11]
「S&F」営業事業部 営業1課の正社員(年収:980万円)。AIにリストラ候補としてピックアップされたことを知り、S&F直営コンビニのサンプル店舗の設営に他のリストラ候補たちと駆り出されるが就労意欲を失っており、営業企画課の角田とともに、作業指示を出す里中に反発している。
山南壌志
演 - 橋田壌志(はしこばし)[11]
「S&F」営業事業部 営業1課の正社員(年収:980万円)。AIにリストラ候補としてピックアップされたことを知り、S&F直営コンビニのサンプル店舗の設営に他のリストラ候補たちと駆り出されるが就労意欲を失っており、営業企画課の角田とともに、作業指示を出す里中に反発している。
沖田杏奈
演 - ついひじ杏奈[11]
「S&F」営業事業部 営業1課の派遣社員。総務局へ「社内のスリム化運動」と称するオフィス内の無駄の洗い出しのため、AIへの入力作業に駆り出された。

S&F営業事業部 営業2課

権藤貴博
演 - 外川貴博[11]
「S&F」営業事業部 営業2課の課長。
古葉太郎
演 - シロたしろ[11]
「S&F」営業事業部 営業2課の正社員(年収:970万円)。AIにリストラ候補としてピックアップされたことを知り、S&F直営コンビニのサンプル店舗の設営に他のリストラ候補たちと駆り出されるが就労意欲を失っており、営業企画課の角田とともに、作業指示を出す里中に反発している。
柳木明弘
演 - 早出明弘[11]
達川涼太
演 - 井本涼太[11]
緒方絋之
演 - ひろ(マンマーレ)[11]
古田優人
演 - 信太優人(ノブナガ[11]
広岡敦美
演 - 山本敦美[11]
「S&F」営業事業部 営業2課の正社員。
真中ようこ
演 - 橋爪ヨウコこじらせハスキー[11]
「S&F」営業事業部 営業2課の派遣社員。総務局へ「社内のスリム化運動」と称するオフィス内の無駄の洗い出しのため、AIへの入力作業に駆り出された。
栗山智子
演 - きったん根菜キャバレー[11]
「S&F」営業事業部 営業2課の派遣社員。総務局へ「社内のスリム化運動」と称するオフィス内の無駄の洗い出しのため、AIへの入力作業に駆り出された。

S&F営業事業部 営業企画課

角田陽大
演 - 古野陽大[11]
「S&F」営業事業部 営業企画課の正社員(年収:590万円)。AIにリストラ候補としてピックアップされたことを知り、S&F直営コンビニのサンプル店舗の設営に他のリストラ候補たちと駆り出されるが就労意欲を無くしており、作業指示を出す里中に反発する。
長嶋雅史
演 - 松口(マンマーレ)[11]
「S&F」営業事業部 営業企画課の正社員(年収:590万円)。AIにリストラ候補としてピックアップされたことを知り就労意欲を失っており、角田と同じくS&F直営コンビニのサンプル店舗設営で作業指示を出す里中に反発している。

ゲスト(第1シリーズ)[編集]

第1話
伊藤
演 - すほうれいこ
ハケンライフの派遣社員。「S&F」で働いていたが、同社の派遣社員に対する扱いが酷かったため、残り2か月間の任期を全うすることなく一ツ木に電話で辞めたいと申し出る。彼女の代わりに美雪が「S&F」に派遣社されることとなる。
第2話
緑川
演 - 渡辺いっけい(第3話)
ロビンソン百貨店店長。かつて派遣社員として共に働いていた春子のアドバイスによりデパ地下の売上が30%も向上し、自身も売り場主任から店長へと昇進した為、今も春子に絶対的な信頼を寄せている。その信頼ぶりは春子のことをジャンヌ・ダルクと称えるほど。マグロの解体ショー[ep 11]でも当初は春子が関与していると思い込んでおり、関与していないと判った途端、東海林に「大丈夫?」と詰め寄る場面もあった[ep 11]
第3話
本部長
演 - 須永慶
デパート「ロビンソン百貨店」本社の本部長。マグロ解体ショーを視察に訪れた。
ツネさん
演 - 小野武彦(最終話)
「マグロ解体の神様」と呼ばれる有名なマグロ解体師で、東海林の懇願で「S&F」が企画したマグロ解体ショーを忙しいスケジュールの合間を縫って引き受ける。しかし、ショー前日に東海林の不用意な発言が元で魚市場の場内で事故に遭い負傷し、解体ショーへの出演が不可能になる。その後予定していた仕事にまで穴を空けたことで引退を考えたが、過去に魚市場で彼の下で1年間仕事をして気心の知れた春子と話すことで、マグロ解体師の現役続行を決意する。
春子が派遣社員になる前の過去を知る人物で、彼女が雇い主から突然解雇されたことを里中たちに明かしている。
第4話
今林里美
演 - 氏家恵
「S&F」営業部の正社員・高橋と結婚した派遣社員。
里美の母
演 - 和泉今日子
美雪の母
演 - 大島蓉子
上京した美雪のことを心配して、在住する群馬県から電話をかける。
第6話
村瀬早苗
演 - 工藤里紗
ハケンライフの派遣社員。「S&F」が主催するバレンタインデーのイベントのため、春子の進言で急遽登用されたメンバーのひとり。里中に一目惚れしてイベント会場で告白するが断られてしまい、その傷心で担当することになっていたウグイス嬢の仕事を放棄してしまう。
中村よしみ
演 - 竹内晶子
ハケンライフの派遣社員。「S&F」が主催するバレンタインデーのイベントのため、春子の進言で急遽登用されたメンバーのひとり。春子と以前一緒に仕事をしたことがあるらしく「かなり人使いが荒い」と文句が多かったが、東海林と口論となった春子が派遣社員の立場を代弁して反論していた会話を聞き[注釈 62]、自虐的に考えていた派遣の仕事をもう一度まじめにやり直そうと考えを改めている。
橋立くに子
演 - もたいまさこ
チョコレート店「シルスマリオ」の社長。初日のイベントが成功し、東海林の懇願でチョコレートの追加生産を渋々了承する。しかし、翌日に東海林と春子の不注意が原因でチョコレートが大量に売れ残ったことに激怒し、「S&F」との新製品の商談を白紙に戻すと息巻くが、春子が娘の危機を救ったことから再び契約を交わしている。
橋立あゆみ
演 - 遠山景織子
くに子の娘。出産のため実家へ里帰りしており、身重の体でありながら母の店を手伝っていた。東海林と春子が謝罪へ行った晩に破水するが、春子が助産師として手助けし、無事女の子を出産する。
第7話
宮部
演 - 大滝秀治(最終話)
S&F会長。S&Fの創業者[ep 9]。天谷眉子とは旧知の間柄で、眉子からハケン弁当の話を聞く。「社長賞」授賞式の日には、スピーチを終えた里中にハケン弁当を食べながら、そのことについて色々と問う。尋ねられた里中は黒岩から教えられるまでこの老人が会長だと知らなかった。
第8話
麗子
演 - 松田一沙
太陽銀行頭取の令嬢。ゴルフコンペで初めて会ったときに話をした東海林のギャグを気に入り、見合いをしたいと父親代わりの桐島へ電話で持ちかけた。
第9話
那須田透
演 - 斉藤祥太(最終話)
「S&F」にコネで来期入社する予定の浅野の後輩。大学の卒業も危うい上に社会モラルが身についておらず、仕事先に飼い犬を連れてきたり、先輩である浅野に馴れ馴れしい言葉遣いで話すなど非常識な振る舞いが目立つ。入社後マーケティング課に配属されるが、その余りの非常識さは全く直っておらず、主任である黒岩の悩みの種となっている[ep 4]
加藤のぞみ
演 - 石田ひかり
春子が東京中央信託銀行の正社員時代に同期入行した元同僚。春子と同じく他行との合併の際に信託銀行からリストラされている。その後は結婚し子宝に恵まれ、子育てが一段落したことをきっかけに3月から派遣として働くことになり、S&Fを訪れた際に春子と10年来の再会を果たすが、素っ気ない春子の変貌ぶりに驚く。
最終話
土屋
演 - 金子賢
S&F運輸 名古屋営業所で働くトラック運転手。他のトラック運転手たちのリーダー的存在で所長としてやってきた東海林のことを最も嫌っており、「こいつの下では働けない」と福岡に出発する運送の仕事を直前にボイコットする。

ゲスト(第2シリーズ)[編集]

第1話
墨田篤
演 - 松尾諭
S&F人事部主任。契約更新をちらつかせ派遣社員の亜紀を飲食に誘いセクハラ行為を行う。セクハラの現場を目撃した小夏に人事部に通報、相談されると、亜紀のほうが契約更新を頼むために色仕掛けで誘惑してきたと人事部に虚偽の報告をしたうえ、ショックで寝込んでいると嘘をついていたが、春子が突入した人事部が小夏や亜紀を尋問していた会議室の隣室に隠れていたところを発見され、人事部が全員グルになって亜紀のセクハラ案件を隠蔽しようとしていたことが判明する。
白木博光
演 - 飯田基祐
S&F人事部・部長。人事部の墨田が亜紀にセクハラをしているという匿名の通報で、本来は当事者に不利益にならない調査をしなければならないところ、通報した小夏やセクハラ被害者である亜紀を会社の研修施設に直接呼出し、墨田の虚偽の報告に基づく不当な尋問で彼女たちを追いこみ、身内の恥を握りつぶそうとした。
田中元子
演 - 横内亜弓
S&F人事部の女性社員。部長の白木と共謀して墨田が亜紀にセクハラをしているという小夏の通報や亜紀のセクハラ被害案件を同性ながら握りつぶそうとした。
第2話
磯川専務
演 - 小堺一機[13][注釈 63][14]
老舗の人気そば店「京橋庵」の専務。S&Fとのコラボ商品で、部長の宇野が派遣社員の企画ということで没にした小夏の企画(つゆのフレーバーが選べるそば)を気に入り、プレゼンすることを希望する。専務でありながら市場リサーチのため店舗で給仕の仕事をすることがあり、専務と知らない宇野が試食に店に行った際、彼に対して横柄な態度を取っている。過去に春子が京橋庵に派遣された時、春子の活躍に負けないよう対抗意識をもって仕事に精進し店を支えてきた自負があり、春子もそのことで以前より店がよくなっていると称賛している。
京橋会長
演 - 若林豪[15]
老舗の人気そば店「京橋庵」の会長。過去に春子が京橋庵に派遣された時、大雪の大みそかに見事な出前裁きを披露したことから彼女の実力を認めている。春子のことを親しみを込めて「春坊」と呼んでいる。
第3話
牟田吉男
演 - 六角精児[16]
S&F本社の社員食堂のアルバイトのコック。コストカットのために解雇されてしまう。井手が勝手にネットに投稿した社員食堂で撮影した動画の背景にアイスクリーム用の冷凍庫に牟田が頭から体を乗り入れている様子が映りこんでおり、それに気づいた視聴者からバイトテロという非難が瞬く間にネット上に拡散され炎上し、取引先がS&Fのカレー関係の商材を引き上げようとする騒動に発展する[注釈 64]。S&Fで勤務時は薄給ながらも自身が作る絶品カレーに社員が喜んでくれる様子を見ることにやりがいを感じており、20年以上給金に見合わない献身的な働きを行っていた[注釈 65][注釈 66]。春子と面識があり[注釈 67]、春子が牟田のカレーの味の再現に挑んだ際は、調理方法をアドバイスしている。S&Fを去った後は、カレーのテイクアウトの屋台を起業し、派遣社員には割引価格で販売している。[注釈 68]
米田
演 - 肥後克広
S&F本社の社員食堂で調理を請け負う「ネイチャーフードサービス」の社員。コストカットの上、バイトテロ騒動で炎上して客離れから赤字になってしまい、調理請負からの撤退を口にするが、春子が牟田のカレーの味を再現したことで客足が戻り、調理請負を継続する。
小山田和正
演 - 山田良明[17](第5話、第6話、第7話)
S&F本社の総務担当部長。宮部社長の側近。東海林の黒豆ビスコッティの成分データ改ざんの謝罪会見に同席している。コストカットと称する採算性の悪い下請け業者との契約解除の処理を13年間S&F本社から離れていて業者としがらみがないだろうと東海林に催促する。S&F直営のコンビニストアのプロジェクトを成功させれば、取締役のポストを準備すると責任者の里中にメールして、奮起を促す。
第4話
井手美香
演 - キムラ緑子
S&Fの最重要取引先、食料品ネット販売の最大手「テイスト・オブ・ライフ」の創業者。女社長で裕太郎は彼女の三男。商談でS&Fに来場したとき、裕太郎の働いている様子を見学に営業事業部まで出向いている。
第5話
麦田一恵
演 - 馬場園梓アジアン
食品ライターでブロガー。東海林が販売促進しようとしている「黒豆ビスコッティ」について独自に調査し、東海林が提示した黒豆ビスコッティの成分分析データのシアニジンの含有量が実際の含有量より約10倍も多いとしてデータ改竄の疑いと、ダイエット効果どころか寧ろ太ると月刊誌「おやつ倶楽部」やブログで指摘した。
北乃友造
演 - 阿南健治
北乃望
演 - 花岡すみれ
旭川で「黒豆ビスコッティ」を生産しているお菓子工場、「北乃菓子工房」の社長とその娘。東海林が「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようとしていた矢先、成分データの改竄騒動が起こり、旭川からS&F本社まで「黒豆ビスコッティ」を高く評価してくれた東海林のことを心配して親子で上京した。
漆原教授
演 - 春海四方
栄養学の権威で「黒豆ビスコッティ」の成分分析を行った教授。東海林の旭川支社の部下・高沢(既に退職)から受けたススキノでのキャバクラ接待で気分が浮かれ、良かれと思いダイエット効果があるとされるシアニジンの含有量を実際よりも多く含むようにデータを改竄していた。
清掃員
演 - 滝沢秀一マシンガンズ
S&Fの入居するビルの清掃員。
磯田明美〈24〉、田中のり子〈30〉、島村知子〈35〉
演 ‐ 佐々木史帆[18]富山えり子[19]、長内映里香[20]
「黒豆ビスコッティ」の試食モニターの女性たち。S&Fの成分データ改竄謝罪会見に旭川からリモートで出席し「黒豆ビスコッティ」はいい商品であると感想を述べた。
第6話
隅田厚
演 - 長野博
隅田フーズ社長。経木の弁当箱や長野の山村から採取したの葉を用いるなど、調理した人や詰めた人、作った人たちの顔が浮かぶ真心をこめた中高年向けの健康志向のお弁当をコンセプトに「まごころ弁当」を開発したが、そのためにコスト高で利益率が低いため、1週間以内に利益率が改善できない場合はS&Fとの調理請負の契約を切られると通告される。しかし隅田フーズの仕事の信念と技術を評価した春子に、コストカットに乗り出したS&Fと無理に弁当の調理請負の契約を続けるよりも、独自に弁当を納入する相手を探したほうが良いと判断され、春子の計略でS&Fと縁を切り、外資系大手への宅配弁当の大口契約を結ぶことに成功し難を逃れる[注釈 69][注釈 70]
隅田由美
演 - 西尾まり
厚の妻。隅田フーズの「まごころ弁当」のレシピは彼女が試作を何度も重ねて作り出していた。
佐々木加代
演 - 梅沢昌代
長野の山村から隅田フーズに笹の葉を納入していた婦人会のまとめ役。「まごころ弁当」を(利益率を上げるために)リニューアルするので、笹の葉は今後使用しないと里中から通達され、隅田フーズとの取引がなくなると思い、今までのお礼に隅田フーズを訪問する。春子の計略により隅田フーズが大手外資の宅配弁当を直接契約で納入する商談が決まったため、引き続き笹の葉を収めることとなる。
第7話
コンビニ店員
演 - BOW(東京ゲゲゲイ
里中たちがS&F直営コンビニ店を開発するため、消費者がどのような目線、動線でコンビニ店内で買い物をしているかをメガネ型遠隔カメラを使って分析調査する際に利用したコンビニ店「ファイブマート」の店員。

大前春子の所持資格(作中で確認できるもの)[編集]

語学(語学検定合格と見られる)
動物
医療系
分析系
武道
調理
運転免許
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送日程(第1シリーズ)[編集]

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[23] 脚本 演出 視聴率
第1話 2007年1月10日 スーパー派遣登場! 働く事は生きること…スーパー派遣登場 中園ミホ 南雲聖一 18.2%
第2話 1月17日 プライドとホッチキス 大戦争! 派遣VS正社員 18.6%
第3話 1月24日 社員の友情 ハケンの仁義 正社員の友情・派遣の仁義 18.8%
第4話 1月31日 恋とお時給 悲しい恋とお時給 佐藤東弥 20.1%
第5話 2月07日 お時給インベーダー VS ナマコ大先輩 お時給インベーダーとナマコ大先輩 茂山佳則 18.6%
第6話 2月14日 涙の残業バレンタイン 残念バレンタインと涙 南雲聖一 20.7%
第7話 2月21日 企画コンペに恋は厳禁! 企業コンペに恋は厳禁 佐藤東弥 20.2%
第8話 2月28日 派遣にプロポーズ!? 派遣にプロポーズ 南雲聖一 19.9%
第9話 3月07日 スーパーハケンの過去 吉野洋 19.9%
最終話 3月14日 契約終了!! スーパー派遣最後のスキル 契約終了!…スーパー派遣最後のスキル 南雲聖一 26.0%
平均視聴率 20.1%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
  • 初回は22時 - 23時9分の15分拡大放送。
  • 最終話は22時 - 23時4分の10分拡大放送。

春子の物語 ハケンの品格2007特別編[編集]

各話 放送日 ラテ欄[23] 視聴率
第一夜 2020年4月15日 スーパー派遣参上! プライドを賭けたホッチキス対決 10.5%
第二夜 4月22日 マグロを売って社員を救う! ハエと電信柱の恋の行方 09.9%
第三夜 4月29日 残業とバレンタインと涙・起死回生のウグイス嬢! 11.4%
第四夜 5月06日 企業コンペに恋は厳禁! クビを賭けた真剣勝負 09.3%
第五夜 5月13日 派遣にプロポーズ! エリート男に恋の使い捨てお断り 09.8%
第六夜 5月20日 スーパーハケンの過去・クルクル犬のくるくる大追跡 10.0%
最終夜 5月27日 スーパー派遣最後のスキル・働くことは生きること! 09.2%
平均視聴率 10.0%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
  • 総合平均視聴率は13.9%。

放送日程(第2シリーズ)[編集]

各話 放送日 ラテ欄[23] 脚本 演出 視聴率
第1話 2020年6月17日 スーパー派遣の春子が13年ぶりカムバック
お時給泥棒&セクハラ社員に喝!
中園ミホ 佐藤東弥 14.2%[24]
第2話 6月24日 派遣に仕事の責任なし? そば屋企画で大騒動!
悪魔のプレゼンで社員を救え
山口雅俊
渡邊優子
11.9%[25]
第3話 7月01日 社員食堂バイトテロ 炎上騒ぎで社長も炎上
名物美味カレーを取り戻せ!
中園ミホ 丸谷俊平 11.9%[26]
第4話 7月08日 コネ新入社員に派遣がパワハラ? 倉庫脱出サバイバル!
くるくる東京に凱旋
山口雅俊
渡邊優子
佐藤東弥 12.7%[27]
第5話 7月15日 痩せない!? お菓子ウソ表示で大ピンチ
偽りの謝罪会見で赤裸々告白大逆転
中園ミホ 丸谷俊平 13.1%[28]
第6話 7月22日 社長も期待! AI導入でムダ徹底排除
天気予報で弁当数当て対決
山口雅俊
渡邊優子
佐藤東弥 12.1%[29]
第7話 7月29日 和菓子VSアジフライ戦争!
社員沈没を救う男の友情とまさかのプロポーズ?
中園ミホ 丸谷俊平 13.1%[30]
最終話 8月05日 佐藤東弥
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

受賞・評価[編集]

その他[編集]

  • 時給3,000円(若しくはそれ以上)の派遣業務は、薬剤師看護師などの国家資格者やIT業界で存在するが、大前春子のような事務職では稀である[要出典]。当然、時給が高額になれば納税額もその分高額になる。
  • このドラマは派遣社員を題材に扱っているためか、それに関連したスポンサーhuman(派遣はヒューマンリソシア)とテンプスタッフ)がついていた(テンプスタッフは次クールのバンビ〜ノ!以降も提供)。また、このドラマに出演していた加藤あいがCMキャラクターを起用しているCHINTAIも番組提供をした。
  • 社名に使用されている「S&F」とは「spoon & fork」の略である。
  • 第1シリーズ第6話に登場するチョコレート店「シルスマリオ」は、神奈川県平塚市に実在する「シルスマリア」がモデルである。
  • 講談社漫画雑誌デザート」の増刊枠「Theデザート」の4月号と5月号にコミカライズが掲載された。内容的にはドラマとほぼ同じだが、美雪の視点で書かれているのが特徴。また、登場人物によっては、ドラマとはまったく異なったキャラクターデザインになっている。
  • タイトルの「品格」は、藤原正彦著の『国家の品格』を発端とする本放送当時の「品格ブーム」にあやかったものである。
  • 謎の派遣社員が一流の働きを見せる作品は漫画作品に多く、『企業戦士YAMAZAKI』(富沢順・作、集英社 スーパージャンプ連載。1992-1999年)や『さすらいの派遣社員 お竜!』(布浦翼・作、講談社BE・LOVE連載。1992年)、『派遣戦士 山田のり子』(たかの宗美・作、双葉社 『クレヨンしんちゃん特集号』1999年11月5日号連載開始)などが有る。
  • 大泉洋が出演している『水曜どうでしょう』の企画「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 〜完結編〜」が、この番組と同時期に放送されたため、番組の前枠・後枠で大泉と鈴井貴之の両名がこの番組のパロディを行っている(内容は、鈴井扮する大前春子が雪原の中をソリで走って向かってくるが、途中にある様々なトラップで必ず転ぶというシュールな物である。大泉は東海林本人役に扮している)。また、企画本編でも本作の影響と思われるシーンが終盤になって存在している。
  • 韓国では本作を元にした『職場の神』(チクチャンエ シン、ko:직장의 신)がキム・ヘス主演で2013年KBSで放送された[33][34]。日本でも邦題を『オフィスの女王』として、KNTV[35]日テレプラスで放送されている。

関連商品[編集]

DVD[編集]

2007年6月27日発売[36]

  • ハケンの品格 DVD-BOX ¥17,200+税
    • 全10話収録(478分+特典映像26分)
  • ハケンの品格 VOL.1 ¥3,800+税
    • 第1・2話収録(104分)
  • ハケンの品格 VOL.2 ¥3,800+税
    • 第3・4話収録(92分)
  • ハケンの品格 VOL.3 ¥4,800+税
    • 第5 - 7話収録(138分)
  • ハケンの品格 VOL.4 ¥4,800+税
    • 第8 - 10話収録(144分)

オリジナル・サウンドトラック[編集]

  • ハケンの品格 o.s.t.[37]
発売元:株式会社バップ
発売日:2007年2月28日
価格:2,281+税
品番:VPCD-81555
音楽:菅野祐悟

備考[編集]

放送局[編集]

再放送について[編集]

2007年10月より、日本テレビを始めとする系列各局で本作品の再放送が行われた。放送形態は以下の通り。

日本テレビ・テレビ信州
平日午後の再放送枠ドラバラZONE』にて再放送。(2007年10月1日 - 10月16日)
日本テレビ
平日午後の再放送枠ゴゴドラ』にて再放送。(2010年10月4日 - 11月9日)
札幌テレビ放送
毎週平日14:55 - 15:48(JST)の通称・ゴゴドラ枠にて再放送。
読売テレビ近畿広域圏
毎週土曜11:55 - 13:50(JST)にて再放送(2話一挙放送)。
テレビ岩手
毎週土曜11:50 - 12:50(JST)にて再放送。
いずれも共通して再放送のためデータ放送はなされず、副音声解説が実施された。アイパートナーは石丸博也が務めている。

配信ドラマ[編集]

ハケンの珍客』(ハケンのちんきゃく)と題したテレビドラマ第2シリーズから登場した新キャラクターによるスピンオフドラマがHulu2020年6月17日から独占配信されている。

新入社員で研修中の井手裕太郎と三田貴士が、業務でピンチに陥り、ハケンライフの派遣社員、福岡亜紀や千葉小夏を巻き込みながらも、ピンチを回避するため派遣会社ワークゼアにピンチヒッターの派遣社員を要請し助けを求める。しかし、新入社員の二人の前に現れる派遣社員・一之江和美や二重橋直子は大前春子とはまた異なる「スーパーなハケン」なのであった。

キャスト(配信ドラマ)[編集]

ここでは配信ドラマのみに登場するキャラクターを紹介する。テレビドラマに登場する人物である井手裕太郎、三田貴士、福岡亜紀、千葉小夏、浅野務、長嶋雅史に関しては、#登場人物を参照。

一之江和美(いちのえ かずみ)
演 - 八嶋智人[39] (第1話~第3話)
派遣会社ワークゼアから派遣される一人目の「スーパーなハケン」。
二重橋直子(にじゅうばし なおこ)
演 - 久本雅美[40] (第4話~)
派遣会社ワークゼアから派遣される二人目の「スーパーなハケン」。
三河島聡(みかわじま さとし)
演 - 間宮祥太朗[41] (第7話~)
派遣会社ワークゼアから派遣される三人目の「スーパーなハケン」。
田無元(たなし げん)
演 - 永野宗典
派遣会社ワークゼアのS&F担当営業。
五輪薫(いつわ かおる)
演 - ふせえり (第1話~第3話)
S&Fの人事部研修担当。
女性プロデューサー
演 - 柴田理恵[40] (第4話~)
「ハケンの珍客」のプロデューサー。ドラマの撮影スタイルについて重要な連絡を井手役の杉野遥亮と三田役の中村海人に伝える[注釈 74]

スタッフ(配信ドラマ)[編集]

  • 脚本 - 橋口俊貴
  • 演出 - 尾形竜太
  • プロデューサー - 玉田祐美子、大護彰子
  • チーフプロデューサー - 西憲彦
  • 制作協力 - ヒント
  • 制作著作 - 日本テレビ


リメイクテレビドラマ[編集]

韓国版[編集]

職場の神
(オフィスの女王)
ジャンル コメディドラマ[42]
原作 中園ミホ『ハケンの品格』(NTV2007年、第1シリーズ)[43]
脚本 ユン・ナンジュン[42]
演出 チョン・チャングン
ノ・サンフン[42]
出演者 キム・ヘス
オ・ジホ
イ・ヒジュン
チョン・ユミ
チョ・グォン[42]
放送
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国
放送期間 2013年4月1日 - 5月21日[44]
放送時間 月曜・火曜 21:55 - [44]
放送分 約60分
回数 全16[44]
公式サイト
テンプレートを表示
職場の神
(オフィスの女王)
各種表記
ハングル 직장의 신
発音 チクチャンエ シン
日本語読み: しょくばのかみ
(オフィスのじょおう)
テンプレートを表示

2013年4月1日から5月21日まで、韓国の公共放送局KBSでリメイクして[43]放送された[44]

韓国でのタイトルは、「KBS 2TV 月火ミニシリーズ ロマンティック 生存 コメディ」[45]『チクチャンエ シン(:직장의 신)』、『職場の神[46](しょくばのかみ)』である。放送期間の2か月間、毎週月曜と火曜の夜10時から毎回約1時間「月火ミニシリーズ」枠で放送された[44]。全16回[44][46]

脚本をユン・ナンジュンが、演出をチョン・チャングンとノ・サンフンが担当した[42]

主人公ミス・キム役は韓国を代表する女優[47]の一人キム・ヘスが演じた[44]。他に相手役にオ・ジホ、ミス・キムの直属の上司役にイ・ヒジュン、同僚の派遣社員役にチョン・ユミ、新入社員の正社員役にチョン・ヘビンが出演している[35]

韓国は4年制大学卒業者の就職率が2012年の調査では6割程度と厳しい社会状況で[48]非正規職員も多数を占める雇用情勢だが[34][49]、派遣社員を主人公にしたドラマは韓国では本作品以前になかった[33]。放送が開始されると視聴者から「熱い反応」があり[33]、非正規職問題を取り上げた時宜を得た企画であると評価された[34]

ただし、後半の恋愛喜劇については「無駄」という意見がある[50]一方で評価する意見もあり[49]、全体としてオリジナルの日本版よりコメディー性を強調した創作で気軽に視聴するべき作品になっている[49]。初回の視聴率は8%。最高視聴率は第8回の15%だった[51]

主演のキム・ヘスは、年末恒例の放送局が自社放送番組を対象に授賞する番組の一つ「KBS演技大賞」で最高賞の大賞を主演俳優として受賞した[52]。翌年2014年5月に開催された第50回百想芸術大賞では、テレビ部門の最優秀女性演技賞候補5人のうちの一人として本作『職場の神』のキム・ヘスの名が挙がったが、受賞は逃した[53]

この韓国版リメイクを日本では『オフィスの女王』(オフィスのじょおう)と題して KNTV などで日本語字幕付きで放送し[35]2015年5月にDVDの全巻セットが発売されたほか[42]、インターネット上の有料動画配信サービスサイト dTV で配信もされている[54]

登場人物(韓国版)[編集]

ミス・キム (미스 김)
演 - キム・ヘス
韓国初の自発的派遣社員(外部の契約社員[注釈 75]人材派遣業務請負)会社「派遣の品格」に勤続5年目{各派遣先(請負先)での派遣契約期間終了後の休職期間は除く}で派遣先企業は、ソウルにある大手食品会社「Y・Jang(Y)グループ」本社で配属部署はマーケティング営業支援部。派遣契約期間は3ヶ月。年齢不詳。[55]
チャン・ギュジク (장규직)〈32〉
演 - オ・ジホ
マーケティング営業部のチーム長(次長クラス)。[55]
チョン・ジュリ (정주리)〈25〉
演 - チョン・ユミ
マーケティング営業支援部の派遣社員。派遣1年目(初回の派遣契約期間は3ヶ月)。[55]
ム・ジョンハン (무정한)〈32〉
演 - イ・ヒジュン
マーケティング営業支援部のチーム長。[55]
ケ・ギョンウ (계경우)〈27〉
演 - チョ・グォン
マーケティング営業支援部の新入社員。正社員。[55]
コ・ジョンド (고정도)〈57〉
演 - キム・ギチョン
マーケティング営業支援部の課長。正社員。[55]
ファン・ガプトゥク (황갑득)〈54〉
演 - キム・ウンス
マーケティング営業部兼マーケティング営業支援部部長。正社員。[55]
クム・ビンナ (금빛나)〈25〉
演 - チョン・ヘビン
マーケティング営業部の新入社員。正社員。[55]
ク・ヨンシク (구영식)〈34〉
演 - イ・ゴン
マーケティング営業部の代理(主任クラス)。正社員。[55]
シン・ミング (신민구)〈29〉
演 - ナ・スンホ
マーケティング営業部の部員。正社員2年目。[55]
パク・ポンヒ (박봉희)〈29〉
演 - イ・ミド
マーケティング営業部の派遣社員。派遣5年目。[55][注釈 76]
オ・ジラン (오지랑)〈25〉
演 - ソン・ジイン
マーケティング営業部の派遣社員。派遣2年目。[55]
ヨン・ダラ (연다라)〈24〉
演 - イ・ソユン
マーケティング営業部の派遣社員。派遣1年目。[55]
ヨ・ジャンミ (여장미)〈44〉
演 - キム・ナウン
製品開発管理部部長。[55]
アン・ジョンチョル (안종철)〈32〉
演 - オ・ヨン
人材派遣会社「派遣の品格」の正社員でジョブ・マネージャー(担当営業)。入社6年目。[55]
ハン店長 (한점장)
演 - キム・グァンギュ
取引先のスーパーの店長[55]
ロサ (로사)
演 - キム・ボミ
バーの社長。ミス・キムと親しく、彼女の過去を知っている。[55]
フリセサ (훌리세사)
演 - イ・ヒョンジェ[55]
バーの店員[56]
オンマソン食堂社長 (엄마손식당 사장)
演 - トン・バンウ
ミス・キムの行きつけの食堂の社長[55]
ウォン・ジュファン (원주환)
演 - カン・シンチョル
ミス・キムの昔の恋人。[55]
駅員
演 - ソン・ホスン[55]
職員
演 - チェ・ジョンファ[55]
洗車場アルバイト
演 - ヤン・サングク
ジュリの USB を最初に持っていた。[55]
洗車場アルバイト2
演 - キム・ギヨル
ジュリの USB を2番目に持っていた。[55]
中国料理店配達員
演 - ホ・ギョンファン
ジュリの USB を3番目に持っていた。[55]
工事現場作業員
演 - キム・ジュヒョン
ジュリの USB を最後に持っていた。[55]
ビル管理員
演 - キム・ギリ
ギュジクの演説中に掃除するミス・キムを阻止する。[55]
醤油漬けの達人
演 - キム・ビョンマン
ミス・キムと醤油漬けの仕事をしたことがある。[55]
ホームショッピングのMD
演 - コ・スヒ[55]
ホームショッピングのPD
演 - イ・ジュニョク[55]
オン・アジプ会長 (옹아집 회장)
演 - クォン・ソンドク
伝統的な方法で最高の塩を作る。[55]
オン・ソシン (옹소신)
演 - ハン・スンヒョン
オン会長の息子。[55]
チャン・ドゥクテ (장득대)〈53〉
演 - イ・ジョンソプ
味噌玉麹ソムリエ。[55]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 放送休止期間中は代替番組として4月15日から5月27日の7週にわたり第1シリーズの特別総集編「春子の物語 ハケンの品格2007特別編」が放送され、6月3日から6月10日の2週にわたり「ごくせん2002特別編」が放送された。
  2. ^ 第2シリーズの人物相関図では年齢不詳となっている。
  3. ^ 今回の派遣よりも以前にS&Fの総務部に派遣されており、その際の仕事ぶりを評価していた桐島からマーケティング課への派遣を要請されている
  4. ^ 派遣として最初は時給600円のスーパーマーケットレジ打ちから始まり、その素早く正確な仕事ぶりから派遣先の厚い信頼を得て、最終的に最高評価の特Aランクになっている。
  5. ^ 後にマグロ解体ショーでの功績で3,500円に昇給している
  6. ^ 核燃料取扱主任者など派遣業務で必要性が低いであろう資格まで所持しており、自分でも意味が分からないと発言している。
  7. ^ 取得した資格には実務経験を要するもの、修業年限数年の指定養成所卒業を要するもの、年齢下限が存在するもの、会費が徴収される関連団体加入を要するものまで多岐にわたってあるため、春子の年齢でそれらの資格・免許を全て取得するのは、実際にはほぼ不可能
  8. ^ a b 第1シリーズ最終話のツネさんの話によると春子は早くに両親を亡くしている。
  9. ^ 一度だけ美雪にハケン弁当の試作品の調理を手伝わせるため早朝に春子から電話をかけて呼び出したことがある。
  10. ^ a b 休日に剣道教室で子供たちに稽古をつけていた桐島に春子は剣道勝負を挑み、子供たちの面前で負けて醜態をさらす寸前まで桐島を追い込むが、最後には故意に負けて桐島の面目を立たせることと引き換えに美雪の中途解除を撤回させている。
  11. ^ 最終話でふぐ調理師の資格も取得していたことが判明。
  12. ^ 東海林に「あいつの身体はサバ味噌でできている」と言わしめている。
  13. ^ 「ハケン弁当」の企画を立てた際もサバの味噌煮を具材に取り入れていた。
  14. ^ 美雪から自身やS&Fの近況報告が2007年12月18日にスペインで一人旅をしている春子の留守電に登録されており、少なくとも3か月サイクルの就業期間が始まる1月には日本に戻ってきている。
  15. ^ ハケンライフのマネージャーの一ツ木を通した派遣契約ではなく、S&F運輸名古屋営業所が出した求人広告に直接応募してきた。即ち派遣社員ではなく、契約社員として勤務している。
  16. ^ 第2シリーズ第1話。小夏がスマートフォンで里中に助けを求める電話をかけたが回線が保持されていたので、「社内情報が筒抜けになるので、電話を切ったことを確認すること」と伝達することを強引に業務連絡という口実にして、亜紀と小夏が人事部に監禁されている会議室のドアをチェーンソーで破壊して突入し、救出している。
  17. ^ 第2シリーズ第5話。春子は宇野が自身に非難が上がることを恐れシュレッダーで破棄した「黒豆ビスコッティ」の試食モニターの感想データをパズル検定1級の能力を活かし復元し、謝罪会見には試食モニターの女性たちをリモートで登場させて、「黒豆ビスコッティ」自体は良い商品であるとコメントさせるなど、東海林の謝罪の手助けをしている。なお、感想データの復元で徹夜の残業をしているが、「今一番ハマっている趣味のパズルをしただけです」と残業したことを否定している。
  18. ^ a b 第2シリーズ第2話。春子がピンチヒッターで派遣社員の小夏が企画したコラボ商品のプレゼンをすることになった際は、「正社員ではない派遣社員が派遣先を「弊社」と称したり、会社を代表して会社の責任に関わる発言をすることはありえない」と宇野が否定したので、春子はプレゼンで「弊社」と名乗ったり、会社の責任に関わる部分を決して断言せず、プレゼンを進行した。
  19. ^ 第2シリーズ第4話。「新入社員教育は正社員の役目なので、派遣社員は口出しするな」という宇野の発言に対し、春子は今後、一切口出ししませんと返事をするが、実際は春子の新人へのフォローが無いと仕事にならないため、業務上最低限のことにはかかわってくれと宇野に前言を撤回させている。
  20. ^ 第1シリーズ第5話の小笠原と里中との会話によると主任の職制は「S&F」では管理職のポジション。
  21. ^ ハケン弁当の企画を立案したのは自分ではないことから、実際に立案した派遣社員の美雪の名前で企画を提出している。
  22. ^ 社内コンペの立案者の名前を派遣社員の美雪の名前で里中が提出したことから、桐島から「S&Fの社員として自覚が足りん」と断じられている。
  23. ^ 東海林の暴言以外にも、東海林が春子のことが好きなことに遠慮して、里中が春子への思いを押し殺していると指摘されたことも理由に殴り合いの喧嘩になっている。
  24. ^ 東海林によると「迷子の子犬のような目」。
  25. ^ a b ハケン弁当の最終審査の直前に、この企画は本当は里中とマーケティング課が発案したものなので自分にはプレゼンできないと桐島の指示を突っぱね、本来の発案部署であるマーケティング課に企画を譲っている。
  26. ^ 里中が社内コンペで企画していたコメ由来のプラスチックから作った弁当箱
  27. ^ 里中のS&Fからの独立は、春子と東海林の言葉が影響しているが、これまでの宮部社長の事業に対するドライな態度から、仮にコンビニ事業が成功したとしても、AIがリストラを実行しろとはじき出せば、宮部はリストラを断行するであろうとことを見据えており、リストラされる正社員の受け皿としてコンビニ事業を自分に裁量権がある事業にしたいという狙いから宣言されている。
  28. ^ 地震が起こった際、真っ先に安否確認の電話を姉にかけている。
  29. ^ a b 第2シリーズ第2話。浅野は派遣社員の小夏の企画書を受け入れたが、社名をS&Fとすべきところ誤ってS&Tとタイプミスしていたため、浅野が宇野から厳しく注意されている様子を見た小夏が自分のミスであると宇野に謝罪したことで、小夏が立案した企画ということが宇野の知るところとなった。
  30. ^ 美雪と春子が契約満了した4月以降も3ヶ月の契約更新をして6月末までS&Fで勤務している。
  31. ^ 同一労働・同一賃金の実現のため正社員の給料が一割カットされており、出社早々、正社員たちから逆恨みの嫌味を聞かされている。
  32. ^ 第2シリーズ第1話。海外渡航中に携帯電話で連絡が取れなくなる春子にコンタクトを取るため、日本語のラジオ国際放送で「賛美歌十三番」をリクエストをすることで派遣要請があることを伝えている。
  33. ^ 第5話で小笠原が嘱託契約を切られそうになった際には「小笠原さんを切るなら派遣を切れよ」と憤っていた。
  34. ^ 業務と関係のない自分の好物である焼きそばパンを買いに行かせている。
  35. ^ その欠員補充のため美雪が「S&F」に派遣されている
  36. ^ 第1シリーズ第8話で「東海林武と結婚したいか」とアンケート形式で質問された用紙を春子に渡したが、彼女の答えは「私はハケンの敵とは結婚したくありません」と書かれており、続けて携帯番号を書く欄が空欄であったため、落胆してアンケート用紙を道端に捨てている。(実は用紙の裏面に春子は自分の携帯番号を記入していたが、東海林はそのことに気づていない。)
  37. ^ 東海林は大学時代、アルバイトで毎日1万発のホッチキスを打っていた。
  38. ^ 辞表を提出した後、一時行方不明になる。
  39. ^ 第2シリーズ第1話。春子が取らせると宣言した本社の社長賞ではなく、S&F運送名古屋支店内での表彰の様だが、里中の弁ではその成果が評価され本社組織に復帰している。
  40. ^ 第2シリーズ第5話。実際は社長賞相当の成果をあげていたが「派遣がほとんどやった仕事だ」と春子の手柄であることを正直に話したため、社長賞を逃していた。
  41. ^ 成分分析を依頼された教授がススキノでの接待で浮かれてしまい、良かれと思いダイエット効果があるといわれるシアニジンの含有量を多くなるように改竄していた。
  42. ^ 正確には担当営業または営業担当
  43. ^ 断った口実は個人情報の保護であり、具体的な理由は派遣のトラブルは一番目は時給に関する不満、二番目は正社員と派遣社員との色恋沙汰であることから電話番号を教えなかった
  44. ^ 第2シリーズ第1話。一ツ木は出張で不在ということでS&Fを担当する後任の近が派遣する春子を伴ってS&Fに来社するという筋書で、一ツ木を演じる安田顕は出演していない。
  45. ^ 面談した桐島は抜群のスキルを持つ春子と一緒に働くならば、美雪がスキル不足でもフォローされると見越して彼女を採用している。
  46. ^ 派遣社員として一定期間就業した後、会社に適性ありと認められれば正社員に登用される制度
  47. ^ そもそもパソコンの電源の入れ方すらわからないレベルであった。
  48. ^ 里中から嘱託契約の更新がないことを通告された際はショックを受け、いたたまれずに早めの食事を取る名目で会社を抜け出し、定食屋の店内の柱にもたれかかり食事もとらず呆然としていた。
  49. ^ 白米のことを「白~い ごは~ん」と独特なイントネーションで呼ぶ
  50. ^ フラメンコが鑑賞できる居酒屋
  51. ^ 第2シリーズ第1話。ハケンライフで近から提示されたS&Fの勤務条件。
  52. ^ 井手はS&Fの最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」の女社長、美香の三男。
  53. ^ 第2シリーズ第3話。『退屈な会社ライフ』というタイトルで動画投稿サイトに開設した『ユータンちゃんねる』に社食が映りこんだ動画を会社に無断で投稿したことでバイトテロ疑惑が引き起こり、会社に苦情の電話が殺到して、社食のカレーの味が落ちたというグルメブログの評価もあり、得意先のスーパーや百貨店に卸しているS&Fのカレー関係の商材が全て引き上げられそうになる騒動を引き起こす元凶を作っている。
  54. ^ 第2シリーズ第4話。自身が任されていた配布禁止の食品サンプルの回収作業を怠ったため、外部に流出させる原因をつくった責任感から、事後ながら冷蔵倉庫にサンプルの整理に向かうが、誰にもそのことを言わず席を外したため、責任を感じてはやまった行動をとったのではないかと周りを心配させている。
  55. ^ 第2シリーズ第1話、令和2年度の入社式で応援団の学ランを着て新入社員にエールを送っている。
  56. ^ 第2シリーズ第4話。廃棄しなければいけない食品サンプルの回収に関して何も知らない亜紀と小夏に、外部にそのサンプルを流出させた原因は二人にあると、ハケンライフに報告すると息巻いている。
  57. ^ 第2シリーズ第5話。「黒豆ビスコッティ」の試食モニターの感想データまで捏造ではないかと詮索され、自分に非難がくることを恐れ、亜紀や小夏に感想データを破棄させる指示をだしておきながら、派遣が勝手に感想データを破棄してしまったと謝罪会見で虚偽の発言をして言い逃れようとした。
  58. ^ 同一労働・同一賃金の観点から派遣も価格据え置きにすべきではという里中の意見を「そんなものは建前だろ」と一蹴している。
  59. ^ 春子もグルメブロガー・プージャとして牟田がいなくなった後、味が変わてしまったカレーを「星マイナス100個を付けたいくらい」と超低評価を付けている。
  60. ^ 嫁のまち子の実家がコメ農家で、定食屋に米を融通してくれるので割安で定食を提供できている。
  61. ^ バレンタインデーに徹夜で手作りした本命チョコを里中に渡している。
  62. ^ イベントで使うワイヤレスマイクの電源がONのままで、東海林と春子の口論がイベント会場に漏れていた
  63. ^ 第2シリーズの放送開始が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期したため、小堺が出演した第2話が、この日の同時間帯に同じく小堺が出演したフジテレビの裏番組『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』と業界でタブー視される裏被りの状態となってしまったが、不可抗力な事情であることから、日本テレビとフジテレビ両局の了承を得た上で、どちらの番組もそのまま放送された
  64. ^ 実際はバイトテロなどではなく、長年勤めた食堂を退職することになり、お礼の意味で出勤最終日の晩に厨房全体を掃除しており、冷凍庫の霜取り作業をしていただけであった。
  65. ^ 毎週、早朝4時から馴染みの農家から割安で新鮮な野菜を購入し、朝6時には厨房で3時間玉ねぎを炒めるところからカレーを調理するなど、20年以上給金に見合わない働きを行っていた
  66. ^ 牟田の賃金に見合わない労働と人脈を活かした割安の野菜の調達により、440円の販売価格で絶品カレーを提供できていたが、実際の人件費や材料費から調理コストを算出すると1200円で販売することが妥当で、正社員というだけで、福利厚生でそのまま440円でに提供することは本来は赤字であり、その点について春子は宮部社長に苦言を呈している。
  67. ^ S&Fで再会時、春子は牟田を知らないふりをしていたが、23年前に牟田がインド大使館の厨房で修業していたときに春子と同僚で、ムッちゃん、春ちゃんと呼びあう仲であった。
  68. ^ 屋台に訪れたS&Fの偉い人から給料を上げるので社員食堂に復帰してほしいとオファーされるが、また解雇になるのは御免だと断っている。
  69. ^ 弁当の製造個数(≒売れ残りによる利益率の圧迫)に影響する当日の天気を春子は雨と予報していたのにもかかわらず晴れだと嘘をつき、隅田フーズにわざと多く弁当を準備させて利益率を悪化させ、S&Fとの調理請負の契約を終了させたが、このことにより、隅田フーズはS&Fを通さずに、外資大手と直接契約で宅配弁当の大口契約を結ぶことができた。
  70. ^ S&Fに外資系大手「グレート・ゾーン」が商談に訪れた際、宇野が彼らに営業をかけ、テレワークの社員向けの宅配弁当の契約締結に向け、隅田フーズの「まごころ弁当」を300個注文してもらい高評価を受けるが、春子の計略により隅田フーズはS&Fとの調理請負の契約を終了したので、隅田フーズはS&Fを通さず「グレート・ゾーン」と直接契約で宅配弁当「はなえみ弁当」の大口契約を結ぶこととなる。S&Fは大きな商談を逃し宇野は落胆してしまう。また、隅田フーズの後任の調理請負業者の作る弁当は経木や笹の葉が使われていないことや味が落ちたとSNSでつぶやかれ評判を落としている。
  71. ^ 各都道府県の警察組織で独自の鑑識技術の技能検定が設けられているが、警察組織の職員を対象とした検定であり、通常は警察組織の職員以外は検定を受けることはできない。
  72. ^ 春子は東海林に免状を示しながら「地雷、爆弾の御用は?」と言うが、本免許は実際には無関係で、この場合に必要なのは「火薬類取扱保安責任者」、「発破技士」。詳細は危険物取扱者を参照。また、作中では演出上大きな免状になっているが、実際の免状はカードである。
  73. ^ 実際は最上位は1級で三段の段位は存在しない
  74. ^ 「ハケンの珍客」の撮影のためスタジオに到着した井手役の杉野遥亮と三田役の中村海人が、女性プロデューサー役の柴田理恵から撮影についての連絡をうけるという劇中劇が展開されている。
  75. ^ 韓国の派遣先や請負先の会社(企業)では派遣社員や請負社員のことを契約社員(契約職員)と呼ばれていることが多い。
  76. ^ 韓国の法律では、派遣労働者(間接雇用)は2年経つと派遣先で直接雇用に転換しないといけないので法律違反しているが、それから1年後の派遣6年目でようやく派遣先が直接雇用{雇用形態は無期契約社員(正社員とは異なる)}をした

出典[編集]

  1. ^ “篠原涼子、『ハケンの品格』13年ぶり連ドラ復活「楽しみにお待ちいただけたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2153470/full/ 2020年1月20日閲覧。 
  2. ^ "篠原涼子主演「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!令和に大前春子はどんな働き方を?". 日テレトピックス. 日本テレビ放送網. 2020-01-20. 2020年1月20日閲覧
  3. ^ “日テレ収録見合わせ、篠原涼子ドラマは初回放送延期”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年4月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004060000359.html 2020年4月6日閲覧。 
  4. ^ 『ハケンの品格』撮影再開&6月17日より放送決定 篠原涼子「1秒1秒大切に撮影に臨んでいます」”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2020年6月9日). 2020年6月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 第1シリーズ
  6. ^ a b c d e f g h i j k 第2シリーズ
  7. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “4月期水曜ドラマ「ハケンの品格」大泉洋、緊急参戦決定!” (日本語). 日本テレビ. 2020年3月17日閲覧。
  8. ^ 篠原涼子&小泉孝太郎&大泉洋、『ハケンの品格』13年ぶりの3ショット写真公開”. ORICON NEWS. 2020年3月22日閲覧。
  9. ^ 大泉洋が『ハケンの品格』に不満を漏らす!?”. ORICON STYLE (2007年2月28日). 2016年6月22日閲覧。
  10. ^ 『ハケンの品格』桐島部長の裏の顔がついに!”. ORICON STYLE (2007年2月21日). 2016年6月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r S&F営業事業部 座席表” (日本語). 日本テレビ. ハケンの品格 公式ホームページ. 2020年7月9日閲覧。
  12. ^ 「ハケンの品格」に営業部社員役でレギュラー出演します!!” (日本語). Twitter. 2020年7月2日閲覧。
  13. ^ 小堺一機 ドラマ出演情報ならびにお知らせ” (日本語). 浅井企画|タレント・芸人・文化人 芸能プロダクション (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  14. ^ 「ハケンの品格」大泉洋の登場を切望する声 小堺一機が同時間帯の2局に出演”. 共同通信OVO (2020年6月25日). 2020年7月20日閲覧。
  15. ^ 【公式】ハケンの品格 [@haken_ntv] (2020年6月24日). "今夜10時から「ハケンの品格」第2話放送です ゲストの‪#小堺一機‬さんと同じ老舗蕎麦屋の会長に、‪#若林豪‬さんが登場します 撮影の合間に撮影しました 貫禄のある ‪#集合写真‬ になりました(3月に撮影しました)‪ #ハケンの品格‬ ‪#篠原涼子‬ ‪#勝地涼‬ ‪#杉野遥亮‬ ‪#塚地武雅‬" (ツイート). Twitterより2020年7月3日閲覧
  16. ^ 今夜の『ハケンの品格』 新入社員(杉野遥亮)のバイトテロ動画で炎上 春子(篠原涼子)はカレー職人に” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. クランクイン. 2020年7月2日閲覧。
  17. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “社長から71歳にして俳優へ!「ハケンの品格」出演 山田良明 転身の理由とは?” (日本語). 日本テレビ. 2020年7月2日閲覧。
  18. ^ 佐々木史帆 ハケンの品格 第5話出演情報” (日本語). Twitter. 2020年7月16日閲覧。
  19. ^ 富山えり子 ハケンの品格 第5話出演情報” (日本語). Twitter. 2020年7月16日閲覧。
  20. ^ 長内映里香 ハケンの品格 第5話出演情報” (日本語). Twitter. 2020年7月16日閲覧。
  21. ^ 中島美嘉 (2007年2月21日). 中島美嘉 special interview. ドラマ『ハケンの 品格』主題歌の新曲は、久しぶりのバラードソング!!. (インタビュー). ORICON STYLE.. https://www.oricon.co.jp/music/interview/070221_03.html 2015年12月31日閲覧。 
  22. ^ 鈴木雅之、ドラマ「ハケンの品格」主題歌を担当。東京ゲゲゲイとタイトルバックでコラボ”. BARKS. 2020年3月24日閲覧。
  23. ^ a b c 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  24. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」初回視聴率は14.2%で好スタート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年6月18日). https://hochi.news/articles/20200618-OHT1T50037.html 2020年6月18日閲覧。 
  25. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第2話視聴率は11.9% 初回から2.3ポイント減も2ケタ維持”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年6月25日). https://hochi.news/articles/20200625-OHT1T50073.html 2020年6月25日閲覧。 
  26. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第3話視聴率は11.9% 3話連続2ケタ維持”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月2日). https://hochi.news/articles/20200702-OHT1T50102.html 2020年7月2日閲覧。 
  27. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第4話視聴率は12.7% 前回から0.8ポイント上昇”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月9日). https://hochi.news/articles/20200709-OHT1T50081.html 2020年7月9日閲覧。 
  28. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第5話視聴率は13.1% 前回から0.4ポイント増”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月15日). https://hochi.news/articles/20200716-OHT1T50071.html 2020年7月15日閲覧。 
  29. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第6話視聴率は12.1% 6話連続2ケタ維持”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月26日). https://hochi.news/articles/20200727-OHT1T50063.html 2020年7月26日閲覧。 
  30. ^ “篠原涼子主演「ハケンの品格」第7話視聴率は13.1% 前回から1ポイント増で2ケタ維持”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月30日). https://hochi.news/articles/20200730-OHT1T50070.html 2020年7月30日閲覧。 
  31. ^ 第44回奨励賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年9月27日閲覧。
  32. ^ 第44回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年9月27日閲覧。
  33. ^ a b c 【コラム】日本ドラマ『ハケンの品格』リメーク版に韓国サラリーマン「痛快だ」(1)”. 中央日報日本語版 (2013年4月5日). 2014年6月18日閲覧。
  34. ^ a b c イ・ヨンヒ (2013年4月19日). “【コラム】日本ドラマのリメーク版『職場の神』、原作以上に魅力を感じるワケは”. 中央日報日本語版. 2014年6月18日閲覧。
  35. ^ a b c オフィスの女王”. KNTV. 2017年10月10日閲覧。
  36. ^ ハケンの品格”. バップ. 2015年12月31日閲覧。
  37. ^ ハケンの品格 o.s.t.”. バップ. 2015年12月31日閲覧。
  38. ^ 만능사원 오오마에 파견의 품격” (韓国語). SBS Drama+. 2017年10月10日閲覧。
  39. ^ 杉野遥亮×吉谷彩子×山本舞香×中村海人共演スピンオフ『ハケンの珍客』、配信決定” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2020年7月28日閲覧。
  40. ^ a b スピンオフ『ハケンの珍客』に久本雅美&柴田理恵出演 ドラマ共演は18年ぶり” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2020年7月28日閲覧。
  41. ^ 間宮祥太朗、『ハケンの品格』スピンオフ出演決定 大前春子ほどではない“スーパーなハケン”に” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2020年7月28日閲覧。
  42. ^ a b c d e f オフィスの女王 (2013)”. allcinema. 2017年9月25日閲覧。
  43. ^ a b 직장의 신 - 제작진” (韓国語). KBS. 2017年10月10日閲覧。 “원작 일본 NTV <The Pride of the Temp / 파견의 품격>”
  44. ^ a b c d e f g 직장의 신” (韓国語). Daum. 2017年9月25日閲覧。
  45. ^ 직장의 신” (韓国語). NAVER. 2017年9月25日閲覧。
  46. ^ a b 職場の神”. デジタル大辞泉プラス. コトバンク小学館. 2017年10月13日閲覧。
  47. ^ 韓国「moovieweek」編集部 編著『新版 movieweek 韓国俳優事典』ソフトバンク クリエイティブ、2008年、272頁。ISBN 9784797343243。
  48. ^ Q. 韓国では大卒生の就職率が悪いのに、なぜみんな大学に行こうとするの?”. もっと! コリア. O2CNI Co.Ltd.. 2017年10月15日閲覧。
  49. ^ a b c 参考:藤脇邦夫『定年後の韓国ドラマ』幻冬舎幻冬舎新書〉、2016年、250頁。
  50. ^ 日本ドラマのリメーク、明暗を分けるポイントはどこに?(2)”. 中央日報日本語版 (2013年7月10日). 2017年10月15日閲覧。
  51. ^ 직장의 신 - 시청률” (韓国語). Daum. 2017年9月25日閲覧。
  52. ^ 女優キム・ヘス、韓国版『ハケンの品格』でKBS演技大賞を受賞”. ISPLUS / 中央日報日本語版 (2014年1月2日). 2017年9月25日閲覧。
  53. ^ 백상예술대상 2014년 제50회” (韓国語). NAVER. 2017年10月10日閲覧。なお、このとき最優秀女性演技賞を受賞したのは『君の声が聞こえる』のイ・ボヨンだった。
  54. ^ オフィスの女王”. dTV. 2017年10月15日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 직장의 신 - 출연/제작” (韓国語). Daum. 2017年10月15日閲覧。(該当部分をクリックすると説明が表示される)
  56. ^ オフィスの女王 - 相関図”. ポニーキャニオン. 2017年10月15日閲覧。

参照話数[編集]

※未使用の参照話数を使うときは両サイドにある「<!-- -->」を除去してください。

  1. ^ a b c d e f g h i j k 第1シリーズ第1話
  2. ^ a b c d e f g 第1シリーズ第4話
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 第1シリーズ第6話
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 第1シリーズ最終話
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 第1シリーズ第8話
  6. ^ a b c d e f g h i 第1シリーズ第7話
  7. ^ a b c d e f 第1シリーズ第2話
  8. ^ a b c 第1シリーズ第5話
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第2シリーズ第1話
  10. ^ a b c 第2シリーズ第3話
  11. ^ a b c d e 第1シリーズ第3話
  12. ^ a b c d e f g h i j k 第1シリーズ第9話
  13. ^ a b c d e f 第2シリーズ 第2話
  14. ^ a b c d e f 第2シリーズ第4話
  15. ^ a b 第2シリーズ第7話
  16. ^ a b c 第2シリーズ第5話
  17. ^ a b 第2シリーズ第6話

関連作品[編集]

  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜 - 本作と同じ中園ミホによる脚本。医局医フリーランスの医師との対立構造が、本作の正社員と派遣社員の対立構造に類似しており、ストーリーも雇用関係で強い立場の雇用側のピンチ、トラブルを、弱い立場の被雇用側の人物が有する高いスキルで解決し、主従の力関係が逆転するという同様の構造となっている。主人公・大門未知子キャラクターも職務に関する幅広い知識と技能を有する、契約以外の業務は拒否する、高額な報酬、非正規職員、物怖じせず上司に意見するなど、本作の大前春子と共通する部分が多い。また、ナレーションも本作と同じく田口トモロヲで、本作と同様の語り口でドラマの冒頭で登場人物たちの労働環境が説明される。
日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
14才の母
(2006年10月11日 - 12月20日)
ハケンの品格
(第1シリーズ)
(2007年1月10日 - 3月14日)
バンビ〜ノ!
(2007年4月18日 - 6月27日)
知らなくていいコト
(2020年1月8日 - 3月11日)
ハケンの品格
(第2シリーズ)
(2020年6月17日 - )
私たちはどうかしている
(2020年8月12日 – (予定))