ハチミツ二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハチミツ二郎じろう
Hachimitsu Jiro 01.jpg
本名 高野 二郎(たかの じろう)
生年月日 (1974-11-20) 1974年11月20日(46歳)
出身地 日本の旗 日本岡山県倉敷市
血液型 O型
身長 177cm
言語 日本語
方言 共通語
出身 NSC東京校1期
コンビ名 東京ダイナマイト
相方 松田大輔
芸風 漫才(ツッコミ) など
立ち位置
事務所 トンパチ・プロ
オフィス北野
オスカープロモーション
フリー
吉本興業
活動時期 1996年 -
同期 品川庄司など
配偶者 前妻 斉藤瞳(2010年 - 2011年)
一般女性(2012 - )
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ハチミツ二郎(はちみつじろう、1974年11月20日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いコンビ東京ダイナマイトのツッコミ担当。相方は松田大輔。本名は高野 二郎(たかの じろう)。

人物[編集]

岡山県倉敷市出身。吉本興業所属。冷めたツッコミが特徴。長いこと金髪をトレードマークとしていたが、2010年半ばから黒のモヒカンにし、舞台では相方の松田に「ちょい悪キューピー」といじられるようになった。その後2011年から坊主頭、2012年からは髪を伸ばして再び金髪に戻し、2018年からは坊主頭に髭という風貌に変化した。

身長177cm、体重100kg。血液型O型。趣味は世界旅行、飲酒、プロレス。特技はプロレス。メキシコでプロレスライセンスを取得し、お笑いプロレス団体西口プロレスの所属レスラーとしても活動していたが、腰と膝を悪くし不定期参戦となった。2019年にアンドレザ・ジャイアントパンダと引退を賭けて敗戦し丸刈りにされレスラーを引退した。

なお、稀に「ハチミツ次郎」と表記されることがあるが、誤りである。

概要[編集]

  • トンパチ・プロのライブに定期的に見に来ていたAV監督・バクシーシ山下の誘いで撮影現場を訪れた際に、AV男優の人手が足りなくなり急遽出演、以降80本近く出演、その時も芸名は変えていなかった。
  • 2001年、(二代目)東京ダイナマイトを結成。オフィス北野にマネジメント預かりという形で所属する。一時期、浅草キッドの付き人をしていた。
  • 2005年7月の『M-1Dynamite』という日比谷野音で行われた単独ライブの際にエンディングで元々持っていた椎間板ヘルニアが悪化。そのまま8月5日に入院。8月14日に立ち始め8月20日に退院した。予定よりも2週間早い退院だったらしく周りの人々に「凄い、凄い!」と言わせたほど超人的なスピードだった。また高血圧でも入院したことがある。その時の血糖値は577だったという。
  • 自称『日本一もてる肥満体』。2007年のバレンタインデーでは蒼井そらとの交際が明らかになったためチョコの量は減った。
  • 東京ダイナマイトのライブの時に自分でグッズをデザインしている。ほとんどのTシャツや帽子はバンバンビガロ製作である。そして2006年から東京ダイナマイトブランドのことをTKDと統一することになった。
  • 自身のブログで旅日記としてたまに更新している。
  • メロン記念日との付き合いは、この頃にはすでに始まっていたとの噂が流れている[2]
  • 2008年6月20日、オフィス北野を退社[3]
  • 2008年9月5日、オスカープロモーションとマネジメント契約[4]
  • 2008年11月5日に鍋料理店「Dining二郎」を開店した[5]
  • 2009年3月15日、オスカープロモーションから退社(退社については、東京ダイナマイトを参照)。相方松田も3月でオフィス北野を退社した。
  • 2009年4月、コンビ揃ってフリーとなる。
  • 2009年8月24日、公式ブログで、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属になった事を発表[6]
  • 9月11日AGE AGE LIVEにてMCを務めた際、メキシコにてプロレスラールチャリブレ)のライセンスを習得したことを発表している。
  • 舞台に上がるときに首にチェーンを巻いて登場することがある。これは新日本プロレス真壁刀義をオマージュしたものである。
  • 2010年8月3日、Twitterにて元メロン記念日・斉藤瞳との入籍を報告した。なおハチミツはメロン記念日のファンであることを公言していた。同年12月11日、「ルミネtheよしもと」で、一般ファンが観覧するイベント形式の結婚式を行った。
  • ゲームイベントのインタビューで、好きなゲームはアイドルマスターと発言した[いつ?]
  • 2011年10月14日、2011年8月に離婚していたことが報じられる[7]。なお、相方の松田も同年10月に離婚したため、コンビ揃ってのバツイチとなった。
  • 2012年5月、真理子と再婚[8]
  • 2015年1月4日、先述の再婚相手である真理子夫人と共にTV番組『新婚さんいらっしゃい!』に出演。番組内では真理子夫人の母との交流や夫婦間の子育て、また、お互いに不満に思っている点が語られた。それによると、ハチミツは寝る前にキャラメルを食べる習慣があり、真理子夫人は子供の教育上良くないとのこと。逆に真理子夫人は大のゴキブリ嫌いで、一度ゴキブリを見ようものなら何も出来なくなってしまい、ハチミツが対処するしか手が無く、「ごきぶりホイホイ用意するとか、対策を考えれば?」との提案が出た時の返答は、「その手の品に描かれている、絵のゴキブリもダメなので無理」であった。
  • 2017年8月18日、東京都千代田区のプロレスショップ闘道館で会見を開き、大仁田厚と電流爆破デスマッチで対戦することを表明した。対戦に至った経緯について「およそ20年前(1997年頃)、当時週刊プロレスの編集長を務めていたターザン山本の糞付き下着を天敵である大仁田のもとへ持っていくというロケを行った際に「責任者は誰じゃ」激怒した大仁田をみて思わず、「私です」と言ったところ、今では刑事事件になるくらいボコボコにやられた。10月に引退すると聞いて大仁田を一発ぶん殴りたい」と語った。10月7日に神奈川・鶴見青果市場で行われた「ノーロープ有刺鉄線電流爆破&有刺鉄線電流爆破バット ストリートファイトキャプテンフォール イリミネーションデスマッチ」で対戦し、3度の爆破を受け、敗れるも、試合後には「Yahoo!コメントになぁ、茶番だなんだ書き込んだやつら、お前らにこれが出来るのか! 死んだかと思ったよ」と電流爆破の神髄を味わった恐怖を語った。そして「10代の頃、川崎球場で大仁田厚の電流爆破を一番後ろの席で見ていた。25年たって、やってやがってる。西口プロレスの挑戦を受けてくださって感謝します。大仁田さん、ありがとうございました」と頭を下げた。
  • 2018年7月、急性心不全・呼吸不全で入院し、22日に退院を報告、高熱のまま仕事をこなすも熱中症となり、自らタクシーで病院行く途中、車中で意識を失ったと言う。
  • 2019年3月、西口プロレス初の後楽園ホール大会にて、アンドレザ・ジャイアントパンダとの負けたら即引退マッチを敢行する。
  • 2020年4月、IT企業の株式会社ソノリテに正社員として入社。クラウドファンディングの一環で同社の社長と対談を行った際、入社を誘われたことがきっかけ[9]
  • 2021年1月21日に、昨年末コロナウイルス感染症に罹患し、一時期危篤状態に陥り、一ヶ月間入院し、仕事復帰したことをTwitterで告白。テレビ朝日の取材に応じて、その時の模様を語った[10]
  • 2021年6月のNHKの取材によると退院直後よりもコロナウイルス感染症の後遺症が強く出ていると言い、200m歩いただけで息切れして腕が筋肉痛になるという。手のしびれや倦怠感などもあり、通勤ではなくテレワークで済むからこそ仕事はできている状況と語った[11]

交友関係[編集]

  • 2006年12月15日発売の「週刊フライデー」でAV女優蒼井そらと同棲していることが明らかになった。双方の事務所とも「いいお付き合いをしている」と認めている。蒼井の事務所に至っては「プライベートでのシモの管理はしない。ハチミツさんと付き合うことで蒼井はアゲマンになってほしい」とまで言い切っている[12]。しかし、2009年1月15日、それぞれが自身のブログで破局したことを告白した[13]
  • かなりの酒豪である。一時期は毎日10ℓ以上ビールを飲んでいたらしい。しかし上記の理由で最近は体に気をつけてグラス2杯程度にしている。
  • 同じ岡山県出身というのもあってか千鳥のノブとはM-1グランプリで知り合って以降仲が良い。同じくM-1以降、笑い飯の哲夫とは2人で飲みに行くくらい仲が良くなった。
  • 猫ひろしが一時期、付き人をしていたことがある。
  • ルチャリブレのライセンスを取得するほどのプロレス好きであり、特に新日本プロレスのファン。また激情プロレスリングというイベントで棚橋弘至と漫才をしたこともある。WWEなどの海外プロレスも好み、大きな大会には現地まで見に行っている。時折、観客として映っているところが団体の公式DVDなどで確認されている。

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

映画[編集]

  • 日本統一(2013年7月14日) - 丸打組系安西組組員 モトキ

アダルトビデオ[編集]

  • 東京ラブジェットシティ(ビッグモーカル、2001年3月25日)
  • マジックマッシュルーム2(ワイルドサイト、2001年3月23日)
  • SEXY ON THE ROAD 奥菜つばさ(ビッグモーカル、2001年4月25日)
  • デリバリーAVアイドル 愛の宅配エンジェル 風音つぐみ(芳友舎、2001年4月22日)
  • すけべっ娘 20(芳友舎、2001年4月30日)

雑誌連載[編集]

書籍[編集]

単行本[編集]

  • モテ☆メタボ(2009年8月21日発売、三才ブックス)[14]
  • エロ本(2020年3月3日、東京キララ社)責任編集

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 公式Facebookより
  2. ^ 南パラZ!」でのサンドウィッチマン伊達みきおのコメント
  3. ^ オリコン (2008年7月17日). “東京ダイナマイト・ハチミツ二郎が事務所を退社しフリーに 相方・松田も今年度で退社”. 2008年7月19日閲覧。
  4. ^ 2008年9月5日付の公式ブログ「契約完了」
  5. ^ Dining二郎
  6. ^ お知らせ - 東京ダイナマイト
  7. ^ ハチミツ二郎わずか1年で離婚!
  8. ^ ハチミツ二郎再婚していた…夫人妊娠中-芸能-デイリースポーツ online
  9. ^ ハチミツ二郎がIT企業の正社員に…?「コロナ時代の芸人の生き方」 田崎健太、ITMedia、2020年6月25日。
  10. ^ [1][リンク切れ]
  11. ^ ハチミツ二郎さん 生死をさまよって「今の方が後遺症ひどい」 NHK WEB 2021年6月18日 18時52分 (2021年6月21日閲覧)
  12. ^ Narinari.com (2006年12月15日). “お笑いコンビ「東京ダイナマイト」のハチミツ二郎が蒼井そらと同棲。”. 2008年7月20日閲覧。
  13. ^ オリコン (2009年1月15日). “蒼井そらとハチミツ二郎が破局を“W報告””. 2009年1月16日閲覧。
  14. ^ 2013年11月27日に幻冬舎よしもと文庫からも発売されている。