ハッスル (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハッスル
ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニーシングル
初出アルバム『Disco Baby英語版
リリース
ジャンル ディスコ
レーベル Avcoレコード
作詞・作曲 ヴァン・マッコイ
プロデュース Hugo Peretti、Luigi Creatore
チャート最高順位
  • 週間1位(Billboard)
  • 週間1位(オリコン洋楽シングル)
テンプレートを表示

ハッスル (The Hustle) は、ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー (Van McCoy and the Soul City Symphony) の楽曲。作詞・作曲はヴァン・マッコイ。

概要[編集]

1975年発表の本作は同年夏の間、Billboard Hot 100とHot Soul Singleで首位を独占[1]、累計売上1000万枚[2]以上となり、1976年のグラミー賞 Best Pop Instrumental Performanceを受賞という快挙を成し遂げた。またオーストラリアでは第9位、イギリスでは第3位となった。日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1975年8月4日付から19週連続1位を獲得した[3]。この楽曲はさまざまなCMなどで用いられているなど、ディスコ時代を象徴するものとなる。

制作[編集]

マッコイがアルバム制作のためにニューヨーク市にいた際、音楽パートナーCharles KippsがAdam's Appleクラブでパトロンたちがハッスル英語版という優雅なダンスを踊っているという話を聞いてインスパイアを受けた。 プロデュースに携わったHugo Perettiの案で、ピッコロによる特徴的なリードメロディー(リフ)はPhilip Bodnerが担当することとなった。

バンドメンバー[編集]

収録はMedia Soundで行われた。

影響[編集]

日本でもCMやBGMなどで使用されることが多い。また、掛け声・リフを引用、あるいは編曲・曲調を模倣した楽曲も数多くあり、それらをまとめて「ハッスルソング」「ハッスル物」などと称することがある[4]

CM[編集]

BGM[編集]

その他[編集]

引用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 388. 
  2. ^ 『Billboardただ1曲のスーパーヒット・2(1968~1984)』ウェイン・ジャンシック(著)、加藤秀樹(訳)、音楽之友社、1991年、147頁。ISBN 4-276-23612-6。
  3. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  4. ^ a b ディスコブームのきっかけ。『ザ・ハッスル』のスゴい影響力TBSラジオ ジェーン・スー 生活は踊る 2017年1月6日
  5. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、144-145頁。ISBN 978-4-907583-45-3

関連項目[編集]

先代:
ポール・マッカートニー&ウイングス
あの娘におせっかい
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1975年7月26日(1週)
次代:
イーグルス
呪われた夜