ハットリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハットリス
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 アーケード (AC)
開発元 BPS
発売元 ビデオシステム
デザイナー アレクセイ・パジトノフ
ウラジーミル・ポヒルコ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
(608キロバイト
稼働時期 INT 1990041990年4月
デバイス 8方向レバー
3ボタン
CPU Z80 (@ 6 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.5795 MHz)
YM2608 (@ 8 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
352×240 ピクセル
60.00Hz
パレット2048色
テンプレートを表示

ハットリス』(Hatris)は、1990年BPSより稼働されたアーケード落ち物パズルゲームである。

テトリス』(1984年)の開発者であるアレクセイ・パジトノフによる作品である。

1990年ファミリーコンピュータに移植された他、1991年にはPCエンジンゲームボーイPC-9801に移植された。

2004年に携帯電話コンテンツ会社のアルティからVアプリ用の携帯電話アプリとして配信された他、2006年にはジー・モードからも携帯電話アプリとして配信された。ジー・モードが配信したものは、ファンシーな感じにアレンジされておりキャラクターが追加されているほか、「タワーチェイン」という技を使うことが出来る。

ゲーム内容[編集]

2個一組でフィールドの上から落ちてくる帽子を方向レバーで左右に操作して積み重ね、同じ種類の帽子を5つ被せると消すことができる。帽子は6種類あり、それぞれ高さや同じ帽子を積み重ねた時の高さが異なる。積み重ねた帽子がフィールド最上部に達するとゲームオーバーとなる。なお、帽子の形状によって落下先の帽子と被せられる物とそうでない物がある(被せられれば、積み上がる高さは少し減少する)。そのため、同じ種類の帽子を被せられない場合、設置されている帽子の種類に応じて無駄に高く積み上げない方法を考える必要がある。

ステージをクリアするごとに、ボーナスとして「ショップ」(セール)を開くことができ、フィールド上の帽子を1種類だけ全て消すことができる。帽子を選択しなかった場合は、ボーナス点が入る。

ステージ選択はジュークボックスをイメージしたもので、全部で10ステージまである。そのためステージ音楽も異なる。また、ステージ開始前に全体の難易度をあらかじめ設定でき、帽子の初期設置数を6段階まで切り替えることができる。ステージを1周するとオーケストラが流れ、プレイした難易度に応じて演奏者が増加する。最高難易度をクリアするとエンディングが流れる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ハットリス 日本 199007061990年7月6日
アメリカ合衆国 1992年
ファミリーコンピュータ BPS BPS 1メガビット+64キロRAM
ロムカセット[1]
日本 BPS-JZ
2 ハットリス 日本 199105241991年5月24日
PCエンジン テンゲン マイクロキャビン 1メガビットHuCARD[2] MC 91002
3 ハットリス 日本 199107191991年7月19日
アメリカ合衆国 1991年
ゲームボーイ BPS BPS 512キロビットロムカセット 日本 DMG-HTA
アメリカ合衆国 DMG-HT-USA
通信ケーブル対応
4 ハットリス 日本 199110181991年10月18日
PC-9801 BPS BPS フロッピーディスク -
5 ハットリスDX 日本 2004年4月1日[3][4]
J-SH53V601SH
Vアプリ
アルティ アルティ ダウンロード -
6 ハットリス 日本 2006年4月12日[5][6]
256K、256K ver.2、vodafone3G
(Vアプリ)
ジー・モード ジー・モード ダウンロード
(テトリスコレクション)
-
7 ハットリス 日本 2006年
BREW対応機種
EZアプリ
ジー・モード ジー・モード ダウンロード
(テトリス&100円ゲーム)
-
ファミリーコンピュータ版 / Nintendo Entertainment System版
  • 日本のファミコン版と、北米で発売されたNES版では様々な差異がある。以下はファミコン版を基準にNES版での変更点を記載。
    • 社名ロゴとタイトル画面が変更。
    • メニュー画面の「STAGE」と「SHOP」の配置が左右逆になった。
    • プレイ中の画面デザインが大きく変更。ファミコン版は床に積み重ねていく形式だったが、NES版ではアーケード版と同様に人の頭に積み重ねていく。NEXTの場所も日本版は画面右上だったものが、NES版では画面上部に変更。その他の数値なども配置が全て異なっている。
    • 帽子のデザインが一部変更。低めのカウボーイハットが野球帽に、羽根付き帽子がテンガロンハットに変更され、山高帽、シルクハット、三角帽子、王冠もデザインが一部変わっている。
    • ボーナスが変更。ファミコン版では好きな帽子を売却する「セール」だったが、NES版では「好きな2列を入れ替える」「最下段の帽子を捨てていく」といったものになっている。
    • NES版ではスタッフロールクレジットを削除。
ゲームボーイ版
  • 「FIRE」の要素が加わっている。帽子を2つ同時に消すことでファイヤーボールのストック数を増やすことが出来、使うことで移動させる2つの帽子のうち片方がファイヤーボールになり、置いたところの帽子を燃やすことが出来る。また、ストック数が2の時に同時消しを行うと、次に降ってくる帽子のうち片方が兜になり、置いた縦1列を潰すことが出来る。この時、ファイヤーボールのストック数は0に戻る。ただし、王冠の帽子に限りファイヤーボールで燃やしたり兜で潰したりすることはできない。

スタッフ[編集]

アーケード版
ファミリーコンピュータ版
  • プログラミング:小林章
  • グラフィック:ハンス・ヤンセン
  • 音楽:鈴木宏
  • アディショナル・デザイン:ハンス・ヤンセン、まつかたてつや、小林章
  • クオリティ・アシュアランス:なんとしゅんいち、こばやしこうじ、かばさわたかひさ、やまだしょうたろう、B.P.S.ユーザーズグループ
  • プロデューサー:名越康晃
PCエンジン版、ゲームボーイ版
  • 音楽:鈴木弘司

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games88% (PCE)[7]
ファミ通25/40点 (FC)[8]
20/40点 (GB)[9]
ファミリーコンピュータMagazine18.07/30点 (FC)[1]
18.5/30点 (GB)[10]
月刊PCエンジン73/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン26/40点 (PCE)
PC Engine FAN19.11/30点 (PCE)[2]
(総合395位)
ACE915/1000点 (GB)[11]
Aktueller Software Markt5.8/12点 (GB)[11]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6、7、8、4の合計25点(満40点)となっており[8]、レビュアーからの評価としては、「テトリスで感じたショッキングな新鮮さはなくドクターマリオとは違うがテトリスより少しだけ複雑でプレイヤーの技量がプレーに関係しにくく偶然性がやや強めで運よく進めることがよくあるがブロックが帽子に変化したようなものでテトリスの影が濃すぎる」、「帽子の高さが鍵となるアイデアはいいがあまり活かされていない気がする」とテトリスとの類似性やゲーム性に関して否定的な意見が散見されたが、「テトリスのように誰も楽しめる」とする者や「爆発的にハマるほどでもない」とする者もおり賛否両論となった[8]。『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.07点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.65 3.00 3.10 3.22 3.08 3.02 18.07

エンターテインメント・ウィークリーはAの評価を与え「結論としてテトリス中毒を治す方法がある。ハットリスです。やめるのがさらに難しくなります。」とゲーム性に関して肯定的な評価を下している[12]

PCエンジン版

ゲーム誌『月刊PCエンジン』では70・70・70・75・80の平均73点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では5・7・8・6の合計26点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.11点(満30点)となっている[2]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で395位(485本中、1993年時点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.00 3.09 3.37 3.38 3.16 3.12 19.11
ゲームボーイ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計20点(満40点)[9]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.5点(満30点)となっている[10]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.7 3.1 3.2 3.2 3.2 3.1 18.5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコン ロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 323頁。
  2. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 136頁。
  3. ^ 太田亮三 (2004年4月1日). “アルティ、ボーダフォン向けに「ハットリスDX」” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2019年5月5日閲覧。
  4. ^ テトリス作者によるボーダフォン向け落ちものゲーム” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2004年3月31日). 2019年5月5日閲覧。
  5. ^ 船津稔 (2006年4月12日). “ジー・モード、Vアプリ「ハットリス」をリリース。パジトノフ氏の落ちものパズルがVアプリで登場” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年5月5日閲覧。
  6. ^ 重ねた帽子を消せ! 『ハットリス』がいよいよ配信” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2006年4月12日). 2019年5月5日閲覧。
  7. ^ Hatris for TurboGrafx-16 (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年6月25日閲覧。
  8. ^ a b c 「新作ゲームクロスレビュー」『ファミコン通信』、アスキー、1991年7月20日、 19頁。
  9. ^ a b ハットリス まとめ [ゲームボーイ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年9月5日閲覧。
  10. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 516頁、 ASIN B00J16900U
  11. ^ a b Hatris for Game Boy (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年6月25日閲覧。
  12. ^ “New videogames” (英語). EW.com. https://ew.com/article/1991/05/24/new-videogames/ 2018年11月3日閲覧。 

関連項目[編集]