ハッピー・ホーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハッピー・ホーガン
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Tales of Suspense #45 (1963年9月)
クリエイター スタン・リー
ドン・ヘック
作中の情報
フルネーム Harold "Harry" Hogan
種族 人間

ハロルド・"ハリー"・ホーガン (Harold "Harry" Hogan)、通称ハッピー・ホーガン (Happy Hogan) は、マーベル・コミックの世界に登場する、アイアンマンのサポートキャラクター。

経歴[編集]

元ボクサーのハッピーは、『Tales of Suspense』#45(1963年9月)でトニーの命を救ったことをきっかけに、彼の運転手兼個人秘書として雇われる。ハッピーは、『Tales of Suspense』 #70(1965年10月)でトニーがアイアンマンであると知る。

『Tales of Suspense』 #74 (1966年2月)で、医師がスタークの実験用の「Enervator」装置によって動かされたコバルト光線マシンを使用して彼を治療しようとしたとき、深刻な病気のハッピーはフリークという巨大で惨忍で超人的に強い人間型の生物に変異する。アイアンマンがフリークを止めるために到着する前に彼は逃げ、そして暴れ始める。

アイアンマンは実験室にフリークを連れ戻すが、パワーを使い果たして崩壊する。フリークはペッパー・ポッツに遭遇し、彼を見て気絶した彼女を運び去る。アイアンマンはペッパーを助け、再びフリークを研究室に連れてゆく。『Tales of Suspense』#76(1966年4月)でアイアンマンがもう一度Enervatorに彼をさらすと普通の身体を取り戻すが、『Tales of Suspense』#83(1966年11月)まで一時的な記憶喪失のために苦しめられる。

後にアイアンマンがアーマーを再建するのを助けている間、ハッピーは再びコバルト光線に露出されてフリークになった。フリークはアイアンマンを壁に叩きつけ、彼と共にペッパーを連れて行く。アイアンマンは再びハッピーをもとに戻すことができた。

コレクターは後に、自身のコレクションにフリークを追加する目的でハッピーとペッパーを誘拐する。

その後、ハッピーはアイアンマンのアーマーを着けているときに負傷し、スタークは、装置の欠陥が直ったと思って彼を救うのにEnervatorを使用する。するとまたしても装置は再びハッピーをフリークに変えた。彼が結局、臨界質量に達して、爆発するエネルギーで輝くことを引き起こし、コバルトに自分をさらした。スタークが再びハッピーEnervatorを使用して元に戻すまで、2度戦った。

彼は『Tales of Suspense』#91(1967年7月)でペッパー・ポッツと結婚するが、彼らは後に離婚する。

ハッピーは、スタークインダストリーズ、スタークエンタープライズ、およびスタークソリューションズを含むスタークのほぼすべての会社のために働いていた。しかしながら、トニー(アイアンマン)がオンスロートサーガの間いなくなったとき、ホーガンは、スターク・フジカワによって雇われるのを拒否するが、スタークが戻るとまた雇用される。 また、彼はペッパー・ポッツと再婚する。

シビル・ウォーの際に、かなりの道徳的で政治上、そして、感情的な問題をトニー・スタークは引き起こしており、ハッピー・ホーガンは、多くの必要なアドバイスをトニーに与え続けた。

他のバージョン[編集]

アマルガム・コミックス[編集]

アマルガム・コミックス・ユニバースでは、アイアンマンはDCコミックスグリーンランタンと合体してアイアンランタンとなる。アイアンランタンはスタークエアクラフトのオーナーのハル・スタークであり実験的な航空機の開発者である。スタークの主要な整備士はハッピー・カルマク(マーベルのハッピー・ホーガンとDCのトーマス・カルマクの合体)である。

ヒーローズリボーン[編集]

『ヒーローズリボーン』シリーズでは、ハッピー・ホーガンはスタークの広報チーフである。ペッパーとは軽い恋愛関係にある。

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメット・マーベルユニバースでは、ホーガンはアルティメッツシリーズでアイアンマンと共に登場する。彼は、頻繁にペッパー・ポッツと共にアイアンマンのアーマーのコントロールルームに現れる。

マイケル・ジャン・フリードマンによるスピンオフ小説のトゥモローマンで、ホーガンが長い間スタークと共に働いているが、彼が決して公式にMITの学位を得なかったことが明らかにされる。

MCU版[編集]

MCUでは、ジョン・ファヴローがトニー・スターク/アイアンマンとペッパー・ポッツの親友であるハロルド・“ハッピー”・ホーガンを演じる。

現時点で最も長くMCUに出演しているキャラクターの一人である[1]。現在の所、フリーク化やアイアンマンへの変身、ペッパーとの恋愛関係は描かれていない。日本語吹替は主に大西健晴が担当。

キャラクター像[編集]

多くの作品でスターク・インダストリーズCEO専属の運転手兼ボディガードとして登場するが、『アイアンマン3』ではスターク社本社屋の警備部長となっている。

トニーに振り回されたり、また彼自身も身近な者を振り回してしまうことが稀にあるなど、やや三枚目的ながらも、几帳面で人情に厚い男である。トニーの自動車コレクションの利用を許されており[2]、1999年時の髪型はオールバックで、トニーから「マレットヘアー」と揶揄されていた。

また、好きなテレビドラマは、『ダウントン・アビー』である。

能力[編集]

ロールスロイス・ファントムをはじめとする自動車運転技術と、がっしりした体格から繰り出されるアマチュアボクサーとしての戦闘スキルは確かで、本気を出せば1対1で屈強な男をノックアウトできるほどの実力を持つ。スターク社本社屋警備部長となってからは、不審者に用心深くなるほど第六感のような感覚を養った[2]

各作品での活躍[編集]

アイアンマン
日本語吹替 - 大西健晴(劇場公開版)、落合弘治テレビ朝日版)
本作でMCU初登場。しかし出番や台詞は次回作以降に比べて少なく、スターク社の空港へアウディ・R8を運転するトニーとの競争シーンと、アフガニスタンから帰還したトニーをペッパーと迎えてスターク社へ運転するシーン、スターク社でオバディア・ステインにトニーの居所を伝えるシーンにのみ登場する。
アイアンマン2
日本語吹替 - 大西健晴(劇場公開版)、落合弘治(テレビ朝日版)
物語前半でトニーのボクシングコーチも務めるが、トニーの反則技やナタリー(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)の関節技をもろに喰らったり、モナコではイワン・ヴァンコ/ウィップラッシュに襲われたトニーを救うために、運転する自動車でヴァンコを弾き続けた代わりに、トニーへアイアンマン マーク5譲渡をしづらくしてしまったり、ハマー・インダストリーズ本社研究所へ向かう道中で運転中の後部座席で臆面なく着替えるナターシャに目を奪われて事故を起こしかけるなど、コミカルな様子を見せた。
トニーとローディが殴り合いを繰り広げた際には、ペッパーを巻き込まないように逃がし、ナターシャと共に向かったハマー社研究所では、得意のボクシングで警備員の男1人に挑み、苦戦しながらも倒すなどの活躍も披露する。
アイアンマン3
日本語吹替 - 大西健晴
本作では「アイアンマンの運転手」とバカにされることに嫌気がさし、運転手兼ボディガードを降りた代わりに、ペッパーの計らいによってスターク社本社屋警備部長へと昇進している[2]
これまでの三枚目的な一面が影を潜め、本社屋内の人々に口を酸っぱくしてまでIDバッジ着用を呼びかけ、従業員を削減しロボットに警備を任せようと提案するなど、周囲から煙たがられるほどセキュリティにうるさい男となった[注釈 1]。そのため、ペッパーによれば社員からの苦情が3倍にはね上がったらしい。同時にトニーには、“上司と部下”の間柄でなくなったため、完全に対等な話し方をするように変わった。
スターク社を訪ねたアルドリッチ・キリアンとエリック・サヴィンに不審感を覚え、彼らを尾行し、チャイニーズ・シアターでサヴィンとジャック・タガートの取引を目撃し、タガートからサヴィンと取引した物をすり取るが、サヴィンに気付かれて立ち向かう。しかしサヴィンの驚異的な力に圧倒された挙句、タガートの自爆に巻き込まれ、意識不明で瀕死の重傷を負ってしまった。
それから病院で意識が回復しない状態が続いたが、物語のラストで目を覚まし、傍にいた看護師と2人で『ダウントン・アビー』を視聴する。
スパイダーマン:ホームカミング
日本語吹替 - 大西健晴
本作では、重傷が完治した代わりに後遺症で心臓を悪くしている。同時にトニーの運転手に戻っており、再び上司と部下の間柄となったためか、話し方も対等ではなくなっている。
ピーター・パーカー/スパイダーマンのお目付け役兼アベンジャーズ・タワーの引っ越しの管理を行っており、トニー曰く資産管理部の部長の席に就こうとトニーに相談している様子である。それに加えて引っ越しが忙しいせいもあり、これまでに比べて少々無愛想になっている。そのためか、ピーターの毎日送られてくる矢のような活動報告にもうんざりしており、彼に対してもかなり冷たく、これがピーターを苛立たせる原因になってしまう。
しかしエイドリアン・トゥームス/バルチャーによる物資強奪計画をピーターが阻止したことによって、ピーターへの接し方を改めるようになり、彼をアベンジャーズ・コンパウンドへと案内する。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、直接登場はしていないものの、本作のブルーレイに収録された未公開シーンでは本編冒頭のトニーとペッパーの会話中に登場している。

アベンジャーズ/エンドゲーム
日本語吹替 - 大西健晴
本作では、すべての事態が終結した後に行われた、トニーの葬儀に参列するのみの登場となった。遺されたトニーの長女モーガンに「何か食べたい?」と問うと、彼女が「チーズバーガー」と答えたため、「パパ(トニー)の大好物だった」と教える[注釈 2]
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
日本語吹替 - 大西健晴

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

出版[編集]

  • Avengers vol. 1 #9, 16
  • Avengers vol. 3 #28
  • Black Panther vol. 3 #42
  • Force Works #8, 10
  • Iron Man vol. 1 #3–4, 21, 26, 59, 61, 63–66, 69–71, 73, 82–83, 86–88, 112, 199–201, 210, 259, 284, 300, 313, 315, 318–319, 327–329
  • Iron Man vol. 3 #2–9, 11–18, 20, 23–25, 28–29, 37–39, 41–42, 45–47, 49–51, 59–63, 65–69, 79, 86–89
  • Iron Man vol. 4 #13–14
  • Iron Man/Captain America '98
  • Iron Man: Age of Innocence #1
  • Iron Man: Bad Blood #1, 3–4
  • Iron Man: The Inevitable #1, 3
  • Marvel: Heroes & Legends #2
  • Shadow & Light #1
  • Spider-Man Team Up #4
  • Tales of Suspense vol. 1 #45–48, 60–61, 63–71, 73, 76, 82–87, 89, 91
  • Untold Tales of Spider-Man '97
  • Warlock vol. 3 #2

アイアンマンとして

  • Iron Man vol. 1 #82–83, 300
  • Tales of Suspense vol. 1 #84–86

フリークとして

  • Iron Man vol. 1 #3–4, 84–85
  • Tales of Suspense vol. 1 #74–75

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本人は苦情が増えても「嫌われるのもこの仕事だ」と割り切っている。
  2. ^ 『アイアンマン』でアフガニスタンから帰国したトニーがバーガーキングのチーズバーガーを食べるシーンがある。

参考[編集]

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6。