ハッピー・マニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハッピー・マニア
ジャンル ヤング・レディース恋愛漫画
漫画
作者 安野モヨコ
出版社 祥伝社
掲載誌 FEEL YOUNG
レーベル FEEL COMICS GOLD
発表期間 1995年 - 2001年
巻数 全11巻
漫画:後ハッピー・マニア
作者 安野モヨコ
出版社 祥伝社
掲載誌 FEEL YOUNG
レーベル FEEL COMICS
発表号 2019年10月号 -
発表期間 2019年9月6日 -
巻数 既刊2巻(2021年4月24日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ハッピー・マニア』(Happy Mania)は、安野モヨコによる日本漫画作品。『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて1995年より2001年まで連載された[1]。単行本が全11巻、文庫では全6巻、新装版は全8巻。2020年12月時点でシリーズ累計発行部数は330万部を突破している[2]

また、同作を原作としたテレビドラマフジテレビ系で1998年7月8日から9月23日まで毎週水曜日22:00 - 22:54に放送された。稲森いずみが連続ドラマ初主演。

2017年、同誌8月号で続編となる『後ハッピー・マニア』の読み切りを掲載後[3]、2019年10月号より連載中[4]。「このマンガがすごい!2021」オンナ編2位受賞[5]

あらすじ[編集]

重田加代子(愛称:シゲカヨ)は、自分だけ恋人がいないことに日々悩んでいた。理想の恋人を求めて突っ走るが、いつも何かに引っ掛かる。しかし失敗しても、すぐに立ち直りスタートに戻る。そんな彼女に振り回されるのが、シゲカヨの年上の親友・福永ヒロミ(愛称:フクちゃん)である。「そんな男に引っ掛かちゃダメよ」と言うが、実は自身もここ数年いい男が目の前に現れない。果たして、2人の「しあわせさがし」の行方は?

登場人物[編集]

重田 加代子(しげた かよこ) / シゲタ
主人公。男を見る目がなく、失敗が多い。
高橋 修一(たかはし しゅういち) / タカハシ
シゲタのアルバイト先の同僚。シゲタを慕っている。厳しい家の育ち。
福永 ヒロミ(ふくなが ひろみ) / フクちゃん
シゲタの親友。重田に客観的なアドバイスをすることが多い。
藤堂 秀樹(とうどう ひでき) / ヒデキ
フクちゃんと知り合った男性。

テレビドラマ[編集]

  • 放送期間:1998年7月8日 - 9月23日
  • 放送時間:水曜日22:00 - 22:54
  • 放送回数:12回
  • 平均視聴率:16.8%

出演者[編集]

その他[編集]

出演協力[編集]

スタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

受賞歴[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
1 1998年7月08日 恋の暴走機関車!! 20.8%
2 1998年7月15日 女25才の夏が腐っていく!! 17.0%
3 1998年7月22日 恋の底引き網漁法 18.5%
4 1998年7月29日 今夜は本物の恋愛ドラマ 17.1%
5 1998年8月05日 最後に笑う仕事命の女!! 16.4%
6 1998年8月12日 しまった!! 完全不倫宣言 14.7%
7 1998年8月19日 さよならタカハシ 15.4%
8 1998年8月26日 対に女の友情も破壊!! 16.8%
9 1998年9月02日 祝!! フクちゃんの結婚式 18.1%
10 1998年9月09日 悲劇ヒデキ!! 成田前離婚 不明
11 1998年9月16日 失礼な!! 嫁不適格だと!? 15.6%
12 1998年9月23日 愛の大ドンデン返し!! 16.2%

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • 安野モヨコ『ハッピー・マニア』祥伝社〈FEEL COMICS GOLD〉、全11巻
    1. 1996年4月8日発売、ISBN 4-396-76148-1
    2. 1996年8月8日発売、ISBN 4-396-76153-8
    3. 1996年12月13日発売、ISBN 4-396-76158-9
    4. 1997年7月8日発売、ISBN 4-396-76166-X
    5. 1998年2月12日発売、ISBN 4-396-76175-9
    6. 1998年8月7日発売、ISBN 4-396-76187-2
    7. 1999年2月8日発売、ISBN 4-396-76195-3
    8. 1999年9月24日発売、ISBN 4-396-76209-7
    9. 2000年4月20日発売、ISBN 4-396-76220-8
    10. 2000年11月13日発売、ISBN 4-396-76237-2
    11. 2001年10月20日発売、ISBN 4-396-76257-7
  • 安野モヨコ『後ハッピー・マニア』祥伝社〈FEEL COMICS〉、既刊2巻(2021年4月24日現在)
    1. 2020年8月6日発売[6]ISBN 978-4-396-76795-2
    2. 2021年4月24日発売、ISBN 978-4-396-76823-2

文庫版[編集]

  • 安野モヨコ『ハッピー・マニア』祥伝社〈祥伝社コミック文庫〉、全6巻
    1. 2001年5月25日発売、ISBN 4-396-38001-1
    2. 2001年5月25日発売、ISBN 4-396-38002-X
    3. 2001年9月25日発売、ISBN 4-396-38004-6
    4. 2001年9月25日発売、ISBN 4-396-38005-4
    5. 2002年2月25日発売、ISBN 4-396-38008-9
    6. 2002年2月25日発売、ISBN 4-396-38010-0

新装版[編集]

  • 安野モヨコ『ハッピー・マニア』祥伝社〈FEEL COMICS〉、全8巻
    1. 2009年7月8日発売[7]ISBN 978-4-396-76465-4
    2. 2009年7月8日発売、ISBN 978-4-396-76466-1
    3. 2009年8月8日発売、ISBN 978-4-396-76468-5
    4. 2009年9月8日発売、ISBN 978-4-396-76472-2
    5. 2009年10月8日発売、ISBN 978-4-396-76474-6
    6. 2009年11月7日発売、ISBN 978-4-396-76478-4
    7. 2009年12月8日発売、ISBN 978-4-396-76481-4
    8. 2010年1月8日発売、ISBN 978-4-396-76483-8
    • 2020年、『後ハッピーマニア』第1巻の刊行を記念し、新帯で発売された[8]

イラスト集[編集]

  • 安野モヨコ『ハッピー・マニアイラスト集』祥伝社〈FEEL COMICS〉、1999年2月発売、ISBN 4-396-76194-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「後ハッピーマニア」特集 安野モヨコインタビュー”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/pp/gohappymania 2021年2月16日閲覧。 
  2. ^ フィール・ヤング編集部 Twitter” (2020年12月7日). 2020年12月13日閲覧。
  3. ^ “45歳のシゲタ描く「後ハッピーマニア」がFYに!「あなそれ」は最終回”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年7月7日). https://natalie.mu/comic/news/239746 2021年2月16日閲覧。 
  4. ^ “「ハッピー・マニア」続編が本格始動!タカハシがシゲタに「離婚して下さい」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月6日). https://natalie.mu/comic/news/346495 2021年2月16日閲覧。 
  5. ^ 「FEEL YOUNG」編集部に訊く、漫画を通して伝えたい想い 「理想を描くことで現実世界にも何かしらの影響が返ってくるはず」(リアルサウンド)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年3月24日閲覧。
  6. ^ “45歳のシゲタ、タカハシのせいで離婚危機?安野モヨコ「後ハッピーマニア」1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月6日). https://natalie.mu/comic/news/390813 2021年2月16日閲覧。 
  7. ^ “「ハッピー・マニア」新装版&「カメレオン・アーミー」文庫版発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年6月24日). https://natalie.mu/comic/news/17960 2021年2月16日閲覧。 
  8. ^ “45歳のシゲタ描く安野モヨコ「後ハッピーマニア」1巻発売、新装版は新帯で登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月3日). https://natalie.mu/comic/news/390272 2021年2月16日閲覧。 
フジテレビ 水曜22時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ショムニ(第1シリーズ)
(1998.4.15 ‐ 1998.7.1)
ハッピーマニア
(1998.7.8 ‐ 1998.9.23)
板橋マダムス
(1998.10.14 ‐ 1998.12.16)