ハドソン・ストリート (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

経路図:

ウィキデータにあるKML
グローヴ・ストリート (Grove Street) とクリストファー・ストリート (en) の間のハドソン・ストリート
トライベッカ内を走るハドソン・ストリート
旧NYMEXビル

ハドソン・ストリート (Hudson Street) は、ニューヨーク市マンハッタンを南北に走る通りである。南はハドソン・ストリートから、ハドソン・スクエアグリニッジ・ヴィレッジを通過し、北はミートパッキング・ディストリクト (en) までを走る。

経路[編集]

ハドソン・ストリートはアビングドン・スクエア (en) の地点、8番街およびブリーカー・ストリートとの交差点で進行方向が異なる二つの区間に分かれる。ハドソン・ストリートのアビングドン・スクエアより南の区間は北行きの一方通行であり、ウエスト・ブロードウェイ (en) およびチェンバーズ・ストリートの交差点から始まる。アビングドン・スクエアの地点で、交通は8番街と接続する。一方、アビングドン・スクエアより北の区間では、ハドソン・ストリートは14丁目から8番街までを走る。14丁目の地点で9番街からの南行きの交通はこの通りに分岐する。14丁目のすぐ南の区間はミートパッキング・ディストリクト (en) のメインストリートの一つである。アビングドン・スクエアの地点で、ハドソン・ストリートはブリーカー・ストリートと合流する。

建築[編集]

以前のニューヨーク・マーカンタイル取引所ビルはトライベッカのハドソン・ストリートとハリソン・ストリート (Harrison Street) の交差点にあった。ハドソン・ストリート沿いの他の著名な建物はセント・ルーク教会 (en) とその庭園、ホワイト・ホース・タバーン (en)(詩人のディラン・トマスがこのバーで酩酊し倒れ、その後死亡した)、およびラジオ局WQHT (en, "Hot 97") の本社(2005年に50セントゲームの側近が銃撃戦を繰り広げた他、幾つかの発砲事件が起こった)がある[1]。この通りはピアソンが所有するペンギン・グループのアメリカ本社の所在地でもある。

交通[編集]

アップタウンM20バスは、Harrison Streetからハドソン・ストリートのアビングドン・スクエアの地点まで、さらに8番街を北へと運行している。

クリストファー・ストリート (en) PATH地下鉄駅はハドソン・ストリートのすぐ西のクリストファー・ストリート (en) に位置している。

キャナル・ストリート近くのセント・ジョンズ・パーク (en) はホランド・トンネルへと通じる出入り口であり、ハドソン・ストリートはその主要なアクセスである。

2007年12月、自転車道がこの通りに設けられた。北の区間は9番街からブリーカー・ストリートをつないでいる。

著名な住人[編集]

  • 作家で活動家のジェイン・ジェイコブズは555 Hudson Streetのキャンディ・ショップの上階に住んでいた。[2]。彼女はロバート・モーゼスによるロウアー・マンハッタン・エクスプレスウェイ (en) 建設計画の反対運動を行った。この道路工事はグリニッジ・ヴィレッジのハドソン・ストリート沿い14ブロックを解体する予定であった。彼女の著作en:The Death and Life of Great American Citiesはこのアパートで記され、窓から見える日々の様子を綴っていた。
  • ゴルファーのタイガー・ウッズは2010年8月下旬にハドソン・ストリートに引っ越してきた[3]
  • 作家のen:John Cheeverはハドソン・ストリートの寄宿舎に1930年代に住んでいた[4]

大衆文化におけるハドソン・ストリート[編集]

出典[編集]

脚注