ハナ肇の一発大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハナ肇の一発大冒険』(はなはじめのいっぱつだいぼうけん)は、1968年松竹渡辺プロダクションが制作、公開した山田洋次監督の映画。山田とハナ肇コンビによる「一発シリーズ」の第二弾。倍賞千恵子演じる謎めいた若い美女に心惹かれながら、どこまでも彼女を守り、助けようとする気のいい中年オヤジをハナ肇が演じ、明るく軽快な娯楽喜劇に仕上がっている。

ストーリー[編集]

東京のとある下町商店街で精肉店を営む間貫一は、ある土曜日、外回りの途中で立ち寄ったレストランで、謎の美女と知り合う。ドライブに出た二人は、怪しげな二人組に追われる。京都を目指し、逃げる女に付き合う間。横浜、富士、静岡と、行く先々で事件に巻き込まれる二人。とうとう日本アルプスで殺人犯に命を狙われ・・・。

スタッフ[編集]

  • 監督:山田洋次
  • 脚本:山田洋次 宮崎晃
  • 製作:脇田茂
  •  
  • 撮影:高羽哲夫
  • 美術:重田重盛
  • 音楽:坂田晃一
  • 照明:青木好文
  • 編集:石井厳
  • 録音:小尾幸魚
  • 調音:佐藤広文
  • 監督助手:大嶺俊順
  • 装置:川添善治
  • 進行:池田義徳
  • 現像:東京現像所
  • 製作主任:内藤誠
  • 映倫:15180
  • 松竹・渡辺プロ作品
  •  
  •  
  •  
  •  
  • スタッフ本編クレジット表記順 
  •  

キャスト[編集]

関連項目[編集]