ハニ・ヤヒーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハニ・ヤヒーラ
基本情報
本名 ハニ・アマジ・ヤヤ
(Rani Ahmad Yahya)
通称 千の技を持つ男
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1984-09-12) 1984年9月12日(34歳)
出身地 ブラジリア
所属 アタイジジュニア柔術
→コンストリクター・チーム
身長 169cm
体重 61kg
リーチ 170cm
階級 フェザー級バンタム級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2005 ロングビーチ 66kg級
2007 トレントン 66kg級

ハニ・ヤヒーラRani Yahya1984年9月12日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家ブラジリア出身。コンストリクター・チーム所属。

川崎浩市によりHERO'Sにブッキングされた。「ヒクソンの弟子」というニックネームで呼ばれたが、ヤヒーラの先生であるアタイジがエリオの直系の弟子であったためADCC出場時にセコンドについていたため勝手にヒクソンの弟子と言う肩書きを付けた、それ以前からブラジルを代表する実力者だった。ヤヒーラ自身はヒクソンを尊敬している。

来歴[編集]

10歳からアタイジ・ジュニオールの元でブラジリアン柔術を始めた。

2003年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。1回戦に勝利するものの、2回戦でレオナルド・ヴィエイラに敗北。

2005年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。準決勝でマーシオ・フェイトーザに判定勝ちするものの、決勝ではまたしてもレオナルド・ヴィエイラに判定負け。

2005年12月11日、D.O.G IVで初来日し、メインイベントで中原太陽に変型スリーパーホールド(ノースサウスチョーク)で一本勝ち。なお、67kg以下契約であったが、ヤヒーラは3kg体重オーバーしていた。(試合当日の来日であった)

2006年2月4日、MARS矢野卓見と対戦し、三角絞めで一本勝ち。

HERO'S[編集]

2006年5月3日、HERO'Sミドル級(-70kg)トーナメント1回戦で上山龍紀と対戦し、オファーを受けたのが前日という緊急参戦にもかかわらず、2-0の判定で上山を下した。

2006年8月5日、HERO'Sミドル級(-70kg)トーナメント準々決勝で安廣一哉と対戦し、変型チョークスリーパーで一本勝ち。

2006年10月9日、HERO'Sミドル級(-70kg)トーナメント準決勝でJ.Z.カルバンと対戦し、フロントチョークで一本負け。

2007年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。準決勝でバレット・ヨシダに勝利し、決勝ではレオナルド・ヴィエイラにチョークスリーパーで一本勝ち、リベンジを果たし優勝を飾った。

WEC[編集]

2007年6月3日、WEC初参戦となったWEC 28でマーク・ホーミニックと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2007年9月5日、WEC 30の世界バンタム級タイトルマッチで王者チェイス・ビービーと対戦。1Rはグラウンドで優勢に立ったが、徐々にスタミナが切れ失速。5分5Rを戦い抜いたが、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!山本"KID"徳郁と対戦。スタンドでKIDをふらつかせる場面もあったが、最後はパンチラッシュでKO負け。試合前の計量で体重超過し、イエローカードが提示された(減点1およびファイトマネー30%カット)。

2008年11月5日、WEC 36で前田吉朗と対戦。計量では2ポンドオーバーしたが、前田が137ポンドでの試合を了承したため再計量無しで試合に臨み、試合ではフロントチョークで一本勝ちを収めた。

2009年4月5日、WEC 40エディ・ワインランドと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年8月9日、WEC 42でジョン・ホスマンと対戦し、ノースサウスチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年9月、アブダビコンバット2009・66kg未満級に出場。1回戦で八隅孝平、2回戦でジェフ・グローバーに勝利したものの[1]、準決勝でフーベンス・シャーレスにキムラロックで一本負け、負傷のため3位決定戦を辞退した[2]

2009年12月19日、WEC 45ジョセフ・ベナビデスと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した[3]

2010年4月24日、WEC 48水垣偉弥と対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

UFC[編集]

2011年1月22日、UFC初参戦となったUFC: Fight for the Troops 2マイク・トーマス・ブラウンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]。当初はジョン・チャンソンと対戦予定だったが、チャンソンが怪我で欠場したため、対戦相手がブラウンに変更された。

2011年8月6日、UFC 133チャド・メンデスと対戦し、0-3の判定負け[6]

2013年3月3日、日本で開催されたUFC on Fuel TV 8廣田瑞人と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2015年7月15日、UFC Fight Night: Mir vs. Duffee金原正徳と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
26 0 20 6 0 0 1
9 2 1 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× リッキー・シモン 5分3R終了 判定0-3 UFC 234: Adesanya vs. Silva 2019年2月10日
ルーク・サンダース 1R 1:31 ヒールホールド UFC Fight Night: Gaethje vs. Vick 2018年8月25日
ラッセル・ドーン 3R 2:32 肩固め UFC on FOX 28: Emmett vs. Stephens 2018年2月24日
エンリー・ブリオネス 1R 2:01 キムラロック UFC Fight Night: Pettis vs. Moreno 2017年8月5日
× ジョー・ソト 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelum 2017年3月11日
田中路教 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Cyborg vs. Lansberg 2016年9月24日
マシュー・ロペス 3R 4:19 肩固め UFC Fight Night: McDonald vs. Lineker 2016年7月13日
金原正徳 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Mir vs. Duffee 2015年7月15日
ジョニー・ベッドフォード 2R 2:04 キムラロック UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovski 2014年9月13日
ジョニー・ベッドフォード 1R 0:39 ノーコンテスト(バッティング) UFC Fight Night: Nogueira vs. Nelson 2014年4月11日
× トム・ニーニマキ 5分3R終了 判定1-2 The Ultimate Fighter 18 Finale 2013年11月30日
ジョシュ・クロプトン 5分3R終了 判定3-0 UFC 163: Aldo vs. Korean Zombie 2013年8月3日
廣田瑞人 5分3R終了 判定3-0 UFC on Fuel TV 8: Silva vs. Stann 2013年3月3日
ジョシュ・グリスピ 1R 3:15 ノースサウスチョーク UFC on FOX 4: Shogun vs. Vera 2012年8月4日
× チャド・メンデス 5分3R終了 判定0-3 UFC 133: Evans vs. Ortiz 2011年8月6日
マイク・トーマス・ブラウン 5分3R終了 判定3-0 UFC: Fight for the Troops 2 2011年1月22日
× 水垣偉弥 5分3R終了 判定0-3 WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
× ジョセフ・ベナビデス 1R 1:35 TKO(右フック→パウンド) WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
ジョン・ホスマン 1R 2:08 ノースサウスチョーク WEC 42: Torres vs. Bowles 2009年8月9日
エディ・ワインランド 1R 1:07 チョークスリーパー WEC 40: Torres vs. Mizugaki 2009年4月5日
前田吉朗 1R 3:30 フロントチョーク WEC 36: Faber vs. Brown 2008年11月5日
× 山本"KID"徳郁 2R 3:11 KO(スタンドパンチ連打) K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! 2007年12月31日
× チェイス・ビービー 5分5R終了 判定0-3 WEC 30: McCullough vs. Crunkilton
【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】
2007年9月5日
マーク・ホーミニック 1R 1:19 チョークスリーパー WEC 28: Faber vs. Farrar 2007年6月3日
ルイ・モレノ 1R 0:23 フロントチョーク PFC 2: Fast and Furious 2007年3月22日
× J.Z.カルバン 1R 0:39 フロントチョーク HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2006年10月9日
安廣一哉 1R 1:08 変型チョークスリーパー HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2006年8月5日
イーベン・カネシロ 3R チョークスリーパー Universal Above Ground Fighting: Kaos on the Kampus 2006年5月20日
上山龍紀 5分2R終了 判定2-0 HERO'S 2006 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2006年5月3日
矢野卓見 3R 2:14 三角絞め MARS in 有明 2006年2月4日
中原太陽 1R 1:59 変型スリーパーホールド D.O.G IV 2005年12月11日
ファビオ・アウベス 1R 肩固め K-1 Brazil: Next Generation 2004年10月30日
× フレジソン・パイシャオン 3分5R終了 判定0-3 Jungle Fight 2 2004年5月15日
ルシアーノ・サントス チキンウィングアームロック TNT Vale Tudo 2
【決勝】
2004年4月17日
ムジーラ 腕ひしぎ十字固め TNT Vale Tudo 2
【準決勝】
2004年4月17日
ファビオ・アウベス ペルヴィアン・ネクタイ TNT Vale Tudo 2
【1回戦】
2004年4月17日
ジュニオール・ペバ 1R 1:30 肩固め Kallifas Vale Tudo 2002年9月14日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フーベンス・シャーレス キムラロック ADCC 2009
【66kg未満級 準決勝】
2009年9月27日
ジェフ・グローバー ポイント ADCC 2009
【66kg未満級 2回戦】
2009年9月26日
八隅孝平 肩固め ADCC 2009
【66kg未満級 1回戦】
2009年9月26日
ギルバート・メレンデス ポイント12-2 トーナメント・オブ・プロズ 2006年4月15日


獲得タイトル[編集]

  • 第5回アブダビコンバット・ブラジル予選 66kg未満級 優勝(2003年)
  • TNT Vale Tudo 2 優勝(2004年)
  • 第6回アブダビコンバット 66kg未満級 準優勝(2005年)
  • 第7回アブダビコンバット 66kg未満級 優勝(2007年)

表彰[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]