ハネウェル LF 507

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RJ85に装備されたLF 507

ハネウェル LF 507ライカミングアライドシグナルを経て、現在はハネウェル・エアロスペースで生産されるギヤードターボファンエンジンである。ALF 502の推力増強型でブリティッシュ・エアロスペース BAe 146を改良したアブロ RJに搭載される。

搭載機[編集]

仕様 (LF 507-1H)[編集]

一般的特性

  • 形式: 高バイパスギヤードターボファン
  • 全長: 65.5 in(166 cm)
  • 直径: ファン 40.25 (102 cm)
  • 乾燥重量: 1,385 lb(628 kg)

構成要素

性能


関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
文献
  • Leyes, Richard A., II; William A. Fleming (1999). The History of North American Small Gas Turbine Aircraft Engines. Reston, VA: American Institute of Aeronautics and Astronautics. ISBN 1-56347-332-1.