ハネウマライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルノグラフィティ > ハネウマライダー
ハネウマライダー
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『m-CABI
B面 ジューンブライダー
タネウマライダー
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一(作詞 #1,3)
ak.homma(作曲 #1,3)
岡野昭仁(#2)
プロデュース 田村充義
本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン[1]
  • 2006年度年間44位(オリコン)[2]
  • 登場回数27回(オリコン)[1]
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    ジョバイロ/DON'T CALL ME CRAZY
    2005年
    ハネウマライダー
    (2006年)
    Winding Road
    (2006年)
    m-CABI 収録曲
    m-NAVI 1 "Ride on!! Blue vehicle!"
    (1)
    ハネウマライダー
    (2)
    BLUE SKY
    (3)
    PORNO GRAFFITTI BEST ACE 収録曲
    ハネウマライダー
    (1)
    ギフト
    (2)
    ミュージックビデオ
    「ハネウマライダー(short ver.)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ハネウマライダー」は、ポルノグラフィティの20枚目のシングル2006年6月28日SME Recordsから発売された。

    概要[編集]

    収録された楽曲のタイトル全てが「○○ライダー」で終わるように韻を合わせている。これは 『収録曲は「ライダーしばりでいこう」』というメンバーの発案によるもので、その発案通りにタイトル先行で「ハネウマライダー」「タネウマライダー」「ジューンブライダー」の順に製作された。

    本作の全楽曲に亀田誠治東京事変)がベースで参加。亀田の起用は共演したライブイベントにてポルノグラフィティからオファーがあったことから実現した。また、本作よりレコーディングでの演奏者がクレジットに表記されるようになった。

    2012年1月25日ソニー・ミュージックによりYouTubeにポルノグラフィティの公式チャンネルが開設され、「ハネウマライダー」のビデオクリップが公開された[3][4][5]

    オリコンチャートではENDLICHERI☆ENDLICHERIThe Rainbow Star」(初動11.2万枚)とわずか893枚差となる初動11.1万枚で僅差の2位となった。

    収録曲[編集]

    全編曲:ak.homma・ポルノグラフィティ

    1. ハネウマライダー(4:50)
      ポカリスエットのCMソングに起用されたのは「ミュージック・アワー」以来約6年ぶりで、CMは発売の4か月前(2006年3月上旬)から放送されていた。リリース後は、観客がタオルを振り回して盛り上がる、ライブの定番ソングとなった[6]
      歌詞はダブル・ミーニングで書かれており、タイトルは歌詞の主人公と旅立ちを共にするバイクを表している[6]。なお、ライブにおいて歌詞の「例えば君と」は、昭仁により会場や地名などに変更されることがある[6][7]
      プロモーションビデオに出てくる女性3人[3]はこのシングルの曲を表している。なお、登場しているバイクはイギリスのバイクメーカー「トライアンフ」の車両でDAYTONA 675、SPRINT ST、SPEED TRIPLEである。
      この曲で『第57回NHK紅白歌合戦』に3年連続5回目の出場を果たした。
    2. ジューンブライダー(4:53)
      語源は「ジューンブライド」であり、タイトルは上記の「ライダーしばり」による駄洒落となっている。「ジューンブライダー」になる前は、「会えない時は」という仮タイトルが付けられていた。
      6月リリースということもあり、「結婚」を題材に取った曲。
    3. タネウマライダー (4:06)
      • 作詞:新藤晴一、作曲:ak.homma
      インターネットでの紹介文には「活きのいいサラリーマンに贈る」と書かれている。
      彼らの曲ではめずらしく「I call」 が「aiko」、「Would main」が「運命」など、英語詞が日本語(主に女性の名前)に聞こえる言葉遊びの要素がある。

    演奏参加[編集]

    ポルノグラフィティ
    岡野昭仁:ボーカルコーラス
    新藤晴一:ギター
    「ハネウマライダー」
    「ジューンブライダー」
    • ドラムス:村石雅行
    • ベース:亀田誠治
    • シンセサイザー:飯田高広
    • ストリングス:NAOTO Strings
    • エレクトリックギター サウンドデザイナー:遠藤太郎
    • その他全ての音源:ak.homma
    「タネウマライダー」
    • ドラムス:村石雅行
    • ベース:亀田誠治
    • パーカッション:新日本プロホイッスルのみなさん
    • シンセサイザー:飯田高広
    • エレクトリックギター サウンドデザイナー:遠藤太郎
    • その他全ての音源:ak.homma

    タイアップ[編集]

    収録アルバム[編集]

    出典[編集]

    1. ^ a b ハネウマライダー ポルノグラフィティのプロフィールならオリコン芸能事典”. ORICON STYLE. オリコン (2013年2月6日). 2013年2月20日閲覧。
    2. ^ you大樹”. オリコン (2013年2月6日). 2013年2月20日閲覧。
    3. ^ a b pornograffittiSMEJ (2012年1月25日). “ポルノグラフィティ 『ハネウマライダー』”. ポルノグラフィティ Official YouTube Channel. YouTube. 2012年2月7日閲覧。
    4. ^ アミューズホームページ編集部 (2012年1月24日). “☆☆「ポルノグラフィティOfficial YouTube Channel」開設!☆☆”. INFORMATION. AMUSE INC.. 2012年2月7日閲覧。
    5. ^ love up! スタッフ (2012年1月24日). “いよいよ、「2012Spark」ビデオクリップ解禁!!”. スタッフレポート. 2012年2月7日閲覧。
    6. ^ a b c "ポルノグラフィティスペシャルライブ". KDDI presents Music Lovers 〜一夜限りのスペシャルライブ〜. 日本テレビ. 2012年3月25日放送. [リンク切れ]
    7. ^ ライブおよびライブDVD/BD『ポルノグラフィティ 10th LIVE CIRCUIT "ロイヤルストレートフラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009
    「ハネウマライダー」の調
    前奏・A1・B1 サビ1 間奏1・A2・B2 サビ2
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)

    間奏2 Cメロ・大サビ 後奏
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    C-major a-minor.svgイ短調
    (Am)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)