ハノーファー条約 (1710年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハノーファー条約(1710年)
署名 1710年7月3日
締約国 ロシア・ツァーリ国ブラウンシュヴァイク=リューネブルクハノーファー家
主な内容 同盟
テンプレートを表示

ハノーファー条約(ハノーファーじょうやく、英語: Treaty of Hanover)は、大北方戦争中の1710年7月3日に締結された条約。

条約により、ロシア・ツァーリ国ブラウンシュヴァイク=リューネブルクハノーファー家)の同盟が成立した。

この条約が締結されたとき、ハノーファーは神聖ローマ帝国内の小国だったが、ハノーファー選帝侯ゲオルク1世ルートヴィヒは後にグレートブリテン王になる。

参考文献[編集]

  • Iskenderov, Akhmed Akhmedovich; Raleigh, Donald J. (1996). The emperors and empresses of Russia. Rediscovering the Romanovs. The New Russian history. Sharpe. p. 20. ISBN 1-56324-759-3