ハピナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ハピナス
全国
ミルタンク - ハピナス(#242) - ライコウ
ジョウト
ラッキー - ハピナス(#223) - ラプラス
シンオウ
ラッキー - ハピナス(#098) - ピィ
基礎データ
英語名 Blissey
進化体系 2進化ポケモン
進化前 ラッキー
進化後 なし
世代 第2世代
ポケモン学
分類 しあわせポケモン
タイプ ノーマル
高さ 1.5m
重さ 46.8kg
特性 しぜんかいふく / てんのめぐみ
かくれ特性 いやしのこころ
テンプレートを表示

ハピナスは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

ラッキーの進化形。ラッキー同様丸く桃色の体を持ち、腹部の袋に卵を入れている。この卵の中には幸福が詰まっていると言われ、口にした者は誰にでも優しくできる心を得る。病気のポケモンを看病したり、悲しんでいる者に卵を分けたりと、慈愛に溢れた性格を持つ。

ゲームでのハピナス[編集]

金・銀』より登場。ラッキーが十分に懐いた状態でレベルアップすることで進化する。全ポケモン中最高の「HP」を持ち、「とくぼう」もかなり高いが、「こうげき」と「ぼうぎょ」は非常に低いという極端な能力を備える。「とくこう」はそこまで低くはないが高くもない。

「HP」と「とくぼう」の高さから「特殊わざ」に対して他のポケモンの比でない耐久力を持っている。また「ぼうぎょ」に難があるとはいえ「HP」が非常に高いので、「物理わざ」に対しても並みの耐久力はある。

特性は交代すると状態異常が回復する「しぜんかいふく」か、わざの追加効果の出る確率が倍になる「てんのめぐみ」。

アニメでのハピナス[編集]

ラッキー同様ポケモンセンターで、ジョーイのサポートをしているハピナスもいる。かつてムサシの親友だったラッキーが進化したものも登場した。

ポケモンカードでのハピナス[編集]

2010年現在で公式ルールで使用できるのはPCG拡張第四弾「金の空、銀の海」とカードゲームDP拡張第2弾「湖の秘密」にそれぞれ収録されている2枚。いずれも無色タイプでホログラム入り。

関連項目[編集]