ハプログループG (mtDNA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハプログループG (mtDNA)(ハプログループG (ミトコンドリアDNA)、: Haplogroup G (mtDNA))とは、分子人類学で用いられる、人類ミトコンドリアDNAハプログループ(型集団)の分類のうち、「M」を祖先に持ち、709, 4833, 5108の変異により定義されるものである[1]。下位系統はG1,G2,G3,G4にわかれる。

分布[編集]

ハプログループGはオホーツク海周辺の民族に高頻度に見られ[2][3]アイヌ日本人モンゴル人チベット人(そしておそらく北海道の縄文人)のハプログループにおいても主要な部分を占める。その他の東アジア中央アジアの民族、バングラディッシュネパールでも低頻度にみられる [4][5][6] 。しかし、アメリカ先住民からは全く発見されていない。

アイヌの起源[編集]

GのサブグループG1bはカムチャツカ半島先住民に高頻度でみられるが、現代日本人での報告例はない[7]。これはアイヌとオホーツク人との関連を示唆しているかもしれない。


ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1-6
L1 L2 L3   L4 L5 L6  
  M N  
M7   CZ D E G Q   O A S   R   I W X   N9
M7a C Z B F R0   JT P  U Y
HV J T K
H V

脚注[編集]

  1. ^ van Oven, Mannis; Manfred Kayser (13 Oct 2008). "Updated comprehensive phylogenetic tree of global human mitochondrial DNA variation". Human Mutation 30 (2): E386–E394. doi:10.1002/humu.20921. PMID 18853457. Retrieved 2009-05-20.
  2. ^ mtDNA Haplogroup Testing
  3. ^ Natalia V. Volodko, Elena B. Starikovskaya, Ilya O. Mazunin et al., "Mitochondrial Genome Diversity in Arctic Siberians, with Particular Reference to the Evolutionary History of Beringia and Pleistocenic Peopling of the Americas", The American Journal of Human Genetics 82, 1084–1100, May 2008. DOI 10.1016/j.ajhg.2008.03.019.
  4. ^ Kazuo Umetsu, Masashi Tanaka, Isao Yuasa et al., "Multiplex amplified product-length polymorphism analysis of 36 mitochondrial single-nucleotide polymorphisms for haplogrouping of East Asian populations", Electrophoresis (2005), 26, 91–98. DOI 10.1002/elps.200406129
  5. ^ Noriyuki Fuku, Kyong Soo Park, Yoshiji Yamada et al., "Mitochondrial Haplogroup N9a Confers Resistance against Type 2 Diabetes in Asians", Am. J. Hum. Genet. 2007; 80:407–415. DOI: 10.1086/512202
  6. ^ Asari M et al., "Utility of haplogroup determination for forensic mtDNA analysis in the Japanese population", Leg Med (2007), doi:10.1016/j.legalmed.2007.01.007
  7. ^ 安達登・篠田謙一「北から見た縄文人起源論」「日本人起源論を検証する:形態・DNA・食性モデルの一致・不一致」2010年2月20日、国立科学博物館分館