ハプログループL3 (mtDNA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハプログループL3 (mtDNA)(ハプログループL3 (ミトコンドリアDNA)、: Haplogroup L3 (mtDNA))とは、分子人類学で用いられる、人類ミトコンドリアDNAハプログループ(型集団)の分類のうち、ハプログループL1-6の子型のうち、「769, 1018, 16311[1]」の変異により定義されるものである。東アフリカ[2]において、80,000 - 104,000年前[3]または60,000 - 70,000 年前 [4] に誕生した。出アフリカを果たしたハプログループNハプログループMの祖先に当たる。

起源[編集]

ハプログループL3の起源となった地は確実にはわかっていない。

アフリカ起源説[編集]

L3はアフリカ大陸北東部に多く分布し多様性も大きいこと、L3からアフリカ大陸以外に分布するハプログループMとNが分岐することから、通常L3は東アフリカで出現しそこから拡散した集団の一部が出アフリカを果たしてMとNになったと考えられている。傍証として、ハプログループLの中で系統的にL3と近いL6とL4もどちらも東アフリカに多く分布し、そこで多様性が大きいことが挙げられる[5]

アジア起源説[編集]

異説としてハプログループL3はアジアに起源を持つというものがある。その根拠として、L3から派生したハプログループMとNの最も古い系統は東南アジアからオセアニアにかけて存在しており、それらハプログループ間の合着年代が東から西へ向かって新しくなっていくことが挙げられている。これはL3が東アフリカ起源でMとNがそこから東向きに拡散したという想定とは合わない。L3、M、Nの分岐年代がいずれも7万年前頃であることから、この3つの集団は東南アジアで相次いで分岐したと考える事も可能である。2018年の研究では、同様にアジア起源が取り沙汰されているY染色体ハプログループDEの分岐年代がやはり7万年前頃であり、mtDNAハプログループL3とY染色体ハプログループEの分布に強い相関があること、それが現在の地理的・言語的な関係とは強く相関しないことから起源の古いイベントを反映していると考えられることを挙げ、L3系統は中央アジアに起源があり7万年前頃にアフリカ大陸へ戻ったという仮説を提示している[6]

分布[編集]

ハプログループL3は東アフリカでもっともよく見られるタイプである[7]エチオピアアフリカの角ソマリアのみならず、エジプトチャドベルベル人などでも見られることから、おそらくアフロ・アジア語族の拡散と関連していると考えられる[8]

脚注[編集]

  1. ^ Van Oven, Mannis; Kayser, Manfred (2009). "Updated comprehensive phylogenetic tree of global human mitochondrial DNA variation". Human Mutation 30 (2): E386–94. doi:10.1002/humu.20921. PMID 18853457.
  2. ^ Salas, A; Richards, Martin; de la Fe, Tomás; Lareu, María-Victoria; Sobrino, Beatriz; Sánchez-Diz, Paula; MacAulay, Vincent; Carracedo, Ángel (2002). "The Making of the African mtDNA Landscape". The American Journal of Human Genetics 71 (5): 1082–111. doi:10.1086/344348. PMC 385086. PMID 12395296.
  3. ^ Gonder, M. K.; Mortensen, H. M.; Reed, F. A.; De Sousa, A.; Tishkoff, S. A. (2006). "Whole-mtDNA Genome Sequence Analysis of Ancient African Lineages". Molecular Biology and Evolution 24 (3): 757–68. doi:10.1093/molbev/msl209. PMID 17194802.
  4. ^ http://mbe.oxfordjournals.org/content/early/2011/11/16/molbev.msr245.short?rss=1
  5. ^ Behar, Doron M.; Villems, Richard; Soodyall, Himla; Blue-Smith, Jason; Pereira, Luisa; Metspalu, Ene; Scozzari, Rosaria; Makkan, Heeran et al. (2008). “The Dawn of Human Matrilineal Diversity”. The American Journal of Human Genetics 82 (5): 1130–40. doi:10.1016/j.ajhg.2008.04.002. PMC: 2427203. PMID 18439549. http://public-files.prbb.org/publicacions/84a384f0-834c-012c-a7dc-000c293b26d5.pdf. 
  6. ^ “Carriers of mitochondrial DNA macrohaplogroup L3 basal lineages migrated back to Africa from Asia around 70,000 years ago”. BMC Evolutionary Biology 18 (1): 98. (June 2018). doi:10.1186/s12862-018-1211-4. PMC: 6009813. PMID 29921229. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6009813/. 
  7. ^ Wallace DC et al. (2000), Origin of haplogroup M in Ethiopia, Am J Hum Genet 67(Suppl):217
  8. ^ Cerny, V; Fernandes, V; Costa, MD; Hájek, M; Mulligan, CJ; Pereira, L (2009). "Migration of Chadic speaking pastoralists within Africa based on population structure of Chad Basin and phylogeography of mitochondrial L3f haplogroup". BMC Evolutionary Biology 9: 63. doi:10.1186/1471-2148-9-63. PMC 2680838. PMID 19309521.


ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1-6
L1 L2 L3   L4 L5 L6  
  M N  
M7   CZ D E G Q   O A S   R   I W X   N9
M7a C Z B F R0   JT P  U Y
HV J T K
H V