ハプログループY (mtDNA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハプログループY (mtDNA)(ハプログループY (ミトコンドリアDNA)、: Haplogroup Y (mtDNA))とは、分子人類学で用いられる、人類ミトコンドリアDNAハプログループ(型集団)の分類のうち、ハプログループNの子型ハプログループN9を祖先に持ち、「8392 10398 14178 14693 16126 16223 16231」の変異により定義されるものである[1]。下位系統はY1とY2にわかれる。

分布[編集]

Y1系統[編集]

ハプログループYのうちY1系統はオホーツク海周辺の民族で高頻度である。ニヴフに約66%、ウリチに約38%、ネギダールに約21%、アイヌに約20%である [2][3][4][5] 。またカムチャツカ半島の先住民(コリヤーク人イテリメン族)にもみられる。

Y2系統[編集]

インドネシアフィリピンにはY2系統が分布している[6]

アイヌとオホーツク人[編集]

アイヌはハプログープYを持つが、縄文人には全く観察されていない。いっぽうオホーツク人のなかにハプログループYが確認され、アイヌ民族とオホーツク人との遺伝的共通性が判明した[7]


ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1-6
L1 L2 L3   L4 L5 L6  
  M N  
M7   CZ D E G Q   O A S   R   I W X   N9
M7a C Z B F R0   JT P  U Y
HV J T K
H V

脚注[編集]

  1. ^ van Oven, Mannis; Manfred Kayser (13 Oct 2008). "Updated comprehensive phylogenetic tree of global human mitochondrial DNA variation". Human Mutation 30 (2): E386–E394. doi:10.1002/humu.20921. PMID 18853457. Retrieved 2009-05-20.
  2. ^ M. A. Bermisheva, I. A. Kutuev, V. A. Spitsyn et al., "Analysis of Mitochondrial DNA Variation in the Population of Oroks", Russian Journal of Genetics, Vol. 41, No. 1, 2005, pp. 66–71. Translated from Genetika, Vol. 41, No. 1, 2005, pp. 78–84.
  3. ^ Tanaka Masashi, Cabrera Vicente M., González Ana M. et al., Larruga JM, Takeyasu T, Fuku N, Guo LJ, Hirose R et al. (2004). “Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan”. Genome Research 14 (10A): 1832–1850. doi:10.1101/gr.2286304. PMC 524407. PMID 15466285. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=524407. 
  4. ^ Tajima Atsushi, Hayami Masanori, Tokunaga Katsushi et al., Juji T, Matsuo M, Marzuki S, Omoto K, Horai S (2004). “Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages”. Journal of Human Genetics 49 (4): 187–193. doi:10.1007/s10038-004-0131-x. PMID 14997363. 
  5. ^ Noboru Adachi, Ken-ichi Shinoda, Kazuo Umetsu, and Hirofumi Matsumura, "Mitochondrial DNA Analysis of Jomon Skeletons From the Funadomari Site, Hokkaido, and Its Implication for the Origins of Native American", American Journal of Physical Anthropology 138:255–265 (2009)
  6. ^ Mannis van Oven, Johannes M Hämmerle, Marja van Schoor et al., "Unexpected island effects at an extreme: reduced Y-chromosome and mitochondrial DNA diversity in Nias", Molecular Biology and Evolution (2010) doi:10.1093/molbev/msq300
  7. ^ 消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査朝日新聞2009年2月4日[1]