ハママツナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハママツナ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ナデシコ亜綱 Caryophyllidae
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
: マツナ属 Suaeda
: ハママツナ
S. maritima
学名
Suaeda maritima
和名
ハママツナ

ハママツナ(浜松菜、学名:Suaeda maritima)はヒユ科の一年草。海岸砂地によく自生し、の高さは20cm-60cm程度。線状の長さ2,3cm程度のマツに似たを持ち、花弁を持たず、背面には稜がある。9-10月が花の時期。

参考文献[編集]

  • 成美堂出版『日本の野草・雑草』 ISBN 4-415-01009-1