ハマースミス宮殿の白人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハマースミス宮殿の白人
ザ・クラッシュシングル
初出アルバム『白い暴動米国盤』
B面 プリズナー
リリース
規格 7インチシングル
録音 1977年 - 1978年
ジャンル レゲエ
パンク・ロック
時間
レーベル CBS S CBS 6383
作詞・作曲 ジョー・ストラマー
ミック・ジョーンズ
プロデュース ザ・クラッシュ
ザ・クラッシュ シングル 年表
クラッシュ・シティ・ロッカーズ
(1978)
ハマースミス宮殿の白人
(1978)
トミー・ガン
(1978)
ミュージックビデオ
「(White Man) in Hammersmith Palais」 - YouTube
テンプレートを表示

ハマースミス宮殿の白人」(ハマースミスきゅうでんのはくじん、(White Man) in Hammersmith Palais)は、ザ・クラッシュの曲およびシングル。バンド自身のプロデュースで最初の7インチシングルであり、B面には類似テーマの「プリズナー」を収録。1978年6月にリリースされ、後にアメリカ盤のアルバム『白い暴動』に「白い暴動」と「ロンドン・バーニング」に挟まれて収録された。

概要[編集]

この曲は当時のクラッシュの音楽性や歌詞における少なからぬ成熟性を顕示した。パワフルなギターサウンドから一転してゆったりとしたスカ・ビートに落ち着くイントロのスタイルはジュニア・マーヴィン作の「ポリスとこそ泥」と同一線上にあり、初期の作品に慣れた当時のファンを困惑させた。「俺たちは図太いリフのグループだった。」作者のジョー・ストラマーは映画『ウェストウェイ・トゥ・ザ・ワールド』で語る。「俺たちがこんなことをやるなんて誰も思っていなかっただろ。」

歌詞は、デリンジャー (en:Dillinger (musician))、リロイ・スマート (en:Leroy Smart)、デルロイ・ウィルソンが出演し、ロンドンのシェパーズ・ブッシュにあったライブハウス「ハマースミスパレス」で行われたオールナイトレゲエショーケースの様子を語るところから始まる。ここで演じられていたフォー・トップスライクのダンスルーチンで演じられる、ケン・ブース (en:Ken Boothe) を真似たポップでライトなレゲエは、ストラマーが期待したルーツ・ロック・レゲエの反逆心とはほど遠い単なる「パフォーマンス」であり、彼は失望し、幻滅した。

この期待はずれのコンサートから、当時のイギリスでの様々なテーマに歌詞の視点は移る。反暴力メッセージ、イギリスにおける「富の配分」の状況、1978年のパンク・ロックシーンで主流になっていた黒人と白人の協調への動き。バートンのスーツを着るような無名グループ、特にザ・ジャム(当時のNMEの記事でストラマーは、パンクの次のパワー・ポップムーブメントはジャーナリストに作り上げられた物だと主張している)に向けられた嘲り。そして、新しいバンドが知名度や金のためだけである(ただし、クラッシュ自身も同様の批判を、クラスのような他の格下のパンクバンドから受けている)と結論づける。 最後は、イギリスの社会的衰退が、たとえばヒトラーが訪英すればリムジンで迎えてしまうような可能性がある点について冷笑的に述べている。

この曲はクラッシュが他のバンドより音楽的、政治的に幅広いことを示し、セックス・ピストルズが確立した、「エキサイティングだけど型にはまったパンク・ロック」の枠を壊した。

1978年には異なるジャケットデザインで再発売された。

311 (バンド)はこの曲をカヴァーしアルバム『トランジスター』(1997年)に収録する予定だったが急遽とりやめ、後にクラッシュのトリビュート・アルバム『バーニング・ロンドン』(1999年)に収録された。

この曲はストラマーのお気に入りで、後のバンド、ザ・メスカレロスでも亡くなるまで演奏され、彼の葬式においても流された。

2004年にはローリング・ストーン誌の「最も偉大な500曲」で430位に選ばれた [1]

順位[編集]

チャート 最高位 日付
全英シングルチャート 32

注釈[編集]

  1. ^ The RS 500 Greatest Songs of All Time”. ローリングストーン (2004年12月9日). 2007年11月22日閲覧。 “430. White Man in Hammersmith Palais, The Clash”

出典[編集]

  • パット・ギルバート (2005) [2004]. Passion Is a Fashion: The Real Story of The Clash (第4版 ed.). ロンドン: オーラム・プレス. ISBN 1845131134. 
  • マーカス・グレイ (2005) [1995]. The Clash: Return of the Last Gang in Town (改訂第5版 ed.). ロンドン: ヘルター・スケルター. ISBN 1905139101. 
  • ジョニー・グリーン; ゲイリー・ベーカー (2003) [1997]. A Riot of Our Own: Night and Day with The Clash (第3版 ed.). ロンドン: オリオン. ISBN 0752858432. 
  • ボブ・グルーエン; クリス・セールウィクズ (2004) [2001]. ザ・クラッシュ (第3版 ed.). ロンドン: オムニバス. ISBN 1903399343. 
  • クリス・ニーズ (2005-01-25). Joe Strummer and the Legend of the Clash. ロンドン: プレクサス. ISBN 085965348X. 
  • キース・トッピング (2004) [2003]. ザ・コンプリート・クラッシュ (第2版 ed.). リッチモンド: レイノルズ&ハーン. ISBN 1903111706.