ハミング重み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハミング重み(ハミングおもみ、: Hamming weight)とは、シンボル列中の 0 以外のシンボルの個数である。典型的には、ビット列中の1の個数として使われる。

概要[編集]

ハミング重みは、情報理論符号理論暗号理論を含めた複数の分野で使用されている。

ハミング重みは、0 だけからなるシンボルとのハミング距離と等しい。

この用語は、リチャード・ハミングにちなんで命名された。

[編集]

  • シンボル:{0,1} シンボル列:"0"のとき、ハミング重みは 0 である。
  • シンボル:{0,1} シンボル列:"11101"のとき、ハミング重みは 4 である。
  • シンボル:{' ','A'-'Z'} シンボル列:"MAKE A SENSE"のとき、ハミング重みは 10 である。

関連項目[編集]