ハヤカワ・ミステリワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハヤカワ・ミステリワールド: Hayakawa mystery world)は、早川書房が刊行している推理小説のシリーズ。

概要[編集]

装丁は四六判上製。1992年3月から不定期に刊行されている[1]。2009年1月に装丁をリニューアルし、新創刊第1弾として湊かなえ『少女』が発売された。折原一『沈黙の教室』が第48回日本推理作家協会賞(長編部門)[2]を、小池真理子』が第114回直木三十五賞[3]を、高村薫マークスの山』が第109回直木三十五賞、第12回日本冒険小説協会大賞[4]を、山田正紀『ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件』が第55回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、第2回本格ミステリ大賞[5]を受賞している。

作品リスト[編集]

特記がなければ、文庫はハヤカワ文庫JA刊。

著者 タイトル 刊行年月 文庫化 備考
浅暮三文 『ポルトガルの四月』 2009年2月
芦辺拓 『三百年の謎匣』 2005年4月 2013年9月[6]
『七人の探偵のための事件』 2011年10月
飛鳥部勝則 『堕天使拷問刑』 2008年1月
『黒と愛』 2010年9月
東直己 探偵はバーにいる 1992年5月 1995年8月
『バーにかかってきた電話』 1993年1月 1996年1月
『消えた少年』 1994年10月 1998年6月
『探偵はひとりぼっち』 1998年4月 2001年11月
『探偵は吹雪の果てに』 2001年12月 2004年2月
『駆けてきた少女』 2004年4月 2006年10月
『ライト・グッドバイ』 2005年12月 2007年10月
『探偵、暁に走る』 2007年11月 2010年1月
『旧友は春に帰る』 2009年11月 2011年8月
『猫は忘れない』 2011年9月 2012年11月
彩坂美月 『夏の王国で目覚めない』 2011年8月
岡村隆 『狩人たちの海』 1992年7月
小川勝己 『狗』 2004年7月
『ロマンティスト狂い咲き』 2005年7月
小熊文彦 『天国は待つことができる』 1992年11月
折原一 『沈黙の教室』 1994年4月 1997年5月
『暗闇の教室』 1999年9月 2001年12月
『被告A』 2003年9月 2006年9月
風間一輝 『地図のない街』 1992年3月 1996年2月
『片雲流れて』 1995年10月 2000年2月[7]
霞流一 『夕陽はかえる』 2007年10月
『落日のコンドル』 2013年4月
川辺敦 『私はナース』 2005年5月
木村二郎 『ヴェニスを見て死ね』 1994年5月 2011年11月[8]
草上仁 『文章探偵』 2006年5月
『数学的帰納の殺人』 2009年5月
櫛木理宇 『チェインドッグ』 2015年7月
鯨統一郎 『庖丁人轟桃次郎』 2005年10月
倉阪鬼一郎 『ダークネス』 2006年8月
『遠い旋律、草原の光』 2009年4月
栗本薫 『あなたとワルツを踊りたい』 1996年10月 2000年4月
小池真理子 1995年10月 1999年4月
2003年1月[9]
斎藤純 『銀輪の覇者』 2004年6月 2007年8月
佐々木譲 『夜にその名を呼べば』 1992年3月 1995年5月
2008年5月[10]
笹倉明 『愛闇殺』 2006年6月
『彼に言えなかった哀しみ』 2007年9月
柴田よしき 『青光の街』 2016年10月
小路幸也 『僕は長い昼と長い夜を過ごす』 2010年6月 2012年6月
『壁と孔雀』 2014年8月
須賀しのぶ 『神の棘1』 2010年7月
『神の棘2』 2010年8月
高村薫 マークスの山 1993年3月 2003年1月[11]
2011年8月[12]
谷甲州 『神々の座を越えて』 1996年10月 1999年10月
月村了衛 『機龍警察 自爆条項』 2011年9月 2012年8月
『機龍警察 暗黒市場』 2012年9月
『機龍警察 未亡旅団』 2014年1月
『機龍警察 完全版』 2014年11月
『機龍警察 火宅』 2014年12月
『機龍警察 自爆条項 完全版』 2016年5月
典厩五郎 『探偵大杉栄の正月』 2003年10月
堂場瞬一 『over the edge』 2012年11月 2015年4月
戸梶圭太 『センチュリー・オブ・ザ・ダムド』 2009年8月
伴野朗 『上海発奪回指令』 1992年3月 1995年6月
鳥飼否宇 『このどしゃぶりに日向小町は』 2010年1月
長島槇子 『吉原純情ありんす国』 2011年9月
中村正䡄 『アリスの消えた日』 1992年7月 1995年7月
野崎六助 『ラップ・シティ』 1995年5月
葉室麟 『オランダ宿の娘』 2010年3月 2012年4月
早瀬耕 『未必のマクベス』 2014年9月 2017年9月
東理夫 『君のブルースが聞こえる』 1992年11月
福田和代 『黒と赤の潮流』 2009年2月
『プロメテウス・トラップ』 2010年2月
藤田宜永 『喝采』 2014年7月
藤田武嗣 『汽水の街へ』 1992年5月
藤村いずみ 『あまんじゃく』 2004年9月
真瀬もと 『アルレッキーノの柩』 2005年6月
『お楽しみはこれからだ!
Jazzy Murder』
2006年7月
真梨幸子 『ふたり狂い』 2009年3月 2011年11月
三咲光郎 『砲台島』 2007年4月
『月と陽炎』 2011年2月
皆川博子 『死の泉』 1997年10月 2001年4月
『開かせていただき光栄です
DILATED TO MEET YOU』
2011年7月 2013年9月
『アルモニカ・ディアボリカ』 2013年12月
湊かなえ 少女 2009年1月 2012年2月[13]
本山賢司 『シートンの毛皮』 1998年5月
矢作俊彦
司城志朗
『犬なら普通のこと』 2009年10月 2012年1月
『ARAKURE あらくれ』 2011年6月
山口雅也 『謎の謎その他の謎』 2012年8月
山田正紀 『ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件』 2001年4月 2005年8月
  • 第55回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞作品
  • 第2回本格ミステリ大賞受賞作品
『マヂック・オペラ 二・二六殺人事件』 2005年11月
『ファイナル・オペラ』 2012年3月

脚注[編集]

  1. ^ 出版史 | ハヤカワ・オンライン
  2. ^ 1995年 第48回 日本推理作家協会賞|日本推理作家協会
  3. ^ 月曜ゴールデン特別企画『恋』 | TBSテレビ
  4. ^ 高村薫-直木賞受賞作家-109TK
  5. ^ ミステリ・オペラ 下──宿命城殺人事件 | 種類,JA文庫 | ハヤカワ・オンライン
  6. ^ 角川文庫
  7. ^ 幻冬舎文庫
  8. ^ 創元推理文庫
  9. ^ 新潮文庫
  10. ^ 新装版
  11. ^ 講談社文庫
  12. ^ 新潮文庫
  13. ^ 双葉文庫

関連項目[編集]