ハヤカワ文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハヤカワ文庫(ハヤカワぶんこ)は、株式会社早川書房が発行している文庫レーベル。SF推理小説を中心に収録。日本国外の翻訳作品が多い。ハヤカワ文庫SF、ハヤカワ文庫HMなど、いくつかのサブレーベルに分かれている。

沿革[編集]

  • 1970年08月:ハヤカワSF文庫(現ハヤカワ文庫SF)創刊。
  • 1971年07月:SFより宇宙英雄ペリー・ローダン刊行開始。
  • 1972年01月:ハヤカワ文庫NV創刊。
  • 1973年03月:ハヤカワJA文庫(現 ハヤカワ文庫JA)創刊。
  • 1974年00月:各文庫が「ハヤカワ文庫」として統一される。
  • 1976年04月:ハヤカワ・ミステリ文庫(現 ハヤカワ文庫HM)創刊。
  • 1977年05月:ハヤカワ文庫NF創刊。
  • 1979年02月:ハヤカワ文庫FT創刊。
  • 1979年09月:JAよりグイン・サーガ刊行開始。
  • 1980年02月:ハヤカワ文庫Jr創刊。
  • 1985年00月:SF文庫に初めて品切れ作品がでる(26作品)
  • 1986年00月:ハヤカワ文庫YR創刊。
  • 1986年12月:ハヤカワ文庫GB創刊。
  • 1988年00月:著者別五十音順整理番号を導入する。[1]導入前はハヤカワ文庫HMは著者別整理番号、他のレーベルは刊行順整理番号を使用していた[2]
  • 1989年01月:ミステリアス・プレス文庫創刊。
  • 1991年11月:ハヤカワHB文庫創刊。
  • 1994年01月:NFが装幀を一新。
  • 1995年04月:JAが日本人作家の総合エンタテインメント文庫になり、ミステリ、漫画なども刊行されるようになる。
  • 1999年10月:ダニエル・キイス文庫創刊。
  • 2001年05月:ハヤカワepi文庫創刊。
  • 2003年10月:クリスティー文庫創刊。
  • 2004年06月:トリイ・ヘイデン文庫創刊。
  • 2006年09月:ハヤカワ演劇文庫創刊。
  • 2009年04月:この月以降の新刊より、文庫のサイズが縦に大きくなり、活字が大きくなった「トールサイズ」となる。既刊も重版時等にサイズ変更される[3]
  • 2009年10月:イソラ文庫創刊。
  • 2015年3月30日、アメリカの〈ミステリアスプレス〉社と提携し、英米のミステリを原文で読む電子書籍シリーズ、〈ミステリアスプレス・ドット・コム・ブックス〉の配信を開始。
  • 2019年 9月:ハヤカワ時代ミステリ文庫創刊。

主要サブレーベル[編集]

ハヤカワ文庫SF(旧 ハヤカワSF文庫)[編集]

海外SF (Science Fiction)。ただし日本SFもごく初期に数点ある。創刊者は森優

1970年8月創刊。No.1はエドモンド・ハミルトンさすらいのスターウルフ』。

背表紙が白でカラー口絵・モノクロ挿絵のある通称「白背」(娯楽系SF)と、背表紙が青で口絵・挿絵のない通称「青背」(本格SF)があるが、近年は『ペリー・ローダン』シリーズを除きほぼ全て青背である。

2015年、SF文庫2000点を記念して『SFマガジン』4月号、6月号、8月号で「ハヤカワSF文庫総解説」が特集される。2015年11月、上記特集の単行本化『ハヤカワ文庫SF総解説2000』が刊行された。

ハヤカワ文庫NV[編集]

海外一般小説 (NoVel)。1972年1月創刊。No.1はジョン・スタインベックエデンの東1』。

四六判で刊行されていた「ハヤカワ・ノヴェルズ」の文庫版として企画された。海外の主流文学系の作品が収録されていたが、epi文庫創刊後はそちらに移行。エンターテインメント性の強い小説が多く、SF・ミステリ性のある作品も含んでいる。SF作家とされるレイ・ブラッドベリの作品の多くがNVで刊行されていたが、のちにSFに移った。

サブシリーズとして「モダンホラー・セレクション」が1987年から1990年まで刊行された。

ハヤカワ文庫JA(旧 ハヤカワJA文庫)[編集]

日本人作家 (Japanese Author)。1973年3月、ハヤカワJA文庫として創刊。No.1は小松左京果しなき流れの果に』。

初期は日本SFもハヤカワ文庫SFから刊行されていたが、JA創刊後はこちらで刊行されるようになった。創刊の経緯からSF専門レーベルだったが、1995年からは日本人作家ならジャンルは問わなくなった。小説にも限らず、エッセイ漫画(サブレーベルハヤカワコミック文庫、1996年-)もある。

SF同様、口絵・挿絵の有無で区別されるが、背表紙は同じである。(伊藤計劃円城塔らの作品など、背表紙が特殊デザインになっているものも一部存在する)

2010年頃には表紙デザインを統一し、ライトノベル系の作家・イラストレーターを起用した書き下ろし作品シリーズが刊行されていたが、次第に差異がなくなり、実質的に統合されている。

ハヤカワ文庫HM(ハヤカワ・ミステリ文庫)[編集]

海外ミステリ (Hayakawa Mystery)。

1976年4月、ハヤカワ・ミステリ文庫として創刊。No.1はアガサ・クリスティそして誰もいなくなった』。

2015年10月からサブレーベル〈my perfume〉(海外の women's fictionを訳す)を刊行。

ハヤカワ文庫NF[編集]

ノンフィクション (NonFiction)。

1977年5月創刊。 No.1はジョージ・B・シャラー『ゴリラの季節』。

サブシリーズに「<数理を楽しむ>シリーズ」(2003年創刊)と「<ライフ・イズ・ワンダフル>シリーズ」(2005年創刊)がある。

トールサイズ化以前の分類は、青色は自然・科学、赤色は社会・文化、緑色は戦記、紫色は政治・経済、橙色は人・体験であり、背表紙のタイトルと著者名の間の丸印の色で区別した。トールサイズ化以降の背表紙は、「<数理を楽しむ>シリーズ」を除き、タイトルと整理番号部分が橙色地の装丁に統一されている。

ハヤカワ文庫FT[編集]

海外ファンタジー (FanTasy)。創刊者は風間賢二

1979年2月創刊。No.1はパトリシア・A・マキリップ『妖女サイベルの呼び声』。

ハヤカワepi文庫[編集]

海外小説。「良質な海外文学作品を若い感性を持つ読者に向けて発信」とうたわれている。epiは叙事詩 (epic)・発信源 (epicentre) の略。

2001年5月創刊。No.1はグレアム・グリーン第三の男』。

一部はNVからの移行・改訳。

ハヤカワ演劇文庫[編集]

戯曲

2006年9月創刊。No.1は『アーサー・ミラー I』。

ハヤカワ時代ミステリ文庫[編集]

時代小説。

2019年9月創刊。2020年より年4回刊行予定。

その他のサブレーベル[編集]

作家別[編集]

ダニエル・キイス文庫
1999年10月創刊。No.1は『アルジャーノンに花束を』。
クリスティー文庫
2003年10月創刊。No.1は『スタイルズ荘の怪事件』。2004年に全100巻の刊行を終えたが、2010年に新刊が出て全102巻となった。うち90巻がHMからの移行、6巻がNVからの移行、2巻が新訳、4巻が解説書等。
トリイ・ヘイデン文庫
2004年6月創刊。No.1は『シーラという子』。

廃止・休止[編集]

ハヤカワ文庫Jr
海外ジュヴナイル1980年2月~1981年8月。No.1はエラリー・クイーン『黒い犬の秘密』。11巻で終了。
ハヤカワ文庫YR
Young Romance。1986年1988年。No.1はフランシーン・パスカル『恋はおまかせ』。『スイート・ヴァレー・ハイ』シリーズを20巻刊行したのみで終了。
ハヤカワ文庫GB
ゲームブック (Game Book)。1986年12月〜1987年10月。No.1は多摩豊グイン・サーガ ラルハスの戦い』。全5巻。
ハヤカワ文庫HB
Hi Books。1991年11月〜1992年。No.1は豊田淳子『2X殺人事件』。S-Fマガジン増刊の季刊誌「小説ハヤカワHi!」(廃刊)掲載の作品を中心としたレーベル。
ミステリアス・プレス文庫
1989年1月〜2001年。No.1はアーロン・エルキンズ『古い骨』。アメリカのミステリ専門出版「Mysterious press」と提携したシリーズ。全156巻。レーベル休止後、一部作品はハヤカワ文庫HMに編入。
イソラ文庫
2009年10月~2011年。No.1はアディーナ・ハルパーン『人生最高の10のできごと』。海外の女性向けエンターテイメント小説やロマンス小説、コージー・ミステリなどを刊行。背表紙の上部には同文庫のシンボル・マークが付されているが、エンターテイメントは水色、ロマンスは紫、コージー・ミステリは黄緑を使って描かれていた。

脚注[編集]

  1. ^ ハヤカワ文庫NFを除く。また、後に創刊されたミステリアス・プレス文庫は刊行順整理番号のみ。
  2. ^ ただし、2010年現在も著者別五十音順整理番号と著者別整理番号または刊行順整理番号を併用している
  3. ^ ただし、以前に創刊されたハヤカワepi文庫、ダニエル・キイス文庫、アガサ・クリスティ文庫、トリイ・ヘイデン文庫は創刊時からトールサイズで刊行。

関連項目[編集]