ハヤシガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ハヤシガメ
全国
ナエトル - ハヤシガメ(#388) - ドダイトス
シンオウ
ナエトル - ハヤシガメ(#002) - ドダイトス
基礎データ
英語名 Grotle
進化体系 1進化ポケモン
進化前 ナエトル
進化後 ドダイトス
世代 第4世代
ポケモン学
分類 こだちポケモン
タイプ くさ
高さ 1.1m
重さ 97.0kg
特性 しんりょく
かくれ特性 シェルアーマー
テンプレートを表示

ハヤシガメは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

ナエトルに比べて体型が大きくなり、土が固まってできた甲羅には樹木が茂っている。この樹木には実がなり、その実をついばみにやってくるポケモンもいる。なお、実在するに「ハヤセガメ」という名のものがいる。

森の中の水辺で暮らしており、昼間は森の外に出て背中の木に光を当てている。森の中できれいな湧き水が出る自分だけの場所を持っており、仲間のポケモンを背中に乗せて運ぶ。

ゲームでのハヤシガメ [編集]

ナエトルからレベル18で進化する。野生では出現しない。進化して能力が格段に上昇したが、素早さはほとんど変わらない。まだ中間進化であるが、体重はかなり重く、進化前のナエトルの約9倍である。さらに進化すると体重が3倍以上にまで跳ね上がる。

アニメでのハヤシガメ [編集]

サトシのポケモンとして登場。サトシのポケモン (ダイヤモンド&パール)#ドダイトスを参照。

映画でのハヤシガメ [編集]

2009年公開の『アルセウス 超克の時空へ』にサトシのハヤシガメが登場。

関連項目 [編集]