ハラルド・リンドベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハラルド・リンドベリ

ハラルド・リンドベリ(Harald Lindberg、1871年11月2日 - 1963年3月13日)は、フィンランド植物学者である。父親はスウェーデン生まれの植物学者、セクトゥス・オットー・リンドベリである。

略歴[編集]

ヘルシンキに生まれた。ヘルシンキ大学で学んだ後、数年間中学校の教師を務めた。1910年にバラ科の種、Alchemilla vulgarisの研究でヘルシンキ大学で博士号を得て、ヘルシンキの植物博物館の最初の管理者となり、1941年までその仕事を続けた.[1]

植物の半化石を含むフェノスカンジア(バルト楯状地)地域の植物の研究や南ヨーロッパ北アフリカの植物の分類学的研究も行った。1932年にはイギリスアイルランドを訪れ、タンポポ属の植物の収集を行った[1]

150以上の新種植物の記載を行い、1906年から1945年の間、「フィンランドの植物標本」("Plantae Finlandiae Exsiccatae")を編集した。昆虫学の分野の著書に「カナリア諸島の甲虫」("Coleoptera insularum Canariensium")がある)[2]

イネ科の植物の属名 Lindbergella献名されている[3]

H.Lindb.は、植物の学名命名者を示す場合にハラルド・リンドベリを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b JSTOR Global Plants biography
  2. ^ Google Books Coleoptera insularum Canariensium
  3. ^ Biodiversity Heritage Library Taxonomic literature : a selective guide to botanical publications