ハリミズゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ハリミズゴケ
Sphagnum cuspidatum 041107a.jpg
ハリミズゴケ
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: ミズゴケ綱 Sphagnopsida
亜綱 : ミズゴケ亜綱 Sphagnidae
: ミズゴケ目 Sphagnales
: ミズゴケ科 Sphagnaceae
: ミズゴケ属 Sphagnum
: ハリミズゴケ S. cuspidatum
学名
Sphagnum cuspidatum
(Ehrh. ex Hoffm.)
和名
ハリミズゴケ
英名
Feathery Bog-moss[1]

ハリミズゴケ (Sphagnum cuspidatum) は、ミズゴケ目ミズゴケ科に分類される蘚類。

目次

分布、生育地

北半球に広く分布する[2][3]。日本では本州以北でみられる[2]

湿地や湿原などに多く生育しており、ふつう酸性の土壌で見られる[1]

特徴

草体は緑色-黄色[1][3]。茎葉は三角形、枝葉は長卵形で、葉の先端は細長く尖る[3]。葉縁には3-8細胞からなる舷がある。朔は赤い。

類似種

同所的に生育するオオミズゴケなどに類似するが、本種は葉が細長く、先端も細く尖ることから区別できる[2]

人間との関係

オオミズゴケなど他のミズゴケ属の種と同様、苔庭や苔玉に用いるため、園芸用に販売、使用されることがある。そのために乱獲されることもあり、地域によっては個体数が減少している。また、より利用価値の高いオオミズゴケなどと同所的に生育していることも多いため、直接的に乱獲されなくても、他の種と同時に乱獲されるといったこともある[2]。さらには土地開発などによって姿を消すこともあり[2]、ハリミズゴケを含めた湿地全体を保護することが求められている。

脚注

  1. ^ a b c Atherton et al. (2010) p.302
  2. ^ a b c d e 『レッドデータブックあいち2009』 p.684 [1]
  3. ^ a b c 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.35

参考文献

  • Ian D.M. Atherton, Sam D. S. Bosanquet, Mark Llawley (2010) Mosses and Liverworts of Britain and Ireland: A Field Guide. British Bryological Society ISBN 978-0-95613101-0