ハリー・ニューストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハリー・ニューストーン(Harry Newstone, 1921年6月21日 - 2006年4月16日[1][2]は、カナダ出身の指揮者、音楽学者。

ウィニペグの生まれ。3歳でロンドンに移住し、15歳からボビー・パガンから音楽の手ほどきを受けた。ハーモニカ奏者としてトミー・ライリーらと共演した少年時代を経て、1942年からハーバート・ハウエルズに作曲を学び、1949年にはハイドン管弦楽団を結成している。その後、ギルドホール音楽学校での勉学を経て、1950年にロンドン王立音楽院に入学した。1954年にはローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアに留学し、フェルナンド・プレヴィターリに指揮法を学んでいる[3]。プレヴィターリの薫陶を受けてから、世界各国のオーケストラに客演して名を上げ、1965年から1978年までサクラメント交響楽団の音楽監督を務めた。

モーツァルトハイドンなどの作品研究でも知られ、1979年にはカンタベリーケント大学の音楽監督に就任している。1986年にケント大学を定年退職する際には名誉フェローの称号を得た。

カナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリアにて没。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ Martin Anderson (2006年4月27日). “Harry Newstone”. インデペンデント. 2015年2月28日閲覧。