ハルキ文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハルキ文庫(ハルキぶんこ、Haruki Bunko)は、株式会社角川春樹事務所が発行している文庫レーベル。本項では、ハルキ・ホラー文庫についても述べる。

概要[編集]

1997年に創刊される[1]。創刊のきっかけは、『三国志』シリーズを角川春樹事務所で書き下ろし刊行していた小説家北方謙三が、「文庫を角川春樹事務所で出せないなら他の出版社へ持っていく」と述べたこととされる[2]時代小説文庫シリーズ、280円文庫シリーズ、グルメ文庫シリーズ、いのちの言葉文庫シリーズ、ヌーベルSFシリーズ、詩集・童話集シリーズなど、様々なジャンルのシリーズを展開している[3]。表紙イラストレーションは門坂流による[4]

2007年森村誠一地果て海尽きるまで』が『蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜』のタイトルで映画化されている[5]2014年角田光代紙の月』は原田知世主演でテレビドラマ化、宮沢りえ主演で映画化されている[6]。時代小説文庫シリーズの北方謙三『三国志』は累計550万部を突破している[7]。同シリーズの高田郁みをつくし料理帖』シリーズは、累計260万部を突破している[8]。280円文庫シリーズは、著作権の切れた日本文学の名作を安く売り出したもの[9]。社長の角川春樹の「安いといろいろな人が手に取ってくれて、本好きが増える」との考えから安価な定価が設定された[9]。小学校高学年程度でも読めるように、振り仮名が多く付けられている[9]

ハルキ・ホラー文庫[編集]

ハルキ・ホラー文庫(ハルキ・ホラーぶんこ、Haruki Horror Bunko)は、株式会社角川春樹事務所が発行している文庫レーベル。2000年に創刊される[10]。創刊ラインナップは全21点で、すべて書き下ろし[11]2005年平山夢明『東京伝説 呪われた街の怖い話』『つきあってはいけない』が実写映画化される[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]