ハルグチュク・ドゥーレン・テムル・ホンタイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハルグチュク・ドゥーレン・テムル・ホンタイジ(モンゴル語: Qarγučuγ dügüreng temür qongtayiǰi中国語: 哈爾古楚克都古楞特穆爾鴻台吉、? - 1399年?)とは、北元時代におけるモンゴルの皇族。ダヤン・ハーンの祖先に当たる。ハルグチャグ・タイジ(Qarγučaγ tayiǰi)とも。

概要[編集]

ハルグチュクの出自は史料によって異なり、『黄金史綱』はエルベク・ハーンの息子とし、『蒙古源流』はウスハル・ハーンの子供でエルベク・ハーンの弟とする。そもそもエルベク・ハーンがウスハル・ハーンの息子か疑わしいこと、「ホンタイジ(皇太子)」という称号から、『黄金史綱』に従ってエルベク・ハーンの息子とするのが正しいと考えられている。

モンゴル年代記によると、ハルグチュクはオルジェイト皇后妃子という「雪のように肌が白く、血のように頬の赤い」美貌の妻を持つことで知られていた。ある時チョロースゴーハイ太尉の進言によってオルジェイト皇后の存在を知ったエルベク・ハーンはゴーハイ太尉を派遣し、オルジェイト皇后を自らの妻(ハトゥン)にしようとした。

しかしオルジェイト皇后は、

天地を併せることができましょうか/上帝は嫁を横取りし得ましょうか/貴方の子ドゥーレン・テムル・ホンタイジは死んだのでしょうか/ハーンは黒き狗になられたのでしょうか — 著者不明『黄金史綱』

と語ってエルベク・ハーンの要求を拒絶した。

これを聞いたエルベク・ハーンは怒り、ハルグチュクを待ち伏せして殺し、力尽くで既に妊娠していたオルジェイト皇后を自らの妻にしてしまった。オルジェイト皇后はこのことを恨みに思い、計略によってエルベク・ハーンにゴーハイ太尉を殺害させ、更にエルベク・ハーンはケレヌートのオゲチ・ハシハに殺されてしまった。オルジェイト皇后は今度はオゲチ・ハシハに娶られ、そこでハルグチュクの息子アジャイ・タイジを産んだ[1]

ハルグチュクはハーンにこそならなかったものの、ハルグチュクの息子アジャイ・タイジから後代のハーンが輩出されていった。アジャイ・タイジの3人の息子は、長男がタイスン・ハーンに、末子がマンドゥールン・ハーンになり、次男のアクバルジ・ジノンの曾孫がダヤン・ハーンになった。

ハルグチュクの出自については諸説あるが、クビライ家を自称するダヤン・ハーンの先祖であること、漢文版『蒙古世系譜』に割注で「宗室」と記されることなどからクビライ家の人物であるとする説が主流である。 [2]

脚注[編集]

  1. ^ オルジェイト皇后の妊娠とアジャイ・タイジの出産は『黄金史綱』に記載がなく、後世の創作ではないかとする説もある(岡田2010,257-266頁)
  2. ^ Buyandelger2000,132-136頁

参考文献[編集]

  • 井上治『ホトクタイ=セチェン=ホンタイジの研究』風間書房、2002年
  • 岡田英弘訳注『蒙古源流』刀水書房、2004年
  • 岡田英弘『モンゴル帝国から大清帝国へ』藤原書店、2010年
  • 和田清『東亜史研究(蒙古篇)』東洋文庫、1959年
  • 宝音德力根Buyandelger「15世紀中葉前的北元可汗世系及政局」『蒙古史研究』第6辑、2000年