ハルツ狭軌鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハルツ狭軌鉄道
運行されるタンク機関車
運行されるタンク機関車
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
所在地 ハルツ山地
起点 ヴェルニゲローデ[1]
終点 ブロッケン
開業 1993年
路線諸元
軌間 1000mm
テンプレートを表示

ハルツ狭軌鉄道ドイツ語: Harzer SchmalspurbahnenまたはHSB)はドイツハルツ山地保存鉄道

歴史[編集]

ブロッケン山は東西冷戦中には軍事的な要衝だったが、ドイツ再統一後には観光地として賑わう様になり、1993年2月1日に開通した。山頂はレーダー博物館になっている[2]

運行[編集]

ハルツ山地を走行しており、観光客向けの蒸気機関車による列車の運行だけでなく気動車による列車も運行される。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ 櫻井寛 『今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅』 新潮社、2009年、61頁。ISBN 978-4-10-138471-9。
  2. ^ ハルツ狭軌鉄道, http://worldtrain.sakura.ne.jp/10hsb.html 

文献[編集]

  • 海外保存鉄道 (白川淳著、JTBパブリッシング刊(JTBキャンブックス)、ISBN 978-4-53-302143-5 )

関連項目[編集]