ハレック・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハレック・グレイシー
基本情報
本名 ハレック・グレイシー
(Ralek Gracie)
通称 グレイシー柔術正統継承者
最強一族のプリンス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1985-10-04) 1985年10月4日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属 グレイシー柔術アカデミー
身長 188cm
体重 96kg
階級 ヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ハレック・グレイシーRalek Gracie1985年10月4日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家。グレイシー柔術アカデミー所属。ブラジリアン柔術黒帯。

ホリオン・グレイシーの三男であり、ヒクソン・グレイシーの甥、エリオ・グレイシーの孫にあたる。

来歴[編集]

5歳から柔術の英才教育を受け、ブラジリアン柔術では50戦以上の経験を持つ。2007年に、祖父エリオ・グレイシー黒帯を授与された[1]

2007年7月16日、HERO'Sで総合格闘技デビュー。柴田勝頼と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2007年9月17日、HERO'Sでミノワマンと対戦予定であったが、肩の腱を怪我したため欠場となった[2]

2008年6月15日、DREAM初参戦となったDREAM.4ガジエフ・アワウディンと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。当初はミルコ・クロコップと「グラップリング・チャレンジマッチ」で対戦予定であったが、ミルコの右肘靭帯亜脱臼により対戦相手が変更となった[3][4]

2010年5月29日、ケージ開催となったDREAM.14桜庭和志と対戦し、判定勝ち。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
3 0 2 1 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 加藤久輝 5分3R終了 判定0-3 Bellator 170: Ortiz vs. Sonnen 2017年1月21日
桜庭和志 5分3R終了 判定3-0 DREAM.14 2010年5月29日
ガジエフ・アワウディン 1R 3:02 腕ひしぎ十字固め DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年6月15日
柴田勝頼 1R 3:05 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦 2007年7月16日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ゲイリー・トノン 14:53 アンクルロック Metamoris 7 2016年7月17日

脚注[編集]

関連項目[編集]