ハロルド・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハロルド・J・グリーン
Harold J. Greene
Harold J. Greene.jpg
ハロルド・グリーン少将
渾名 「ハリー」(Harry)[1]
生誕 (1959-02-11) 1959年2月11日[2]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン[3]
死没 (2014-08-05) 2014年8月5日(55歳没)
アフガニスタンの旗 アフガニスタン カーブル キャンプ・カルガ英語版
所属組織 アメリカ陸軍
軍歴 1980年 - 2014年[4][5]
最終階級 少将(Major general)[6][7][8][9]
墓所 アーリントン国立墓地
テンプレートを表示

ハロルド・ジョーゼフ・"ハリー"・グリーン(Harold Joseph "Harry" Greene, 1959年2月11日 - 2014年8月5日)は、アメリカ合衆国の軍人。アメリカ陸軍の将校として長年勤務し、アフガニスタン紛争の最中にアフガニスタン治安復興支援統合部隊英語版副司令官に就任した。2014年、キャンプ・カルガ英語版にてアフガニスタン国軍の兵士による襲撃を受け戦死した。最終階級は少将。

グリーンの戦死は、米軍の将官が職務中に死亡した事例としては2001年のアメリカ同時多発テロ事件にて殺害されたティモシー・モード英語版陸軍中将以来のものであり、またアメリカ国外に限ればベトナム戦争中の1972年5月に事故死したレンブラント・ロビンソン英語版海軍少将以来の事例となる[10][11]。グリーンはいわゆる対テロ戦争における戦死者のうち、最高階級の米軍人である[12]

若年期・教育[編集]

1959年、マサチューセッツ州ボストンにて母エヴァ・メイと父ハロルド・F・グリーンの元に生を受ける[3][13]ニューヨーク州スケネクタディで若年期を過ごし[14]、1977年にギルダーランド・ハイスクール英語版を卒業、1980年にはレンセラー工科大学(RPI)から生産工学(Industrial Engineering)の学士号(bachelor's degree)を得ている[15]。両親はニューヨーク州ギルダーランド英語版に暮らしており、母は2013年2月に死去していたが、父はグリーンの戦死が報じられた時点でも存命だった[3]。グリーンはRPIで生産工学の修士号(master's degree)を得たほか、南カリフォルニア大学(USC)から材料工学の修士号、機械工学の修士号[1]、1992年には物質科学の博士号(Ph.D.)を得ている[1][6]

軍人としては工兵将校の初等および高等課程を修了したほか、陸軍指揮幕僚大学を卒業している。防衛調達大学英語版の防衛システム管理大学上級プログラム管理課程(Defense Systems Management College's Advanced Program Management Course)を修了し、アメリカ陸軍大学校英語版から戦略研究修士(Master of Strategic Studies)の学位を得ている[16][17]

軍歴[編集]

レンセラー工科大学で講演するグリーン(2010年5月)
少将への昇進式典(2012年8月)
輸送機から降ろされるグリーンの遺体

グリーンはレンセラー工科大学在学中に予備役将校訓練課程に参加し、1980年の卒業と共に陸軍の工兵将校となった[1]

陸軍入隊後、グリーンはまずフォート・ポーク英語版にて小隊長、中隊副官、大隊幕僚などを務めた。その後、在アテネの駐在技術員(resident engineer)、在イスタンブールのプロジェクト技術員(Project engineer)、在西ドイツ第5軍団にて旅団付技術員および中隊長、航空ミサイル軍英語版付幕僚および材料技師、フォート・モンマス英語版にてACS英語版の生産責任者(product manager)、フォート・レオナード・ウッドにて陸軍演習支援センター戦闘開発総局(Combat Developments Directorate, U.S. Army Maneuver Support Center)の局長補(assistant director)を歴任した[18][12]。2001年9月11日の同時多発テロの際にもフォート・レオナード・ウッドに勤務していた[12]

2009年末、グリーンは准将に昇進し、アバディーン性能試験場研究開発設計コマンド英語版副司令官に就任する[19]。その後、ネイティック兵員研究開発設計センター英語版司令官に就任[20]。ナティック勤務の折、グリーンは軍事訓練へのスマートフォンビデオゲームバーチャルリアリティといった技術の導入を推進した[21]。その後、購買、兵站、技術担当陸軍長官補佐英語版事務局にて情報、電子戦、探知担当の計画執行者(Program executive officer)の職に就く。2012年、少将に昇進し、同事務局内の購買およびシステム管理担当補佐官に就任[6]。2014年1月、アフガニスタンにおける不朽の自由作戦(OEF-A)において、アフガニスタン治安復興支援統合部隊英語版(CSTC-A)の副司令官に指名された。

戦死[編集]

2014年8月5日、グリーンはカーブルキャンプ・カルガ英語版内に設置されていたファヒーム元帥記念国防大学英語版を視察中、アフガニスタン兵からM16小銃で後頭部を銃撃され戦死した[22][23]。当時、グリーンは日常的な業務として訓練施設の視察を行っている最中であった[24]。この攻撃により、グリーン以外にもNATOおよびアフガニスタンの軍人14名が負傷した[25]。その内訳はミヒャエル・バルトシェーア英語版独陸軍准将、アフガニスタン国軍の将官2名および将校1名、アメリカ軍人8名、イギリス軍人2名である[25][26]

2014年8月7日朝、デラウェア州ドーバー空軍基地にグリーンの遺体が到着する[27][28][29]。8月14日、遺体はアーリントン国立墓地に埋葬された[30]

私生活[編集]

妻のスー・マイヤーズ(Sue Myers)は医師(doctor)[31]の資格を持つ陸軍の退役大佐で、陸軍大学校英語版に教授として勤務していた[1][3][29]。グリーンの戦死時、彼女はバージニア州フォールズチャーチに暮らしていた[12]。グリーンには子供が2人あった。娘アメリア(Amelia)と息子マシュー(Matthew)である。マシューは陸軍に将校として勤務している[1][3]

受章[編集]

Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Silver oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze star
Award numeral 2.png
1段目
三重柏葉章付レジオン・オブ・メリット章[32][6]
名誉戦傷章[32][N 1]
銀柏葉章付功労章[6]
2段目
三重柏葉章付陸軍称揚章英語版[6]
陸軍業績章英語版[6]
銅星章付国防従軍章英語版[6]
3段目
国際対テロ戦争従軍章英語版
陸軍勤務記章英語版
陸軍海外勤務記章英語版(受章回数2回)

脚注[編集]

  1. ^ 死後追贈

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Pearce, Matt; Cloud, David S. (2014年8月5日). “Slain U.S. Maj. Gen. Harold Greene remembered for brilliance, humor”. Los Angeles Times (Chicago, Illinois: Tribune Company). http://www.latimes.com/nation/nationnow/la-fg-army-general-killed-20140805-story.html 2014年8月6日閲覧。 
  2. ^ NSSC This Week remembers Major General Harold Greene, p. 24
  3. ^ a b c d e Yusko, Dennis (2014年8月6日). “Father of major general killed in Afghanistan: 'Something is missing'”. Albany Times-Union (Albany, New York: Hearst Newspapers). http://www.timesunion.com/local/article/Cuomo-orders-flags-at-half-staff-for-general-from-5671641.php 2014年8月6日閲覧。 
  4. ^ Army Maj. Gen. Harold Greene killed in Afghanistan”. CNN (2014年8月5日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  5. ^ Insider attack victim identified as Maj. Gen. Harold Greene”. Army Times (2014年8月5日). 2014年8月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Major General Harold J. Greene — Deputy for Acquisitions and Systems Management Headquarters, Department of the Army (PDF)”. 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  7. ^ 392F – C4ISR Breakfast – Featuring MG Harold J. Greene, USA”. Web.archive.org. 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月5日閲覧。
  8. ^ Condolence Statement from the Army Chief of Staff General Ray Odierno for the Loss of Maj. Gen. Harold J. Greene”. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月13日閲覧。
  9. ^ “335”. Title 10, Part 2, Section 3281. http://www.law.cornell.edu/uscode/text/10/3281 2014年8月12日閲覧. "(1) Major general" 
  10. ^ Rosenberg, Matthew; Kakaraug, Haris (2014年8月5日). “U.S. General Is Killed in Attack at Afghan Base, Officials Say”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2014/08/06/world/asia/afghanistan-attack.html 2014年8月5日閲覧。 
  11. ^ Maj. Gen. Harold Greene Is Highest Ranking Soldier Killed Since Vietnam”. ABC News (2014年8月5日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  12. ^ a b c d Major General Harold Greene killed in Afghanistan attack; highest ranking officer killed in combat since 1970” (2014年8月5日). 2014年8月8日閲覧。
  13. ^ In Memory of Eva S. Greene 1928–2013”. 2014年8月7日閲覧。
  14. ^ Bob Fredericks. “Afghan soldier who killed US general hid in bathroom with NATO gun”. New York Post. http://nypost.com/2014/08/06/insider-who-killed-general-hid-in-bathroom-used-nato-gun/ 
  15. ^ Shirley Ann Jackson, Ph.D., President, Rensselaer Polytechnic Institute, Statement on the Death of Major General Harold J. Greene '80, August 5, 2014
  16. ^ United States Army (2014年8月). “Army general killed in Afghanistan”. Army.mil. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  17. ^ Garamone, Jim (2014年8月6日). “Officials Identify Army Major General Killed in Afghanistan”. U.S. Department of Defense. 2014年8月14日閲覧。
  18. ^ U.S. Army Biography, Harold J. Greene”. 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月14日閲覧。
  19. ^ Army's research, development command moves to historic facilities | Article | The United States Army”. Army.mil. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月5日閲覧。
  20. ^ Natick Soldier Systems Center Master Plan Overview (PDF)”. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  21. ^ Martin, Andrew; Lin, Thomas (2011年5月1日). “Military Tests Apps and Other Digital Training Tools: Keyboards First. Then Grenades”. New York Times (New York City, New York: The New York Times Company). オリジナル2014年8月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140806163604/http://www.nytimes.com/2011/05/02/technology/02wargames.html?pagewanted=all&_r=1& 2014年8月6日閲覧。 
  22. ^ Two star general was shot in the back of the head after Afghan soldier hid in the bathroom preparing for sneak attack”. 2015年2月13日閲覧。
  23. ^ “American army officer killed, many wounded in Afghan insider attack”. Afghanistan Sun. http://www.afghanistansun.com/index.php/sid/224460361 2014年8月7日閲覧。 
  24. ^ U.S. general killed in Afghanistan was key figure in training effort”. Washington Post (2014年8月5日). 2014年8月5日閲覧。
  25. ^ a b Afghan insider's killing of U.S. general marks grim renewal of tactic, Los Angeles Times
  26. ^ Afghan soldier who killed U.S. general is identified, Los Angeles Times
  27. ^ Body of Major General Harold Greene arrives in Dover”. Boston Globe (2014年8月7日). 2014年8月7日閲覧。
  28. ^ Carroll, Chris (2014年8月7日). “Body of US general killed in Afghan insider attack arrives at Dover AFB”. Stars and Stripes. 2014年8月7日閲覧。
  29. ^ a b Air Force Mortuary Affairs (2014年8月7日). “Army Maj. Gen. Harold J. Greene honored in dignified transfer Aug. 7”. United States Air Force. United States Department of the Air Force. 2014年8月7日閲覧。
  30. ^ Gruber, Jack (2014年8月14日). “Service Honors Gen. Harold Greene”. USA Today (Tysons Corner, Virginia). http://www.usatoday.com/picture-gallery/news/nation/2014/08/14/service-honors-gen-harold-greene/14078483/ 2014年8月14日閲覧。 
  31. ^ Army memorial ceremony honors Maj. Gen. Greene (Aug. 14, 2014)
  32. ^ a b Lin, C.J. (2014年8月14日). “Maj. Gen. Harold Greene receives full burial honors at Arlington”. Stars and Stripes. 2014年8月21日閲覧。