ハワイ・ポノイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハワイ・ポノイ』(ハワイ語Hawaiʻi ponoʻī)は、かつてのハワイ王国国歌であり、現在は米国ハワイ州の州歌である[1]1874年デイヴィッド・カラカウア王 (David Kalākaua) が作詞、ロイヤル・ハワイアン・バンドの指揮者であったヘンリー・バーガー (Henri Berger) が作曲した[1][2]1967年にハワイ州議会によって正式な州歌に定められたが[1]、それ以前のハワイ共和国および米領ハワイ (T.H.) の時代にもハワイの歌として親しまれてきた。

1874年11月にホノルルカワイアハオ教会で初演された[3]

この楽曲は、イギリス国歌女王陛下万歳」やドイツ帝国の国歌「皇帝陛下万歳」を想起させる。

歌詞[編集]

Hawaiʻi ponoʻī
Nānā i kou, mōʻī
Kalani Aliʻi
ke Aliʻi
Makua lani ē
Kamehameha ē
Nā kaua e pale
Me ka ihe

Hawaiʻi ponoʻī
Nānā i nā aliʻi
Nā pua muli kou
Nā pōkiʻi
Makua lani ē
Kamehameha ē
Nā kaua e pale
Me ka ihe

Hawaiʻi ponoʻī
E ka lāhui e
ʻO kāu hana nui
E uʻi e
Makua lani ē
Kamehameha ē
Nā kaua e pale
Me ka ihe

歌詞(日本語訳)[編集]

誇り高きハワイの民よ 王を崇め讃えよ この国を治める君主である王を 
われらの父なるカメハメハは 自ら槍を手に戦い この国を守った

誇り高きハワイの民よ 王を信頼せよ 王の血は若き世代に受け継がれていく 
われらの父なるカメハメハは 自ら槍を手に戦い この国を守った

誇り高きハワイの民よ 忠誠心に満ちた民よ これを心に刻み留めよ
われらの父なるカメハメハは 自ら槍を手に戦い この国を守った

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 弓狩匡純『国のうた』文藝春秋、日本、2004年、185頁。ISBN 9784163659909。
  • 中嶋弓子『ハワイ・さまよえる楽園』東京書籍、1993年。ISBN 4-487-75396-1。