ハングメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハングメン (Hangmen)
脚本 マーティン・マクドナー
初演日 2015年9月18日 (2015-09-18)
初演場所 ロンドン、ロイヤルコート劇場
オリジナル言語 英語

ハングメン』(英語: Hangmen)は、アイルランド系イギリス人劇作家マーティン・マクドナーによる戯曲である。ロンドンのロイヤルコート劇場で2015年9月に初演され、同年9月17日にフェイバー・アンド・フェイバー社より刊行された。

その後ウエスト・エンドのウィンダム劇場に移動した[1]。マシュー・ダンスターが演出をつとめ、アンナ・フレイシュルが舞台装置デザインを担当し、デヴィッド・モリッシーリース・シェアスミスなどが出演した。劇評家からは広く絶賛され、ローレンス・オリヴィエ賞、批評家協会演劇賞、イヴニング・スタンダード演劇賞など多数の賞にノミネートされた[2]

あらすじ[編集]

『ハングメン』は1963年のイギリスが舞台であり、死刑執行人ハリー・ウェイドを中心に展開する。ハリーは国でも二番目に優秀な死刑執行人で、妻のアリスとオールダムパブを経営し、15歳の娘シャーリーがいる。ハリーは絞首刑の廃止に向き合わねばならなくなり、パブはハリーの職業に関するさまざまな動機を抱えてやってくる人々でいっぱいである。ムーニーという名のよそ者はパブにやって来てトラブルを起こし、ハリーの娘シャーリーに色目を使ってハリーをいらつかせる。ムーニーはハリーをからかい、自分が娘のシャーリーを誘拐して殺したとハリーとアリスが信じるよう仕向ける。このためハリーはムーニーの首を絞めて殺してしまうが、その後にシャーリーが何も知らずに無事に戻ってくる。芝居は、ハリーが最初に執行した死刑を正当化しようとするところで終わる。

登場人物[編集]

上演[編集]

『ハングメン』は劇作家マーティン・マクドナーによる作品である[3]。芝居の舞台は主に1963年のオールダムで、イギリスにおける死刑の廃止を中心に展開する[4][5][6]。2015年7月15日、ロイヤル・コート劇場の芸術監督であるヴィッキー・フェザーストンが、本作はロイヤル・コート劇場の2015年シーズンにて世界初演が行われると発表した[7][8]。『ピローマン』がナショナル・シアターで初演されて以来、はじめてマクドナーの芝居がロンドンで初演されることとなった[9]。マクドナーは2000年に『ウィー・トーマス』をロイヤル・コート劇場に提出したが上演を断られており、マクドナーはこのことに強い不快感を抱いていたが、ロイヤル・コート劇場のスタッフ陣が入れ替わったこともあり、過去の恨みは捨てることにしたと述べている[10]。『ハングメン』は2015年9月10日にプレビュー開始となり、公式には9月18日に開演し、10月10日まで期間限定で上演された[11][12][13]

演出はマシュー・ダンスターが担当し、殺陣指導はケイト・ウォーターズが、舞台装置デザインはアンナ・フレイシュルが、照明デザインはジョシュア・カーが、音響デザインはイアン・ディキンソンが担当した[14][15][16][17]。初演の後にウェストエンドのウィンダム劇場に引っ越し、2015年12月1日にプレビューを開始した後、12月7日から正式に開演し、2016年3月5日まで上演された[18][19]。休憩1回をはさんで2時間30分の上演だった[12]

ナショナル・シアター・ライヴ[編集]

『ハングメン』は2016年3月3日にナショナル・シアター・ライヴにより中継された[20]。2016年3月22日よりイギリス全国のヴュー・シネマズで再上映も行われた。2017年には日本語字幕つきで日本でも上映されている。上演時間は舞台上演じたいに解説がついて165分であった[21]

日本語版[編集]

ハングマン-HANGMEN-』と題して2018年5月に彩の国さいたま芸術劇場世田谷パブリックシアターにて、小川絵梨子訳、長塚圭史演出で上演された。邦題は『ハングマン』であった[22]。ハリー役は田中哲司、アリス役は秋山菜津子、ムーニー役は大東駿介がつとめた[23]。他、キャストに宮崎吐夢大森博史長塚圭史市川しんぺー谷川昭一朗村上 航富田望生三上市朗羽場裕一[22]

初演のキャスト[編集]

人物名 初演[24] ウェストエンド版[17]
ヘネシー ジョゼフ・デイヴィス
クレッグ ジェームズ・ドライデン
ムーニー ジョニー・フリン
ビル グリーム・ホーリー トニー・ハースト
ピアポイント ジョン・ホジキンソン
シャーリー ブロンウィン・ジェームズ
ハリー デヴィッド・モリッシー
シド リース・シェアスミス アンディ・ナイマン
フライ警部補 ラルフ・アイネソン クレイグ・パーキンソン
チャーリー ライアン・ポープ
Alice サリー・ロジャーズ
Guard マーク・ローズ
Arthur サイモン・ラウズ

評価[編集]

本作は批評家より高い評価を受けた[25][26][27][28][29][30][31]。2016年のローレンス・オリヴィエ賞では最優秀戯曲賞と最優秀舞台装置デザイン賞を受賞し、最優秀演出家賞にもノミネートされた[32]。批評家協会演劇賞でも2015年の最優秀新作戯曲賞と最優秀デザイナー賞を受賞した[33]。2015年のイヴニング・スタンダード演劇賞でも最優秀デザイン賞を受賞している[34][35]

受賞[編集]

ロイヤルコート及びウェストエンド[編集]

部門 候補者 結果 出典
2015 イヴニング・スタンダード演劇賞 最優秀戯曲賞 ノミネート [34]
最優秀舞台装置デザイン賞 アンナ・フレイシュル 受賞
批評家協会演劇賞 最優秀新作戯曲賞 受賞 [33]
最優秀デザイナー賞 アンナ・フレイシュル 受賞
2016 ホワッツオンステージ賞(Whatsonstage Awards) 最優秀新作戯曲賞 ノミネート [36]
最優秀助演男優賞 ジョニー・フリン ノミネート
ローレンス・オリヴィエ賞 最優秀戯曲賞 受賞 [37]
最優秀演出家賞 マシュー・ダンスター ノミネート
最優秀舞台装置デザイン賞 アンナ・フレイシュル 受賞
サウスバングスカイアーツ賞 演劇賞 受賞 [38]

書誌情報[編集]

『ハングメン』の戯曲刊本は2015年9月17日にフェイバー・アンド・フェイバー社より刊行された[39]。日本語訳は刊行されていない。

  • Martin McDonagh, Hangmen (Faber & Faber, 2015).

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ‘Theatre is never going to be edgy in the way I want it to be’”. theguardian.com. The Guardian (2015年9月13日). 2016年3月6日閲覧。
  2. ^ Clapp, Susannah. " 'Hangmen' review – a tremendous, terrifying return by Martin McDonagh" The Guardian, 27 September 2015
  3. ^ Review: ‘Hangmen’ Is a Triumphant Return for Martin McDonagh”. nytimes.com. The New York Times (2015年9月23日). 2016年3月14日閲覧。
  4. ^ Hangmen at Royal Court, SW1”. thetimes.co.uk. The Times (2015年9月19日). 2016年3月16日閲覧。
  5. ^ "Hangmen" plays on the British fascination, and revulsion, with capital punishment”. economist.com. The Economist (2015年9月23日). 2016年3月16日閲覧。
  6. ^ The truth still hurts: the enduring gallows humour of Hangmen”. theguardian.com. The Guardian (2015年12月30日). 2016年3月6日閲覧。
  7. ^ In Bruges director Martin McDonagh returns to Royal Court with new play”. theguardian.com. The Guardian (2015年7月15日). 2016年3月6日閲覧。
  8. ^ Martin McDonagh's Hangmen play leads Royal Court season”. bbc.co.uk/news. BBC News (2015年7月15日). 2016年3月6日閲覧。
  9. ^ Martin McDonagh play features in new Royal Court season”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2015年7月15日). 2016年3月6日閲覧。
  10. ^ Christopher D. Shea (2015年9月15日). “Martin McDonagh’s ‘Hangmen,’ a Mordant Stage Homecoming in London”. New York Times. 2018年1月5日閲覧。
  11. ^ Morrissey, Shearsmith and Cattrall cast in Royal Court season”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2015年7月17日). 2016年3月14日閲覧。
  12. ^ a b Hangmen”. royalcourttheatre.com. Royal Court Theatre. 2016年3月14日閲覧。
  13. ^ Hangmen (Royal Court)”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2015年9月20日). 2016年3月14日閲覧。
  14. ^ Hangmen Creative Team”. broadwayworld.com. Broadway World. 2016年3月14日閲覧。
  15. ^ Let's talk about sets: Anna Fleischle on Hangmen”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2015年12月4日). 2016年3月14日閲覧。
  16. ^ For ‘Hangmen’ and ‘Escaped Alone,’ Connecting Threads in London”. nytimes.com. The New York Times (2016年2月14日). 2016年3月14日閲覧。
  17. ^ a b McDonagh, Martin (17 September 2015). Hangmen. Faber and Faber. p. 4. ISBN 0571328873 
  18. ^ Martin McDonagh’s Hangmen gets West End transfer”. thestage.co.uk. The Stage (2015年10月2日). 2016年3月14日閲覧。
  19. ^ Martin McDonagh's Hangmen to transfer to the West End”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2015年10月2日). 2016年3月14日閲覧。
  20. ^ Hangmen NT Live”. ntlive.nationaltheatre.org.uk. National Theatre Live (2016年3月3日). 2016年3月4日閲覧。
  21. ^ ハングメン”. ナショナル・シアター・ライヴ. 2018年1月6日閲覧。
  22. ^ a b http://www.parco-play.com/web/program/hangmen/
  23. ^ https://natalie.mu/stage/news/268963
  24. ^ McDonagh, Martin (17 September 2015). Hangmen. Faber and Faber. p. 11. ISBN 0571328873 
  25. ^ Play about the last public executioners in Britain is a flawless treat”. independent.co.uk. The Independent (2015年9月21日). 2016年3月16日閲覧。
  26. ^ A tremendous, terrifying return by Martin McDonagh”. theguardian.com. The Guardian (2015年9月27日). 2016年3月16日閲覧。
  27. ^ Hangmen at the Royal Court Theatre”. express.co.uk. Daily Express (2015年9月25日). 2016年3月16日閲覧。
  28. ^ Hangmen, Royal Court, review: 'pitch-perfect'”. telegraph.co.uk. The Telegraph (2015年9月18日). 2016年3月16日閲覧。
  29. ^ The best new play of the year”. telegraph.co.uk. The Telegraph (2015年12月9日). 2016年3月16日閲覧。
  30. ^ Hangmen, theatre review: Blackest of black comedies”. standard.co.uk. London Evening Standard (2015年12月8日). 2016年3月16日閲覧。
  31. ^ Hangmen review round-up”. thestage.co.uk. The Stage (2015年12月10日). 2016年3月16日閲覧。
  32. ^ Olivier Winners 2016”. Olivier Award. 2018年1月6日閲覧。
  33. ^ a b This year the critics also awarded Hangmen and Bend It Like Beckham”. whatsonstage.com. Whats On Stage (2016年1月26日). 2016年3月4日閲覧。
  34. ^ a b Evening Standard Theatre Awards 2015: Who won and why”. standard.co.uk. Evening Standard (2015年11月23日). 2016年3月4日閲覧。
  35. ^ Nicole Kidman wins best actress at the Evening Standard awards.”. telegraph.co.uk. The Telegraph (2015年11月22日). 2016年3月4日閲覧。
  36. ^ Benedict Cumberbatch and Nicole Kidman take home WhatsOnStage Awards”. WhatsOnStage.com. 2016年4月4日閲覧。
  37. ^ Olivier Awards 2016: The winners”. BBC News. 2016年4月4日閲覧。
  38. ^ Hangmen wins South Bank Sky Arts Award”. WhatsOnStage.com. 2016年6月9日閲覧。
  39. ^ McDonagh, Martin (17 September 2015). Hangmen. Faber and Faber. ISBN 0571328873