ハンス・カムラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンス・カムラ-
Hans Kammler
1901年8月26日1945年5月?
Hans Kammler.jpg
ハンス・カムラー
生誕 Flag of the German Empire.svgドイツ帝国
シュテッティン
死没 Flag of the German Reich (1935–1945).svgドイツ第三帝国
ヴォルフラーツハウゼン
軍歴 1933~1945
最終階級 親衛隊大将
テンプレートを表示

ハンス・フリードリヒ・カール・フランツ・カムラー(Hans Friedrich Karl Franz Kammler、1901年8月26日 - 1945年5月9日?)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将軍。ナチスの秘密兵器や絶滅収容所の建設などに携わった人物。最終階級は親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)および武装親衛隊大将(General der Waffen-SS)。

略歴[編集]

ドイツ帝国領だったシュテッティン(現ポーランド)に生まれる。第一次世界大戦敗戦後の1919年にロスバッハで義勇軍(フライコール)に参加した。ミュンヘンダンツィヒの工科大学で学んだ。1932年3月1日に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党。1933年5月20日に親衛隊(SS)に入隊した(隊員番号113,619)。様々な経済部門に配属された。

第二次世界大戦中は経済行政本部(SS-WVHA)に配属され、長官であるオズヴァルト・ポール親衛隊大将の副官となった。強制収容所を運営するD局局長リヒャルト・グリュックスを監督し、またカムラー自身も強制収容所の建設を任務とするC局局長としてガス室を含む絶滅収容所の建設に携わっている。1943年のワルシャワ・ゲットー蜂起の後、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーはカムラーを報復のゲットー破壊作戦の監督に任じた。

また軍需大臣アルベルト・シュペーアからも副官に任じられ、カムラーはナチスの兵器製造にも携わることとなった。軍需工場の建設はもちろん、メッサーシュミット Me262V2ロケットといった秘密兵器製造にも関与した。1943年にはイギリス軍にV2ロケット建設基地の場所がばれ、大規模な空爆があり、新たな製造基地が必要となった。その製造基地の建設に親衛隊監督下のブーヘンヴァルト強制収容所の囚人が駆り出され、生産基地がドーラ強制収容所となったのを機にV2ロケットの生産の監督は実質的に国防軍から親衛隊へと移っていった。1944年8月8日にはカムラーが軍のヴァルター・ドルンベルガーに代わってV2ロケットの監督となった。さらに1945年1月には全ミサイルの生産の監督を任され、大戦末期の1945年4月には全航空機生産の全権も任せられたが、ドイツ本土への連合軍の進撃と空襲、資源枯渇で既に生産できる状況ではなくなっていた。

そうした中、連合軍の進撃に備え、4月17日に新型航空機開発研究施設(チェコスロバキアのビルゼンの地下にあった秘密工場)の撤収作業に携わっていたカムラーはヒムラーから直々に「関連資料をまとめ、即刻親衛隊本部に出頭せよ」との電報を受けると「親衛隊本部へは行けない」と返電し、開発計画の関係者(科学者や技術者など64名)を銃殺して関連資料を根こそぎ強奪して逃亡し、ドイツ軍からも追われる身となった。

戦後、そのまま行方不明となったが、何人かがカムラーの遺体を見たとする証言もある一方、運び出した貴重なデータや設計図を手土産にJu 390を奪って逃亡したとの証言もある(2機製作されたJu 390の内、カムラー所有の一機は戦後行方不明)。

公式記録では、カムラー大将は、1945年5月9日の夜、自殺で亡くなったとされている。彼は、親衛隊大将として、1945年3月20日から22日にかけて、アルンスベルク森林内の外国人労働者の大量虐殺を命じ、実行させたため、1957年12月9日に始まったアルンスベルク裁判で、彼の自殺の経緯が判明したとされている。この地方裁判所の判決では、1945年5月初旬に、カムラ―が、直属の親衛隊少尉と運転手とともに、プラハの反乱とドイツ軍の降伏の際に、2台の車で5月9日に、V2-プログラムの師団司令部があったヴァールシュタイン近郊のズットロプを逃げたことが報告されている。前の日に「彼は生きている目的が何も無い」と言った後、彼はプラハの南にある森林地にその車を止めた。彼は少尉と運転手にドイツへ向かうように促し、森林に入った。そのちょっと後で、司令部付き将校・親衛隊少尉ツォイナーと彼の運転手プロイクによって、森林の中でカムラ―の死体が発見された。彼は明らかにシアン化合物を服毒して命を絶っていた。死体はその後現場に埋葬され、その場で一時的に移動された。カムラー大将は、プラハからの逃亡に際して、捕獲を避けるために自殺する意志があったことが確認されている。このように公式の記録では、1945年5月9日の夜に服毒自殺したとされているが、それが事実なのか、新兵器の極秘技術を連合国側へもたらしたことへの見返りとして戦犯訴追を免れた事への隠蔽工作なのかは未だ判然としていない。

2014年に、ベルリン・フンボルト大学講師で歴史家のライナー・カールシュ(『ヒットラーの爆弾』等の著者)は、カムラー大将が、1945年に自殺で死亡したことを疑っているテキストを公表した。1945年、既に彼は、ヴァルター・ドルンベルガーヴェルナー・フォン・ブラウンなどのV2ロケット開発者達と共に米国の諜報機関のペーパークリップ作戦等の保護リストに掲載されていた。カールシュの研究によると、アルソス・ミッション(Alsos Mission)に関与した旧OSSの特別代理人ドナルド・W・リチャードソン(1917-1997)は、「カムラ―を米国に連れてきた人物」であることを主張していた。リチャードソンは、伝えられるところによると、亡くなる少し前に、ペーパークリップ作戦を含む戦争中と戦後の彼の経験について、彼の息子たちに語っていた。息子たちによると、リチャードソンは、1947年までカムラ―を監督したと主張していた。このため、カムラ―は、希望も救いも日の目も見ない非公開の隠されたところ 「最大の安全保障の場所」に、彼が首を吊って自殺するまで拘束されていたと推定されている。[1]

UFO陰謀論への登場[編集]

秘密兵器プロジェクトに関与し、生死が不明であったことから、未確認飛行物体(UFO)を巡る陰謀論にしばしば登場する。「カムラーが開発を指揮していた兵器の一つが“The Bell”と呼ばれる翼の無い航空機であり、カムラーの亡命を秘密裏に受け入れたアメリカ合衆国がその飛行原理の研究を引き継いで完成・飛行させた円盤型航空機が後に地球製UFOへと発展して1950年代後半に開始された第三の選択などの極秘宇宙開発に運用された」という見解である[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ [ライナー・カールシュ(2014)。「ハンス・カムラー」(2014年、ノート6、雑誌『歴史学会(ZeitschriftfürGeschichtswissenschaft)』の記事の要約)である。Frankfurter Allgemeine am Sonntag(ドイツ新聞)。フランクフルト:52-53。]
  2. ^ Nazi UFO Conspiracy(邦題『ナチスUFOの開発計画』)ディスカバリーチャンネル(2018年2月24日閲覧)

関連項目[編集]