ハンス・ダンマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンス・ダンマース
Hans Dammers
生誕 1913年12月8日
ドイツの旗 ドイツ帝国
シェールペンベルグ
死没 1944年3月17日(1944-03-17)(30歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
イヴァーノ=フランキーウシク
所属組織 War ensign of Germany (1938–1945).svgドイツ国防軍空軍
最終階級 少尉(Leutnant)
テンプレートを表示

ハンス・ダンマース(:Hans Dammers、1913年12月8日 - 1944年3月17日)は、ドイツ空軍軍人。第二次世界大戦では連合国軍機を113機撃墜したエース・パイロットとして知られる。

彼は空中戦だけではなく地上攻撃にも長けており、合計でトラック34台、装甲車1台、対空砲3門などを破壊した[1]

これらの功績により、騎士鉄十字章を受章している。

経歴[編集]

ダンマースは1913年12月8日にドイツ・メールス郊外のシェールペンベルグに生まれた。ドイツ空軍に入隊した彼は、1941年6月のバルバロッサ作戦勃発後、第52戦闘航空団(JG52)の一員として48機を撃墜している。最初の撃墜は1942年5月13日ソ連戦闘機MiG-1であり、次いで28日にソ連の爆撃機Pe-2を落としている[2]7月17日、ダンマースはメッサーシュミット Bf109 G-2(Werknummer 13435—製造番号)に搭乗し、編隊を組んでいたクルト・ケセル伍長とともにソ連の戦闘機Yak-1を急襲した。しかしそのYak-1に搭乗していたのは、後にソ連2番目の撃墜数を誇ることになるアレクサンドル・ポクルィシュキン中尉であった。ポクルィシュキンは2機を撃墜、ケセルは死亡したものの、ダンマースはパラシュートでの脱出に成功している[3]

1942年7月28日、2機のソ連の戦闘機LaGG-3を撃墜し、再び戦果を上げ始めた。8月23日、彼は計57機の撃墜により騎士鉄十字章を受章した[2]

1944年3月13日、ダンマースが搭乗していたメッサーシュミット Bf109 G-6(Werknummer 20162、イエローナイン)がソ連の戦闘機La-5によって撃墜された。彼はパラシュートでの脱出を図ったものの、パラシュートが機体の翼に引っかかり怪我を負った。そして、3月17日、彼はイヴァーノ=フランキーウシクの病院で死亡した。死後少尉へ昇進。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Obermaier 1989, p. 99.
  2. ^ a b Bundesarchiwe-MA 35 mm microfilms
  3. ^ Bergstrom 2006, p. 43.
  4. ^ Patzwall and Scherzer 2001, p. 78.
  5. ^ Fellgiebel 2000, p. 157.
  6. ^ Scherzer 2007, p. 265.

注釈[編集]

  1. ^ According to Obermaier on 20 July 1942.[1]
  2. ^ According to Scherzer as pilot in the 7./JG 52.[6]

参考文献[編集]

  • Bergström, Christer; Dikov, Andrey; Antipov, Vlad; Sundin, Claes (2006). Black Cross / Red Star Air War Over the Eastern Front, Volume 3, Everything for Stalingrad. Hamilton MT: Eagle Editions. ISBN 978-0-9761034-4-8. 
  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1941 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 

関連項目[編集]