ハンス・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ハンス・ハーン(Hans Hahn, 1879年9月27日 - 1934年7月24日)は、オーストリア数学者関数解析学位相幾何学集合論変分法実解析、秩序理論などに多くの貢献を果たした。

生涯[編集]

ウィーン生まれ。ウィーン工科大学で学ぶ。また、ストラスブール大学ミュンヘン大学ゲッティンゲン大学でも学んでいる。1905年ウィーン大学の教員に任命される。その後、チェルニウツィー大学、ボン大学の助教授、教授を経て、1921年にウィーン大学で数学教授に就任した。

哲学にも大いに関心を抱き、論理実証主義の立場にたつ科学者が定期的にウィーンで開いていた会合であるウィーン学団にも参加している。

数学的貢献としてはハーン-バナッハの定理や一様有界性原理がある。いずれもステファン・バナフやフーゴ・シュタインハウスとは独立に定式化したもの。他には以下の定理にも貢献している。