ハンス・フォンク (指揮者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンス・フォンク
生誕 (1942-06-18) 1942年6月18日
出身地 オランダの旗 オランダアムステルダム
死没 (2004-08-29) 2004年8月29日(62歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

ハンス・フォンク(Hans Vonk, 1942年6月18日 - 2004年8月29日)は、オランダアムステルダム出身の指揮者アルフォンス・ディーペンブロックなどのオランダ人作曲家の擁護者であった。

経歴[編集]

アムステルダム音楽院英語版にて音楽を、アムステルダム大学にて法学を修める。この間、ジャズ・ピアニストとしての演奏活動で生計を立てていた。ネーデルラント国立バレエ団の指揮者としてデビューを果たし、踊り子のジェス・フォルケルツと結婚した。その後はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団ハーグ・レジデンティ管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデンケルン放送交響楽団などを指揮し、録音も残している。

1988年にはミラノスカラ座にてニコロ・ヨメッリ歌劇《フェトンテ》の蘇演を指揮したが、その後ギラン・バレー症候群神経系を冒され、1年間の休養を取ることを余儀なくされた。全快したかに思われたため、演奏活動を再開し、1996年にはレナード・スラットキンの後任としてセントルイス交響楽団の指揮者に就任するが、2002年に健康の不調によって退任に追い込まれた。今度は筋萎縮性側索硬化症に冒されていた。2004年8月29日にアムステルダムの自宅にて永眠。セントルイス交響楽団は、フォンクの追悼演奏会を催してベルリオーズの《死者のためのミサ曲》を上演した。

日本では、1993年読売日本交響楽団に客演し、第九を指揮したほか、2001年5月から6月にかけてはNHK交響楽団に客演し、モーツァルトの「セレナータ・ノットゥルナ」、ボワエルデューハープ協奏曲シューベルトの「ザ・グレート」を、東京宇都宮山形で演奏した。

先代:
フェルディナント・ライトナー
ハーグ・レジデンティ管弦楽団
首席指揮者
1980 - 1991
次代:
エフゲニー・スヴェトラーノフ
先代:
レナード・スラトキン
セントルイス交響楽団
首席指揮者
1996 - 2002
次代:
イツァーク・パールマン