ハンセル・ロブレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンセル・ロブレス
Hansel Robles
ロサンゼルス・エンゼルス #57
Hansel Robles on July 16, 2016 (cropped).jpg
メッツ時代(2016年7月16日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンセニョール・ノウエル州ボナオ英語版
生年月日 (1990-08-13) 1990年8月13日(29歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュアFA
初出場 2015年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2017年

ハンセル・マニュエル・ロブレスHansel Manuel Robles, 1990年8月13日 - )は、ドミニカ共和国モンセニョール・ノウエル州ボナオ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルス所属。

愛称はスペイン語で岩を意味するエル・ペニャーコEl Penaco[1]

経歴[編集]

プロ入りとメッツ時代[編集]

2008年8月にニューヨーク・メッツと契約し、プロ入り[2]

2009年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツでプロデビューし、翌2010年まで同球団でプレーした。

2011年にアメリカ本土に渡り、アパラチアンリーグのルーキー級キングスポート・メッツ英語版でプレー。15試合に登板して3勝1敗1セーブ・防御率2.68・42奪三振の成績を残した。

2012年にA-級ブルックリン・サイクロンズでプレーし、12試合に先発登板して6勝1敗・防御率1.11・66奪三振の成績を残した。

2013年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツとA+級セントルーシー・メッツでプレーし、2球団合計で18試合(先発17試合)に登板して5勝5敗・防御率3.78・71奪三振の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2014年はAA級ビンガムトン・メッツでプレーし、30試合(先発18試合)に登板して7勝6敗・防御率4.31・106奪三振の成績を残した。オフの11月20日に40人枠入りした。

2015年は開幕をAAA級ラスベガス・フィフティワンズで迎え、4月20日にメジャー初昇格した[3]。24日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビューし、1回を無失点に抑えた[4]。その後は右のリリーフとしてメジャーに定着した。最終的には57試合にリリーフ登板し、防御率3.67・4勝3敗・WHIP1.02という成績をマーク。三振奪取能力の高さも見せつけ、奪三振率は10.2を記録するなど、ルーキーシーズンからチームに大きく貢献した。

2016年も、メッツのリリーフ陣の一角として68試合に登板し、防御率3.48・6勝4敗という成績を記録。ただ、与四球が前年から倍増してWHIPが1.35まで上昇し、防御率の改善とは裏腹に不安定な面ものぞかせた。

2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[5]。シーズンは調子が上がらず[6]、AAA級でも過ごすなど登板機会は減少した。最終成績は46試合に登板し、防御率4.92・7勝5敗だった。

2018年1月12日に年俸90万ドルで合意し、年俸調停を回避した[7]。開幕はAAA級で迎えたが、4月3日にメジャーに昇格した[8]。その後再びAAA級に降格したが、5月5日にはメジャーに戻った[9]

しかし結果は残せず、6月22日にDFAとなった[10]。それまでの成績は16試合に登板し、防御率5.03・2勝2敗だった。

エンゼルス時代[編集]

2018年6月23日にウェイバー公示を経てロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[11]。移籍後は37試合に登板し、防御率2.97・0勝1敗2セーブだった。

投球スタイル[編集]

スリークォーターから、最速99.5mph(約160km/h)・平均95mph(約153km/h)の速球(主にフォーシーム)を中心に、平均85mph(約137km/h)のスライダー、その他に平均88mph(約142km/h)のチェンジアップを投げる[12]
メジャー通算の対左被OPSが.577であるのに対し、対右被OPSは.759と、右投げながらも左打者を得意としている[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 NYM 57 0 0 0 0 4 3 0 12 .571 217 54.0 37 8 18 1 2 61 2 1 27 22 3.67 1.02
2016 68 0 0 0 0 6 4 0 13 .600 331 77.2 69 7 36 4 1 85 3 0 32 30 3.48 1.35
2017 46 0 0 0 0 7 5 0 5 .583 247 56.2 47 10 29 2 5 60 2 0 31 31 4.92 1.34
2018 16 0 0 0 0 2 2 0 2 .500 88 19.2 21 7 10 1 1 23 1 0 11 11 5.03 1.58
LAA 37 0 0 0 0 0 1 2 7 .000 154 36.1 32 2 15 0 1 36 1 0 15 12 2.97 1.29
'18計 53 0 0 0 0 2 3 2 9 .400 242 56.0 53 9 25 1 2 59 2 0 26 23 3.70 1.39
MLB:4年 224 0 0 0 0 19 15 3 39 .559 1037 244.1 206 34 108 8 10 265 9 1 116 106 3.90 1.29
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 47(2015年 - 2018年6月21日)
  • 57(2018年6月24日 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Mets Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月28日閲覧
  2. ^ Getting to know Mets reliever Hansel Robles”. Amazin' Avenue. SB Nation (2015年4月20日). 2015年9月30日閲覧。
  3. ^ http://www.nj.com/mets/index.ssf/2015/04/mets_to_bring_up_kevin_plawecki_and_hansel_robles.html
  4. ^ Hansel makes MLB debut, Mets lose 1-6 to Yankees.”. http://espn.go.com. ESPN (2015年4月25日). 2015年9月30日閲覧。
  5. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月16日閲覧
  6. ^ McShane, Chris (2017年10月31日). “Season Review: Hansel Robles was all over the place”. Amazin' Avenue. 2019年2月10日閲覧。
  7. ^ Mets' Hansel Robles: Avoids arbitration with Mets”. CBSSports.com. 2019年2月10日閲覧。
  8. ^ Mets put reliever Anthony Swarzak on 10-day disabled list, recall shaky Hansel Robles - NY Daily News”. nydailynews.com. 2019年2月10日閲覧。
  9. ^ Mets Designate Matt Harvey”. MLB Trade Rumors. 2019年2月10日閲覧。
  10. ^ Anthony DiComo (2018年6月22日). “Mets call up OF Kaczmarski, RHP Smith” (英語). MLB.com. 2018年6月25日閲覧。
  11. ^ Maria Guardado (2018年6月23日). “Angels claim righty reliever Robles from Mets” (英語). MLB.com. 2018年6月25日閲覧。
  12. ^ 「2015プレーオフ選手名鑑 ニューヨーク・メッツ」『月刊スラッガー』2015年11月号 日本スポーツ企画出版社 41頁
  13. ^ FanGraphs2017年2月7日閲覧。

関連項目[編集]