ハンドドライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
手動ボタン式ハンドドライヤー
三菱電機製ハンドドライヤー「ジェットタオル」

ハンドドライヤーとは、を風で乾かすための乾燥機である。タオルペーパーに対してエアータオルとも称する。

構造[編集]

各社ともに構造はほぼ同一で、センサーで手を感知し風を送る[1]

下部に横から差し出した掌に上方から送風する方式、上部から差し入れた掌の前後両側から送風するおばけ型[2]とも俗称される方式がある

殺菌灯を取り付けて乾燥と同時に紫外線による滅菌を行うものや[3]、アルコール噴霧を行うものなどもある[2]。滅菌を行うものは食品関連や医療機関で導入されている[3]自動ドアと連動させて、規定の時間の乾燥と滅菌が終わるまで自動ドアが開かないという仕組みのものもある[3]。吸引型の物は、利便性とその性能の高さから注目をうけている[3]

特徴[編集]

ペーパータオルや布ロールタオルを使用する場合に比べて、ハンドドライヤーは電気代を考慮してもランニングコストが安いとメーカーは試算している[4]。また、ペーパータオルを全量リサイクルしても、工場への搬送、リサイクル、製品の輸送にかかるエネルギーや薬品の消費を考慮すると、ハンドドライヤーは環境負荷が少ないとメーカーは主張している[5]

細菌の空中への拡散[編集]

ウエストミンスター大学の研究者は実験により、ハンドドライヤーで乾燥する際の送風で、室内に細菌ウイルスが拡散されると報告している[6]。当時最新型のジェット式ハンドドライヤーは温風ドライヤーの20倍、ペーパータオルの190倍以上の量の最近やウイルスが飛散し、送風から15分が経過しても空気中を漂うとしている[6]。 これに対してダイソンは反論をしているが、そもそも現実にトイレを使用した人の手に付着している細菌量と種類のデータは十分ではなく、利用者の病原体感染率を増加させる危険性があるのか疑問も出されている[7]。 またアルコール噴霧や殺菌灯や紫外線で殺菌を行う製品も存在するが、飛沫感染の原因となる拡散という問題点は解決しない。しかし近年これらの懸念が改善された吸引型のCrena(クレナ)と言われるハンドドライヤーが開発されるなど注目をされている。

手を洗った後に乾かさないとバクテリアが生き残るので手を乾かす必要がある。ペーパータオルは利用者の手を乾かす最も衛生的な方法である。また、ハンドドライヤーで深刻な病原体を拾う可能性は低い。他の人との直接の接触のほうが、感染を獲得する手段としてはるかに可能性が高いのである[8]

消費電力[編集]

冷風のハンドドライヤーの消費電力は約1150ワットで、15秒以下の使用で約0.9円の電気代がかかり、同じ時間作動させた場合においてであればこれは一般的な温風ドライヤーや電子レンジと同等である[9][注 1]

歴史[編集]

日本では、1960年(昭和35年)に東京エレクトロンが最初のハンドドライヤーを発売した[10]。当時のアメリカで既に同種の製品が存在しており[3]、1970年代始めまで特許が保護されていたため、東京エレクトロンが独占して製造して販売したが、特許の保護期間が終了後に大手各社が参入して競争が始まった[1]。1985年(昭和60年)頃にモーターの性能が改良されて乾燥時間が短くなり、普及に弾みが付いた[1]。1990年代に、環境問題の観点から紙を消費しないハンドドライヤーの普及がさらに促進された[1]。風の吹き出し口を小さく絞ることにより、モーターの能力が同一でも水を吹き飛ばす性能が大幅に高まる改良がこの時期に行われた[2]

新型コロナウイルス感染対策として停止されたハンドドライヤー

2011年東日本大震災が発生すると節電の必要性から、多くの施設でハンドドライヤーの使用は停止された。地震のダメージから回復する過程で、一部メーカーでは消費電力を削減したモデルを開発することにより需要拡大を図ったが[11]2020年新型コロナウイルスの感染が拡大すると、ドライヤーの風でウイルスが拡散するとのイメージから、再び多くの施設で使用停止となった。ただし日本経済団体連合会では、コロナ対策の指針を見直す中で、世界保健機関がハンドドライヤーの利用を推奨していることを理由に使用再開を促している[12]

主な生産メーカー[編集]

  • 東京エレクトロン - 「エアータオル」
    ハンドドライヤーのパイオニアで2010年で50周年を迎えるハンドドライヤーメーカーの老舗で、日本カルミックやダスキンにOEM供給している。
  • コイト電工
    大部分をTOTO「クリーンドライ」として、OEMで供給している。
  • パナソニック エコシステムズ - 「パワードライ」
    三栄水栓やダスキン、INAXにOEM供給している。一部機種は製造終了となり東京エレクトロンのOEMに切り替わった。
  • 三菱電機 - 「ジェットタオル
    上から手をかざすタイプを初めて発売した。INAX「スピードジェット」へのOEMも存在する。
  • ダイソン
  • エアラボ
    吸引型のハンドクリーナーCrena(クレナ)シリーズを供給している。
    Crena(クレナ)動画説明。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、温風ドライヤーや電子レンジをそれだけの短時間でしか利用しないことは通常ありえない(逆にハンドドライヤーを長時間使うことはあっても稀で、パナソニック製等はいたずら防止として連続稼働時間を60秒に制限している例もある)ため、使用時間も加味すればこの中であればハンドドライヤーが最も電気代が安いと言っても差し支えないことは明らかである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d どうやったら早く乾く? ハンドドライヤーメーカーに聞く 2”. デイリーポータルZ (2014年4月8日). 2014年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c どうやったら早く乾く? ハンドドライヤーメーカーに聞く 3”. デイリーポータルZ (2014年4月8日). 2014年4月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e どうやったら早く乾く? ハンドドライヤーメーカーに聞く 1”. デイリーポータルZ (2014年4月8日). 2014年4月12日閲覧。
  4. ^ コスト”. 東京エレクトロン. 2014年4月12日閲覧。
  5. ^ Frequently Asked Questions About Mitsubishi Jet Towel Hand Dryer”. 三菱電機. 2014年4月12日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b P.T. Kimmitt, K.F. Redway, Evaluation of the potential for virus dispersal during hand drying: a comparison of three methods., 20 January 2016, doi:10.1111/jam.13014
  7. ^ トイレの「ジェットドライヤー」はウイルスを大量に拡散する:調査結果 WIRED 2016.05.01
  8. ^ FIDSA, John Ross, MD (2018年5月11日). “The bacterial horror of hot-air hand dryers” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月10日閲覧。
  9. ^ タオルいらずで「ブオーン」―ハンドドライヤーは、本当にお得か?”. マイナビ (2014年7月12日). 2020年8月30日閲覧。
  10. ^ エアータオルの歴史”. 東京エレクトロン. 2014年4月12日閲覧。
  11. ^ 水と地球の、あしたのために。”. TOTO. 2020年12月28日閲覧。
  12. ^ コロナ対策指針見直しへ ハンドドライヤーOKに―経団連”. 時事通信 (2020年11月6日). 2020年12月28日閲覧。

関連項目[編集]