ハンドルネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハンドルネームとは、インターネット上で活動するときの名前のことである。ハンネHNと略される。ペンネームラジオネームと同質である。

概要[編集]

ネットワーク上において、実名での活動は住所を特定されるなどのリスクが高く、ストーカー被害や嫌がらせなどから自身、または身内の危険回避、自己防衛の意味でハンドルネームでの活動が広く普及している。

場合によってはハンドルネームが実名を大きく上回るアイデンティティ確認手段に発展し、一つのハンドルネームを複数のネットワークやコミュニティにわたって広範に用いた場合、活動履歴や他者からの評価が蓄積されるという意味で芸能人の芸名と同じ意味も成す。

ひとりの人間がいろいろな場面に応じて複数のハンドルネームを使いわけることは、珍しい事ではない。しかし、同一の相手に対して複数のハンドルネームを使い分け、複数の人間が活動しているかのように見せかける行為は、発覚すると自作自演と呼ばれ、当然激しく非難される。

語誌[編集]

OED によれば、この用法は、まず肩書き・称号を指して使われていた。文献の初出は 1833年で、"Mister Coxswain! thanky, Sir, for giving me a handle to my name."(コクスウェインさま! 有難うございます、私の名に肩書きを与えてくださいまして) とある [1]

ここからさらに、名前を指して使われるようになった。初出は 1870年で、"I would rather be called ‘Big-Foot Wallace’ than ‘Lying Wallace’.‥ Such handles to my name would not be agreeable."(「ほら吹きウォレス」よりは「ビッグフット・ウォレス英語版」と呼ばれたい。……そんなあだ名は、私の名には好ましくない)とある[2]

CB無線アマチュア無線では自身や他人と「無線上で呼び合う名前」を、「肩書き」や「名前」や「あだ名(ニックネーム)」の意味を持つ英語で「Handle(ハンドル)」と称していた[3]

しかし、無線熟練者が「ハンドルなに?(名前なに?)」と尋ねたところ無線初心者が逆に「ハンドルなにって?嗚呼、ニックネームは〇〇です。」というようなやりとりや、英語が達者な者が英語の未熟な者に対して「ハンドルだけで名前の意味で通ずるのでハンドルとネームで混同しない様に」などと用語を解説したつもりが転じて「ハンドルネーム」となり、広く伝わったとされる。これらのやり取りは英会話の場合も、日本語の場合も似たような場面で交わされた。

日本アマチュア無線連盟発起人で米国アマチュア衛星通信協会理事を歴任した米田治雄は、アマチュア無線専門誌『CQ ham radio』にて「ハンドルネームと言う英語はないので、ハンドルか、ネームか、どちらかで使って下さい」と語っており、ハンドルネームという語句が浸透してゆく経緯を物語っている[4]

しかし、"handle name"はSNSサイトを中心に世界中で日常的に使われているスラングであり、日本発祥ではない。

エピソード[編集]

2ちゃんねるなどに代表される匿名掲示板群などでは一般的にハンドルネーム記入欄に無記名で書き込みを投稿すると「名無しさん」となり、「ウィキペディア太郎」と記名して投稿すると、ハンドルネーム「ウィキペディア太郎」と言うことになる。

ただし、単に記名しただけでは誰もが同じ名前を騙る事が可能な為、トリップを刺してハンドルネームを固定する。仮に「#Wikipedia」と言うトリップキーでトリップを指しハンドルを固定して投稿すると、「ウィキペディア太郎◆Ig9vRBfuyA」と表示される。これを固定ハンドルネーム、略してコテハンやコテと呼ぶ。ニコニコ動画でハンドルネームの事をコテハンと呼ぶ由来である。

また、一度かぎりの書き込みをする際など、使い捨てられる(継続して使用する事を前提としない)ハンドルネームは、捨てハンドルネームやステハンと呼ぶ。

複数人物がひとつのハンドルネームを名乗る事を共有固定や共有コテハンと呼ぶ。

書き込み時のコメント番号で「※2さん(2コメさん)」、「米380(380コメ)」などと呼ばれたり、スレッドやトピックを立てた者は「スレ主」や、「トピ主」、略して「主」や、「1さん」などとその場限りのあだ名で呼ばれる場合が多々あり、それをそのままコテハンとして使う者も居る。

脚注[編集]

  1. ^ Marryat P. Simple iv (OED)
  2. ^ J. C. Duval Adv. Big-Foot Wallace xxxviii. 236 (OED)
  3. ^ Howard Jackson, Etienne Zé Amvela, "CB talk"Words, meaning and vocabulary: an introduction to modern English lexicology
  4. ^ 米田治雄 『ハムのための英会話』 CQ出版社〈(『CQ ham radio』2008年4月号別冊付録、1969年の書籍の改訂新版)〉、東京都、2008年、改訂新版(日本語)。ISBN 978-4-7898-1173-6。、p. 18

関連項目[編集]