ハンナ・ウィルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hannah Wilke
生誕 Arlene Hannah Butter
(1940-03-07) 1940年3月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没 1993年1月28日(1993-01-28)(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育 Stella Elkins Tyler School of Fine Art, Temple U, Philadelphia
著名な実績 画家彫刻家写真家
代表作 イントラ・ヴィーナス
Needed Erase Her(1974年の作品)

ハンナ・ウィルケ(Hannah Wilke, Arlene Hannah Butter, 1940年3月7日 - 1993年1月28日)は、フェミニズム美術を手がけたパフォーミング・アーティスト、画家彫刻家写真家

彼女は女性としてのセクシュアリティやエロティシズムを、生涯を通して一貫して視覚化を試みる表現活動に従事した。代表作は晩年、癌に冒されてゆく自らの身体や顔を撮影した写真集 Hannah Wilke: Intra Venus (「イントラ・ヴィーナス」)。

彼女はニューヨークユダヤ系ドイツ人移民の子として生まれた。

文献[編集]

著書[編集]

  • 1976年 Hannah Wilke: Shuffling off to Buffalo
  • 1989年 Hannah Wilke: A Retropsective, Nikolaj, Copenhagen Contemporary Art Center, 1989, University of Missouri Press, ISBN 0826207030, Paperback: Oct 2000, ISBN 8788860612
  • 1995年 Hannah Wilke: Intra Venus, Ronald Feldman Fine Arts, ISBN 0914661124

関連文献[編集]

  • 東京都写真美術館朝日新聞社(共編)『ジェンダー 記憶の淵から』東京都写真美術館、1996年(写真展カタログ)、[1]
  • 「『若くて健康的』男性の偶像崩す 老い肥満・病……女性が描く女性の写真展」読売新聞1996年9月2日
  • 「『ジェンダー 記憶の淵から』展 性意識の変化を表現 芸術上で問う女性の地位」朝日新聞1996年9月3日
  • 「『ジェンダー記憶の淵から』展 現代人の性意識に挑む アート 男女11人が『理念』を表現」産経新聞1996年9月22日
  • 笠原美智子「現代セルフポートレート十選3 ハンナ・ウィルケ『イントラ=ヴィーナス』より 『1992年7月26日/1992年2月19日』」日本経済新聞2006年9月15日