ハンナ・シュヴァルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハンナ・シュヴァルツ(Hanna Schwarz, 1943年8月15日 - )は、ドイツのアルト歌手[1][2]。本名はイレーネ・ヨハンナ・シュヴァルツ(Irene Johanna Schwarz)。

概要[ソースを編集]

ハンブルク生まれ。生地で心理学と声楽を学び、エッセンのフォルクヴァンク音楽院とハノーファー音楽大学で声楽を修得した。1970年にハノーファージュゼッペ・ヴェルディの『リゴレット』のマッダレーナ役でデビューを飾る。1973年からハンブルク国立歌劇場に所属するも、その翌年からバイエルン国立歌劇場にも出演するようになった。1975年にはバイロイト音楽祭リヒャルト・ワーグナーの『ラインの黄金』のフロースヒルデ役で初登場し、1998年まで音楽祭に参加した。1977年にはサンフランシスコ歌劇場で『ラインの黄金』のフリッカ役で出演してアメリカでのデビューを果たしている。

脚注[ソースを編集]