ハンネス・アルヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンネス・アルヒ
}
フルネーム Hannes Arch
生誕 (1967-09-22) 1967年9月22日
死没 (2016-09-08) 2016年9月8日(48歳没)[1]
国籍  オーストリア
レース経歴
最高順位 1位(2008年 - 2015年
機体 ジブコ エッジ540
公式サイト
hannesarch.com

ハンネス・アルヒHannes Arch1967年9月22日 - 2016年9月8日[1])は、オーストリア曲技飛行パイロット、登山家。2007年のレッドブル・エアレース・ワールドシリーズから参戦。2008年のシーズンではワールドチャンピオンを獲得している。

固定翼機だけでなくヘリコプターも操縦し、ベースジャンプパラグライダーなどのスカイスポーツ全般で活躍していた。また登山家としてのキャリアは飛行機よりも長い。またレッドブル X-Alpsの考案者でもある[2]

経歴[編集]

  • 1982年(15歳) 初のハンググライダーによる単独飛行を行う。
  • 1986年(19歳) カルフォルニア州のエル・キャピタンでビックウォールクライミングを行う。
  • 1987年(20歳) IFMGA/UIAA 国際スキーおよび山岳ガイドとなる。
  • 1990年(23歳) アラスカ州のロンドン山にて“Big Time 8+/A3” ルートでの初登頂。
  • 1995年(28歳) レッドブルアクロチームが創設され、フリーフライングに活動を移す。
  • 1996年(29歳) パラグライディングのテストパイロットとパラテック社でのワールドカップパイロットとなる。
  • 1997年(30歳) スイスで開催された初の非公式なエアロバティック・パラグライディング・ワールドチャンピオンシップである“Vertigo” で優勝。
  • 1999年(32歳) フランスでの"ユーロスポーツ・マッド・マスターズ"にエアロバティク・パラグライディングで優勝。
  • 2000年(33歳) 航空機のマーケティングとエクストリームスポーツに特化したプロダクションである "Airpro GmbH"を創設。
  • 2003年(36歳) 国際的なアドベンチャーレースである"Red Bull X-Alps"の発案と主導を行う。スイスのマッターホルン北側からのベースジャンピングを初めて行った。4000mからのベースジャンピングはヨーロッパでは最高峰。
  • 2005年(38歳) レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップのレースディレクターとなる。
  • 2006年(39歳) スイスで開催された"FAI ヨーロッパ・エアロバティック・ワースドチャンピオンシップ"のフリースタイル部門で金メダルを獲得。
  • 2007年(40歳) レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに参戦。新人王となる。
  • 2008年(41歳) レッドブル・エアレース・ワールドシリーズのワールドチャンピオンとなる。
  • 2009年(42歳) レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの年間第2位となる。
  • 2010年(43歳) レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの年間第2位となる。
  • 2011年(42歳) アル・アイン(アラブ首長国連邦)で行われた"リズム&エアーショー"のワールドプレミア。milon社のコマーシャル撮影をオーストリアのレッドブル・レースサーキットで行う。
  • 2012年(43歳) "FAI ヨーロッパ・エアロバティック・ワースドチャンピオンシップ"のフリースタイル部門で銅メダルを獲得。
  • 2014年(45歳) レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに参戦。
  • 2016年(48歳) オーストリア・ケルンテン州でプライベートヘリコプターの事故で死亡[3]

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ[編集]

2009年・2010年は、予選1位獲得者に追加ポイント1が与えられた。

金色 銀色 銅色 ポイント圏内完走 ポイント圏外完走
1位 2位 3位 4-8位( - 2015年[注 1]
4-9位(2016年 - )
9位以下( - 2015年[注 1]
10位以下(2016年 - )

2007年 - 2010年[編集]

開催年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 勝利数 最終順位
2007 アラブ首長国連邦の旗
失格
0
ブラジルの旗
4位
3
アメリカ合衆国の旗
10位
0
トルコの旗
11位
0
スペインの旗
中止
スイスの旗
12位
0
イギリスの旗
11位
0
ハンガリーの旗
10位
0
ポルトガルの旗
12位
0
アメリカ合衆国の旗
10位
0
メキシコの旗
中止
オーストラリアの旗
9位
0
3 0 10位
2008 アラブ首長国連邦の旗
2位
8
アメリカ合衆国の旗
4位
6
アメリカ合衆国の旗
3位
7
スウェーデンの旗
中止
オランダの旗
2位
8
イギリスの旗
3位
7
ハンガリーの旗
1位
9
ポルトガルの旗
1位
9
スペインの旗
中止
オーストラリアの旗
3位
7
61 2 1位
2009 アラブ首長国連邦の旗
1位
12+1
アメリカ合衆国の旗
3位
9+1
カナダの旗
2位
10
ハンガリーの旗
4位
8
ポルトガルの旗
2位
10
スペインの旗
4位
8+1
60 1 2位
2010 アラブ首長国連邦の旗
11位
1+1
オーストラリアの旗
1位
12
ブラジルの旗
1位
12+1
カナダの旗
1位
12
アメリカ合衆国の旗
4位
8+1
ドイツの旗
1位
12
ハンガリーの旗
中止
ポルトガルの旗
中止
60 4 2位
2011年から2013年はレース休止

2014年 - 2016年[編集]

開催年 1 2 3 4 5 6 7 8 ポイント 勝利数 最終
順位
2014 アラブ首長国連邦の旗
2位
9
クロアチアの旗
1位
12
マレーシアの旗
2位
9
ポーランドの旗
1位
12
イギリスの旗
8位
1
アメリカ合衆国の旗
8位
1
アメリカ合衆国の旗
5位
4
オーストリアの旗
4位
5
53 2 2位
2015 アラブ首長国連邦の旗
4位[4]
5
日本の旗
11位[5]
0
クロアチアの旗
1位[6]
12
ハンガリーの旗
1位[7]
12
イギリスの旗
8位[8][9]
(DNS)[注 2]
1
オーストリアの旗
12位[10]
(DSQ)

0
アメリカ合衆国の旗
10位[11][12]
0
アメリカ合衆国の旗
5位[13]
4
34 2 3位
2016 アラブ首長国連邦の旗
10位[14]
0
オーストリアの旗
2位[15]
12
日本の旗
6位[16]
5
ハンガリーの旗
2位[17]
9
イギリスの旗
3位[18]
9
ドイツの旗
5位[19]
6
41 0 3位

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2009年・2010年は11位までポイント圏内。
  2. ^ ラウンド・オブ8でエンジンがかからず、スタートせずに敗退。

出典[編集]

  1. ^ a b We are devastated and lost for words”. Hannes Arch (2016年9月9日). 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ ハンネス・アルヒ氏急逝に寄せて | Red Bull Air Race
  3. ^ お悔み : ハンネス・アルヒ氏”. Red Bull Air Race (2016年9月9日). 2016年9月10日閲覧。
  4. ^ アブダビはポール・ボノムが優勝”. Red Bull Air Race (2015年2月14日). 2015年9月7日閲覧。
  5. ^ 本戦終了後のパイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2015年5月17日). 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ 第3戦ロヴィニ:決勝レース終了後パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2015年5月30日). 2015年9月9日閲覧。
  7. ^ ブダペストはハンネス・アルヒが優勝!”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。
  8. ^ 第5戦アスコット:マスタークラス決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2015年10月20日閲覧。
  9. ^ 浅田真樹 (2015年8月19日). “【エアレース】今季初の表彰台獲得。室屋義秀が「さらに上を狙える」根拠”. 集英社. 2015年9月6日閲覧。
  10. ^ 第6戦シュピールベルク:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年9月6日). 2015年9月15日閲覧。
  11. ^ Bonhomme takes decisive win in Fort Worth”. Red Bull Air Race (2015年9月27日). 2015年9月29日閲覧。
  12. ^ 第7戦フォートワース:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年9月27日). 2015年10月20日閲覧。
  13. ^ 第8戦ラスベガス:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年10月18日). 2015年10月20日閲覧。
  14. ^ アブダビ決勝: パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2016年3月12日). 2016年3月14日閲覧。
  15. ^ シュピールベルク決勝:パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2016年4月24日). 2016年4月25日閲覧。
  16. ^ Muroya celebrates stunning home victory”. Red Bull Air Race (2016年6月5日). 2016年6月6日閲覧。
  17. ^ Dolderer unstoppable in Budapest”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2016年7月18日閲覧。
  18. ^ アスコット:決勝レース・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  19. ^ Lausitz 2016: Master Class Race Day reactions”. Red Bull Air Race (2016年9月4日). 2016年9月5日閲覧。
  20. ^ レッドブル・エアレース千葉2016決勝”. 田中梨乃オフィシャルブログ. CyberAgent (2016年6月5日). 2018年11月4日閲覧。
タイトル
先代:
マイク・マンゴールド
2007
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ チャンピオン
2008
次代:
ポール・ボノム
2009 - 2010