ハンファグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハンファグループ
Hanwha logo.svg
創業者 金鍾喜
創立 1952年
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
中核企業 ハンファ
中心的人物 金升淵(会長)
主要業務 兵器産業、化学薬品、太陽光発電、生命保険、投資証券、リゾート、建設、鉄鋼など
外部リンク http://www.hanwha.com www.hanwha.com
テンプレートを表示
ハンファグループ
各種表記
ハングル 한화그룹
漢字 -
発音 ハヌァグルプ
英語 Hanwha Group
テンプレートを表示

ハンファグループ韓国語: 한화그룹英語: Hanwha Group)は、大韓民国の企業グループ(財閥)である。株式会社ハンファを中心に構成されている。本社は兵器産業を生業にするが、化学薬品、太陽光発電、生命保険、投資証券、リゾート、建設、鉄鋼などグループ会社の業種は多岐に渡る。金升淵会長やその息子達が度々逮捕されるなど、韓国ではお騒がせ財閥としても知られる[1][2]

「ハンファ」は本来「薬(ハングクファヤク)」の略であり、報道で「韓火」と表記される例[3][4]もあるが、正式には漢字表記は使用していない。中国語圏においては「韓華」(簡体字: 韩华繁体字: 韓華拼音: Hánhuá)の音写表記を使用している[5]。稀に「韓化」と表記される例[6]もあるが厳密には誤りである。

ソーラーパネルの流通ネットワークは、23以上もの異なる国々で79以上の販売業者と卸業者を抱えている[7]

グループ概要[編集]

1941年昭和16年)に朝鮮半島内火薬企業の統合によって設立された朝鮮火薬共販株式会社の生産部職員であった金鍾喜が、1952年に同社工場の払い下げを受けて設立した韓国火薬株式会社を母体に出発。韓国火薬は、1992年まで韓国の火薬市場を独占した。1992年10月に株式会社ハンファへ商号変更[3]し、ハンファグループを名乗る[8]。現在はハンファ生命保険(旧、大韓生命)、ハンファ損害保険、ハンファ証券、ハンファソリューションズ(旧ハンファケミカル)、ハンファ建設、ハンファギャラリアなどが代表的な企業である。その他、KBOリーグプロ野球チーム、ハンファ・イーグルスを擁する。同族会社としてピングレとハンエクスプレスが知られるが、現在はピングレとの仲は悪いとされている(後述の相続争いが原因)。

1997年には韓国のサークルKを買収しCスペースに転換した[9]

ハンファグループの日本法人として、同社の完全子会社である、ハンファQセルズジャパン株式会社HANWHA Q CELLS JAPAN CO.,LTD.)が存在する。本社は東京都港区四丁目10番1号のハンファビル9階に所在。

創業者の金鐘喜亡き後、長男でハンファ会長の金升淵と次男でピングレ会長の金昊淵の間で相続争いが勃発し、1995年にピングレがグループから離脱した[10]

子会社のハンファエナジージャパンが日本全国でメガソーラー事業を行っているが、2017年から静岡県伊東市伊豆高原で進めているメガソーラー計画に大規模な反対運動が発生している[11]

2020年1月に組織再編が行われ、ハンファQセルズ、ハンファケミカル、ハンファ先端素材が統合、ハンファソリューションになった[12]。 日本法人のハンファQセルズジャパンの名称はそのまま。

2020年5月には、ハンファグループが北海道ニセコ町ひらふ地区への進出を発表。リゾート開発に乗り出すことが明らかになった[13]。また、ハンファグループはセキュリティカメラ分野にも進出しており、AIカメラを使った新型コロナウイルス感染症拡大防止ソリューションを2020年7月末以降順次提供する[14]

2021年2月、秘密資金作りに絡み有罪となった影響で続いていた金升淵会長の経営復帰への制限が7年ぶりに解除される。韓国では会長が再び経営の前面に出るのか注目されているが、ハンファ側は未定だとしている[15]

グループ企業[編集]

製造/建設/防衛[編集]

  • ハンファ(火薬/機械)(旧韓国火薬)
  • ハンファ建設
  • ハンファソリューション(旧:ハンファケミカル(旧ハンファ石油化学、ハンファファインケミカル)、ハンファQセルズ、ハンファ先端素材)
  • H.I.T.オートモーティブ
  • ハンファソーラーホールディングス(旧:ハンファQセルズ)
  • ハンファグローバルアセット(旧:ハンファ総合化学、ハンファ先端素材、ハンファQセルズコリア)
  • ハンファ・エアロスペース
  • ハンファテックウィン(旧:サムスンテックウィン
  • ハンファディフェンス(旧:ハンファディフェンス、ハンファ地上防衛、斗山DST
  • ハンファパワーシステム
  • ハンファ精密機械
  • ハンファコンパウンド(旧:ハンファポリドリーマー、ハンファネクスト、Hコンパウンド)
  • ハンファシステム(旧:ハンファS&C、サムスンタレス、ハンファタレス)
  • ハンファトータル(旧:サムスントータル)
  • ハンファ総合化学(旧:サムスン総合化学)
  • ハンファ都市開発
    • 牙山テクノバレー
    • 瑞山テクノバレー
    • 金海テクノバレー
    • 京畿華城バイオバレー
    • 京畿龍仁テクノバレー
  • 麗川NCC(大林グループとの合弁会社)
  • 唐津テクノポリス
  • NEWハンファエネルギー(旧:麗水コージェネレーション|着用熱電併給)
  • 京畿東西循環道路
  • 第三京仁高速道路
  • 第二嶺東高速道路

金融[編集]

  • ハンファ生命保険(旧:大韓生命)
  • ハンファ損害保険(旧:新東亜火災|第一火災)
  • ハンファ資産運用(旧:ハンファ投資信託運用|プルデンシャル資産運用
  • ハンファ貯蓄銀行(旧:セヌリ貯蓄銀行)
  • ハンファ投資証券(旧:プルデンシャル投資証券|ハンファ証券|ハンファ・インベストメント)
  • サービス
  • ハンファ(貿易)
  • ハンファホテルアンドリゾート(旧:ハンファリゾート株式会社|ハンファ開発)
  • ハンファ63シティ
  • ハンファギャラリア(旧:ハンファ流通)
    • ハンファギャラリアタイムワールド(旧:ハンファタイムワールド)
    • ギャラリア免税店
  • ハンファB&B
    • Beans&Berries
  • Hソリューション
  • ハンファ駅社

スポーツ[編集]

過去のグループ企業[編集]

  • ハンファエネルギー(現:SK仁川石油化学
  • ハンファエネルギープラザ(現:現代オイルバンク
  • 韓国総合エネルギー(現:ポスコエナジー
  • ハンファBASFウレタン(現:韓国BASF
  • ハンファNSK精密(現:韓国NSK
  • FAGハンファベアリング(現:シェフラーコリア)
  • 大徳テクノバレー
  • ピングレ(旧:大日乳業)
  • 京郷新聞
  • ドリームパーマ(米国アルボジェン社に売却、現在はグンファ製薬を合併して、アルボジェンコリアとなる。)
  • Hancom斗山グループに売却)
  • ハンファL&C(現:現代L&C)

脚注[編集]

  1. ^ 会長の三男が逮捕された韓国大手企業“ハンファ”、実はかなりのお騒がせファミリー!!”. S-KOREA (2017年1月7日). 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ サムスン後継者にナッツ姫…なぜ韓国の“財閥2世”たちは、不祥事ばかりを起こすのか”. スポーツソウル (2017年1月14日). 2021年2月2日閲覧。
  3. ^ a b 参考:財閥 その12 錦湖アシアナ、韓火 - 『KBS WORLD』(2001年8月10日)
  4. ^ 参考:
  5. ^ ハンファグループ中国語版サイト
  6. ^ 参考:
  7. ^ http://jp.enfsolar.com/directory/panel/2406
  8. ^ ハンファ・グループの歩み - 『Hanwha Japan』より
  9. ^ 편의점 써클K 한화그룹서 운영
  10. ^ 「うちは無関係」暴力事件でビングレがとばっちり”. YONHAPNEWS (2007年5月2日). 2007年5月2日閲覧。
  11. ^ 世界ジオパークの伊豆半島、対立深まる観光地のメガソーラー開発”. THE PAGE (2018年7月2日). 2018年7月2日閲覧。
  12. ^ ハンファソリューション「2025年に売上高18兆」”. 毎日経済 (2020年1月6日). 2020年1月6日閲覧。
  13. ^ 韓国財閥、ニセコ地域で大型開発 ひらふ地区にコンドミニアム建設計画”. 北海道新聞 (2020年5月31日). 2020年5月31日閲覧。
  14. ^ ハンファQセルズジャパン、AIカメラを使った新型コロナウイルス感染症拡大防止ソリューションを公開”. 時事ドットコム (2020年7月14日). 2020年7月14日閲覧。
  15. ^ 김승연 한화그룹 회장 7년만에 ‘공식적으로’ 돌아온다”. ハンギョレ新聞 (2021年1月20日). 2021年2月2日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]