ハンプトン・ファンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンプトン・ファンチャー
Hampton Fancher
Hampton Fancher
本名 Hampton Lansden Fancher
生年月日 (1938-07-18) 1938年7月18日(80歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州イーストロサンゼルス
職業 脚本家、プロデューサー、俳優、映画監督
配偶者

ハンプトン・ランスデン・ファンチャー(Hampton Lansden Fancher、1938年7月18日 - )は、アメリカ合衆国脚本家映画プロデューサー

私生活とキャリア[編集]

カリフォルニア州イーストロサンゼルスでメキシコ・デンマーク系の母親[1]とアメリカ人医師の父親のもとに生まれる[2]。15歳の時にスペインに行ってフラメンコのダンサーとなり、「Mario Montejo」と改名した。1953年から1963年のあいだにジョアン・マクナッブ、1963年から1965年のあいだに『ロリータ』に出演したスー・リオンと結婚したが、いずれも離婚している[3]

1950年代後半より俳優としての活動を開始し、多くのテレビドラマに出演する。その後彼は脚本業に興味を抱くが、完全に転身したのは1977年のことであった[4]

1975年、フィリップ・K・ディックの1968年のSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の権利獲得に失敗すると、ファンチャーは友人のブライアン・ケリーを送った。ディックの了承を得るとファンチャーはケリーがプロデューサーのマイケル・ディーリー英語版の支援を得る前に脚本を書き上げた[5]。これによりファンチャーは製作総指揮も兼任したが、最終的に監督のリドリー・スコットとの意見の相違から途中降板し、代わりに起用されたデヴィッド・ピープルズが脚本を改訂した。スコットはファンチャーによる初期案が映画の世界を充分に掘り下げておらず、内面のドラマに集中する道を選んでいると感じていた。またファンチャーは執筆作業が遅すぎたことからスタッフから「Happen Faster」というニックネームで呼ばれていた[6]。完成した映画『ブレードランナー』は1982年に公開された[7]

『ブレードランナー』の後、ファンチャーはデンゼル・ワシントン主演の『刑事クイン/妖術師の島』(1989年)とオーウェン・ウィルソン主演の『クアドロフォニア -多重人格殺人-英語版』を執筆した。また『クアドロフォニア』では監督も兼任した[8]

2017年には『ブレードランナー』の35年ぶり続編となる『ブレードランナー 2049』で原案・脚本を務めた。

主なフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Interview with Hampton Fancher, October 2017”. Aesop.com. 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ Gettingit.com: Life of a Hollywood Scribe
  3. ^ The New York Times
  4. ^ Friend, Tad (2017年8月21日). “Hampton Fancher on the Edge of Fame”. The New Yorker (The New Yorker). https://www.newyorker.com/magazine/2017/08/21/hampton-fancher-on-the-edge-of-fame 2017年9月15日閲覧。 
  5. ^ TURAN, KENNETH (1992年9月13日). “Blade Runner 2 : The Screenwriter Wrote Eight Drafts--and Then Was Replaced. On His First Day, The Director Turned The Set Upside Down. Harrison Ford Was Never So Miserable. Years Later, Someone Stumbled Over The Long-lost Original. Nothing About This Cult Classic Was Ever Simple.” (英語). Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. http://articles.latimes.com/1992-09-13/magazine/tm-1537_1_blade-runner-ridley-scott-orson-welles-othello/2 2017年5月15日閲覧。 
  6. ^ Schulman, Michael (2017年9月14日). “The Battle for Blade Runner”. Vanity Fair (Vanity Fair). https://www.vanityfair.com/hollywood/2017/09/the-battle-for-blade-runner-harrison-ford-ridley-scott 2017年9月15日閲覧。 
  7. ^ The New York Times
  8. ^ The New York Times