ハ・ジョンウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ハ・ジョンウ
하정우
하정우
2016年
本名 キム・ソンフン
生年月日 (1978-03-11) 1978年3月11日(43歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
身長 184 cm
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2003年 -
事務所 ワークハウスカンパニー[1]
主な作品
映画
チェイサー
国家代表!?
哀しき獣
ベルリンファイル
テロ、ライブ
群盗
『いつか家族に』
暗殺
お嬢さん
トンネル 闇に鎖された男
神と共に』シリーズ
1987、ある闘いの真実
 
受賞
百想芸術大賞
映画部門 最優秀演技賞
2010年『国家代表!?
2011年『哀しき獣
2013年『ベルリンファイル
青龍映画賞
人気スター賞
2009年『国家代表!?』
2012年『悪いやつら
アジア・フィルム・アワード
主演男優賞
2011年『哀しき獣』
テンプレートを表示
ハ・ジョンウ
各種表記
ハングル 하정우
漢字 河正宇
発音: ハ・ジョンウ
ローマ字 Ha Jung-Woo
各種表記(本名)
ハングル 김성훈
漢字 金聖勳
発音: キム・ソンフン
テンプレートを表示

ハ・ジョンウ: 하정우1978年3月11日 - )は、韓国俳優映画監督。ワークハウスカンパニー所属[1]身長184cm、体重75kg。血液型A型[2]

略歴・人物[編集]

韓国ソウル高等学校を経て、中央大学校演劇学科卒業。大学卒業後は『カルメン』『オセロ』など20編余りの演劇に出演し、キャリアを積み、1998年にCF出演で商業デビュー。 2002年製作、2003年1月韓国公開の『マドレーヌ』で映画デビューする[3]。時をほぼ同じくしてドラマ界にも進出、『プラハの恋人』で注目される。兵役中には約10本の軍広報映画に出演し、2000年3月から約3か月間、東ティモールで慰問公演勤務をした経験がある。

2010年ならびに2011年に、百想芸術大賞 映画部門 男性最優秀演技賞を『国家代表!?[4]と『哀しき獣(黄海)』[5]で2年連続受賞。2013年に『ベルリンファイル』でも同賞を受賞した[6]

2017年韓国公開の主演映画『神と共に 第一章:罪と罰』が観客動員数1,441万人を突破する大ヒットを記録[7]。翌2018年公開の続編『神と共に 第二章:因と縁』も観客動員数1,227万人を突破した[7]

2018年に所属事務所アーティストハウスとの契約満了後[8]、個人事務所ワークハウスカンパニーを設立[1]

趣味は水泳ピアノ剣道絵画。特に絵画(抽象画)の腕前が最近注目され、個展を開くまでになっているが、本人はあまりそれを表に出していない。父親は韓国で有名なベテラン俳優のキム・ヨンゴンだが、その事実はしばらく公表されていなかった。2004年頃までは本名のキム・ソンフンで活動。

出演[編集]

映画[編集]

  • マドレーヌ(原題:마들렌, 2003年) - ジュノ 役
  • スーパースター カム・サヨン(原題:슈퍼스타 감사용, 2004年) - OB キム・ウヨル 役
  • 恋の潜伏捜査(原題:잠복근무, 2005年) - 刑事 チョ・ギフン 役
  • 許されざる者(原題:용서받지 못한 자, 2005年) - ユ・テジョン 役
  • 九尾狐(クミホ)家族(原題:구미호 가족, 2006年) - 子ども 役
  • 絶対の愛(原題:시간, 2006年) - ジウ 役
  • 나, 그런 사람 아니에요(2006年) - 刑事 役
  • ブレス(原題:숨, 2007年) - 夫 役
  • 情事 セカンド・ラブ(原題:두 번째 사랑, 2007年) - キム・チハ 役
  • 私たちの生涯最高の瞬間(原題:우리 생애 최고의 순간, 2008年) - マ・ソンナム 役
  • 素晴らしい一日(原題:MY DEAR ENEMY, 2008年) - ビョンウン 役
  • チェイサー(原題:추격자, 2008年) - チ・ヨンミン 役
  • よく知りもしないくせに(原題:잘 알지도 못하면서, 2008年) - 彫刻家 チャンホ 役 ※友情出演
  • ノーボーイズ,ノークライ(2009年) - ヒョング 役
  • 国家代表!?(原題:국가대표, 2009年) - ボブ/チャ・ホンデ 役
  • パラレルライフ(原題:평행이론,2010年) - チャン・スヨン 役
  • 哀しき獣(原題:황해, 2010年) - キム・グナム 役
  • 依頼人(原題:의뢰인, 2011年) - カン・ソンヒ 役
  • 悪いやつら(原題:범죄와의 전쟁: 나쁜놈들 전성시대, 2012年) - チェ・ヒョンべ 役
  • ラブフィクション(原題:러브 픽션, 2012年) - ク・チュウォル 役
  • ベルリンファイル(原題:베를린, 2013年) - ピョ・ジョンソン 役
  • 하정우 부라더스(2013年)
  • テロ、ライブ(原題:더 테러 라이브, 2013年) - ユン・ヨンファ 役
  • 群盗(原題:군도: 민란의 시대, 2014年) - トルムチ 役
  • いつか家族に(原題:허삼관, 2015年) - ホ・サムグァン 役 ※兼監督
  • 暗殺(原題:암살, 2015年) - ハワイ・ピストル 役
  • お嬢さん(原題:아가씨, 2016年) - 藤原伯爵 役
  • トンネル 闇に鎖された男(原題:터널, 2016年) - イ・ジョンス 役
  • 神と共に 第一章:罪と罰(原題:신과함께-죄와 벌, 2017年) - カンニム 役
  • 1987、ある闘いの真実(原題:1987, 2017年) - チェ・ファン 役
  • 神と共に 第二章:因と縁(原題:신과함께-인과 연, 2018年) - カンニム 役
  • PMC:ザ・バンカー(原題:PMC: 더 벙커, 2018年) - エイハブ 役
  • ガール・コップス(原題:걸캅스, 2019年) - モーテル職員 役 ※カメオ出演
  • 白頭山大噴火(原題:백두산, 2019年) - チョ・インチャン 役
  • クローゼット(2020年)-サンウォン 役
  • ボストン、1947(2020年)-ソン・ギジョン 役
  • 拉致(2021年)-ソン・ギジョン 役

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • Big Mama「背反」(2007年)

監督作品[編集]

  • ローラーコースター(2013年) ※第9回大阪アジアン映画祭「来べき才能賞」受賞
  • いつか家族に(2015年) ※兼主演

受賞歴[編集]

  • 第8回ディレクターズ・カット・アワード 今年の新人演技者賞(2005年、『許されざる者』)
  • 第25回韓国映画評論家協会賞 新人男優賞(2005年、『許されざる者』)
  • CINE21映画賞 今年の男性新人俳優(2005年、『許されざる者』)
  • ポルト国際映画祭 男優主演賞(2007年、『絶対の愛』)
  • 第16回春史大賞映画祭 男優主演賞(2008年、『チェイサー』) ※キム・ユンソクと共同受賞
  • 第31回黄金撮影賞 最優秀男優主演賞(2008年、『チェイサー』)
  • CINE21映画賞 今年の男性俳優(2008年、『チェイサー』)
  • 第4回プレミア・ライジングスター・アワード 男優主演賞(2008年、『チェイサー』)
  • 第11回ディレクターズ・カット・アワード 今年の男性演技者賞(2008年、『チェイサー』『素晴らしい一日』)
  • 第9回大韓民国映像大典 映画俳優部門 フォトジェニック賞(2008年)
  • 第3回A-Award 知性部門(今年の男性賞)(2008年)
  • 第18回釜日映画賞 男優主演賞(2009年、『素晴らしい一日』)
  • 第10回釜山映画評論家協会賞 男優主演賞(2009年、『素晴らしい一日』)
  • 第30回青龍映画賞 人気スター賞(2009年、『国家代表!?』)
  • 第17回春史大賞映画祭 共同演技賞(2009年、『国家代表!?』)
  • 第6回マックスムービー最高の映画賞 最高の男性俳優賞(2009年、『国家代表!?』)
  • 第5回大韓民国大学映画祭 男優主演賞(2009年、『国家代表!?』)
  • 第3回Mnet 20’s Choice ホットムービースター 男性部門(2009年、『国家代表!?』)
  • 第46回百想芸術大賞 男性最優秀演技賞(2010年、『国家代表!?』)
  • 第47回百想芸術大賞 男性最優秀演技賞(2011年、『哀しき獣』)
  • 第5回アジア・フィルム・アワード 男優主演賞(2011年、『哀しき獣』)
  • 第31回韓国映画評論家協会賞(2011年、『哀しき獣』)
  • 第33回青龍映画賞 人気スター賞(2012年、『悪いやつら』)
  • 富川国際ファンタスティック映画祭 プロデューサーズ・チョイス(2012年)
  • 第3回大韓民国大衆文化芸術賞 国務総理表彰(2012年)
  • 第4回ピアソン映像フェスティバル 男性最高俳優賞(2012年)
  • 第5回スタイル・アイコン・アワード TOP10スタイルアイコン賞(2012年)
  • 第49回百想芸術大賞 男性最優秀演技賞(2013年、『ベルリンファイル』)
  • 第8回A-Award カリスマ部門(今年の男性賞)(2013年)
  • 第14回釜山映画評論家協会賞 男優主演賞(2013年、『テロ、ライブ』)
  • 第34回黄金撮影賞 演技大賞(2014年、『テロ、ライブ』)
  • 第9回大阪アジアン映画祭 来べき才能賞(2014年、『ローラーコースター』)
  • 第20回春史大賞映画祭 男優主演賞(2015年、『群盗』)
  • 光州国際映画祭 優秀アジア太平洋新人監督賞(2015年、『いつか家族に』)
  • ハワイ国際映画祭 ルネッサンス賞(2015年、『暗殺』)
  • 第22回春史大賞映画祭 男優主演賞(2017年、『トンネル 闇に鎖された男』)
  • 第7回マリ・クレーズ映画祭 パイオニア賞(2018年、『神と共に 第一章:罪と罰』)
  • 第3回Asia Artist Awards 俳優部門 ファビュラス賞・今年のアーティスト賞・ベストアーティスト賞(2018年、『神と共に 第一章:罪と罰』)
  • 第2回ザ・ソウルアワード 映画部門 男優主演賞(2018年、『神と共に 第一章:罪と罰』)
  • 第28回消費者の日 KCA文化芸術授賞式 2018観客が選ぶ今年の俳優(2018年、『神と共に 第二章:因と縁』)
  • 第52回納税者の日 大統領表彰(2018年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ファン・ボラ、ハ・ジョンウが設立したワークハウスカンパニーと専属契約締結”. もっと!コリア (2018年11月12日). 2019年9月11日閲覧。
  2. ^ 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年7月7日閲覧。
  3. ^ 하정우(ハ・ジョンウ) NAVER 영화(映画) 2011年7月7日閲覧。
  4. ^ 46th 백상예술대상 (第46回 百想芸術大賞) (韓国語) 2011年7月7日閲覧。
  5. ^ 47th 백상예술대상 (第47回 百想芸術大賞) (韓国語) 2011年7月7日閲覧。
  6. ^ 「第49回 百想芸術大賞」テレビ部門14部門中8部門をSBSが総なめ(総合)”. Kstyle (2013年5月10日). 2019年9月22日閲覧。
  7. ^ a b 二部作累計動員2700万人!韓国国民の半分以上が見た『神と共に』二部作連続公開”. エキサイトニュース (2019年5月30日). 2019年5月30日閲覧。
  8. ^ “ハ・ジョンウ、アーティストカンパニーとの契約が満了…マネジメント業務終了に合意(公式発表)”. Kstyle. (2018年9月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2101805 2019年9月15日閲覧。