ハーグ条約 (1698年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハーグ条約(ハーグじょうやく、英語: Treaty of The Hagueオランダ語: Verdrag van Den Haagフランス語: Traité de La Haye)、または第一次分割条約(だいいちじぶんかつじょうやく、英語: The First Partition Treatyオランダ語: Eerste Partitieverdrag)は、1698年10月11日に締結された、イングランド王国ネーデルラント連邦共和国フランス王国の間の条約[1]

内容[編集]

条約はスペイン王位の継承争いを解決する試みとして継承者にヨーゼフ・フェルディナント・レオポルト・フォン・バイエルンを推し、フランスのグラン・ドーファンナポリ王国シチリア王国トスカーナ大公国を獲得、神聖ローマ皇帝レオポルト1世の次男カール大公ミラノ公国を獲得するとした。スペイン領ネーデルラントスペイン領東インドヌエバ・エスパーニャはヨーゼフ・フェルディナントが継承する[1]

その後[編集]

しかし、ヨーゼフ・フェルディナントは1699年に死去、ハーグ条約が無効になった。紛争の解決は1700年のロンドン条約(第二次分割条約)で再び試みられたが、カール大公はイタリアがオーストリア領にならないので拒否した。

またスペイン王カルロス2世スペイン帝国の分割を拒否し、遺言で帝国全体をグラン・ドーファンの次男アンジュー公フィリップに贈与した[1]。カルロス2世が死去すると、フランス王ルイ14世はハーグ条約を反故にしたが、カルロス2世の遺言も(実力行使で)挑戦され、1701年にはヨーロッパ全体を巻き込んだスペイン継承戦争が勃発した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c The House Laws of the German Habsburgs”. 2017年6月18日閲覧。