ハース・VF-17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハース・VF-17
Kevin Magnussen 2017 Malaysia FP2 2.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ハース
先代 ハース・VF-16
後継 ハース・VF-18
主要諸元
エンジン フェラーリ 062
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ハースF1チーム
ドライバー フランスの旗 ロマン・グロージャン
デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
出走時期 2017年
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 47
初戦 2017年オーストラリアGP
最終戦 2017年アブダビGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20(40台) 0 0 0
テンプレートを表示

ハース・VF-17 (Haas VF-17) は、ハースF1チーム2017年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

開幕戦オーストラリアGP時点のVF-17(ドライバーはケビン・マグヌッセン)。「HAAS」の文字が赤い。

2017年2月25日にシェイクダウンを行い、翌26日に正式発表された[1]

前年に引き続き、フェラーリからパワーユニットおよび関連パーツが供給され、ダラーラがシャシーを制作した[2]

ベースカラーが前年のホワイトからグラファイトグレーに変わり、フェラーリなど多くのマシンと同様にノーズ先端には突起が付き、エンジンカバーにはシャークフィンが装着された[2]。サイドポッドを取り囲むようなパネルが特徴となっている[3]

モナコGPからカラーリングが変更され、フロント部分やリアウイング、サイドの "HAAS" の文字がレッドからホワイトに変わり、残りは濃いグレーで覆われる。その他のレッドだった部分も光沢のあるグレーに変更された[4]

2017年シーズン[編集]

ドライバーはロマン・グロージャンが残留、ルノーからケビン・マグヌッセンが移籍。

前年のVF-16で問題が多発したブレンボのブレーキはVF-17でも解決できず、プレシーズンテストでカーボン・インダストリーのブレーキマテリアルと平行使用し[5][6]バーレーンGP後のインシーズンテスト、ロシアGPイギリスGPハンガリーGPのフリー走行でもカーボン・インダストリー製ブレーキをテストした[7][8][9][10][11]。なお、グロージャンは前年からブレンボのブレーキ問題に悩まされる一方、新加入のマグヌッセンはブレンボのブレーキにうまく対処できているとチーム代表のギュンター・シュタイナーは認めている[11]

カラーリングを変更した第6戦モナコGPでチーム初のダブル入賞を果たした。第9戦オーストリアGPで前年のポイントに並び、第12戦ベルギーGPで上回った。第16戦日本GPで2度目のダブル入賞を果たし、トロ・ロッソルノーとランキング6位を争える位置にいたが、これ以後は低調な成績に終わり、ランキングは前年と同じ8位となった。

スペック[編集]

[12]

シャシー[編集]

パワーユニット[編集]

  • 型式:フェラーリ 062
  • 排気量:1,600cc
  • 気筒数:V型6気筒 ターボ
  • 最高回転数:15,000rpm(レギュレーションで規定)
  • ディファレンシャル:フェラーリ サーボコントロール油圧リミテッドスリップディファレンシャル

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
RUS
ロシアの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AZE
アゼルバイジャンの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
MAL
マレーシアの旗
JPN
日本の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2017 8 フランスの旗 グロージャン Ret 11 8 Ret 10 8 10 13 6 13 Ret 7 15 9 13 9 14 15 15 11 47 8位
20 デンマークの旗 マグヌッセン Ret 8 Ret 13 14 10 12 7 Ret 12 13 15 11 Ret 12 8 16 8 Ret 13

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “F1参戦2年目のハース、ニューマシン『VF-17』を公開”. AUTOSPORTweb. (2017年2月26日). http://www.as-web.jp/f1/93924?all 2017年3月4日閲覧。 
  2. ^ a b “ハース VF-17を発表 / 2017年F1マシン”. F1-Gate.com. (2017年2月26日). http://f1-gate.com/haas/vf17_35004.html 2017年3月4日閲覧。 
  3. ^ “ハース VF-17、シェイクダウン画像が流出”. F1-Gate.com. (2017年2月26日). http://f1-gate.com/haas/vf17_34993.html 2017年3月4日閲覧。 
  4. ^ “ハース、F1モナコGPからマシンカラーリングを変更”. F1-Gate.com. (2017年5月20日). https://f1-gate.com/haas/f1_36562.html 2017年5月29日閲覧。 
  5. ^ “ハースF1、新車を公式に披露”. ESPN F1. (2017年2月27日). http://ja.espnf1.com/haas/motorsport/story/232892.html 2017年3月5日閲覧。 
  6. ^ “ブレーキに苦しみ続けるグロージャン「ハースF1がサプライヤーを変更するのが待ち遠しい」”. AUTOSPORTweb. (2017年3月13日). https://www.as-web.jp/f1/98476?all 2017年4月8日閲覧。 
  7. ^ a b “ハース、F1ロシアGPでカーボン・インダストリー製のブレーキを導入”. F1-Gate.com. (2017年4月28日). https://f1-gate.com/haas/f1_36146.html 2017年4月30日閲覧。 
  8. ^ “ハース、F1ロシアGPの予選・決勝はブレンボ製ブレーキを使用”. F1-Gate.com. (2017年4月29日). https://f1-gate.com/haas/f1_36191.html 2017年4月30日閲覧。 
  9. ^ “ハースF1、イギリスGP金曜にカーボン・インダストリー製ブレーキのテストを計画”. AUTOSPORTweb. (2017年7月12日). http://www.as-web.jp/f1/141119?all 2017年7月17日閲覧。 
  10. ^ “ハース:F1イギリスGP 金曜フリー走行レポート”. F1-Gate.com. (2017年7月15日). https://f1-gate.com/haas/f1_37568.html 2017年7月17日閲覧。 
  11. ^ a b “ハース、ブレンボとカーボン・インダストリーのブレーキ評価を続行”. F1-Gate.com. (2017年7月27日). https://f1-gate.com/haas/f1_37753.html 2017年7月31日閲覧。 
  12. ^ “【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ハースVF-17”. motorsport.com. (2017年2月27日). https://jp.motorsport.com/f1/news/2017%E5%B9%B4f1%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B9vf-17-877572/ 2017年3月4日閲覧。