ハードコアマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ハードコア・マッチHardcore match)は、プロレスで行われるデスマッチの一種である。

凶器使用などの反則裁定が一切なく、またリングに限らず、どこでも決着がつけられるのがルール。通常はレフェリーが特に危険とみなした場合以外の全ての反則行為が認められる。そのため、通常の試合以上のスリリングさがウリとなっている。

この形式を得意とする選手には、次第にダメージが蓄積された結果、のちに長期の休養を余儀なくされる者も多い。

目次

各団体における概況

WWE

WWEにおいてはハードコア王座の創設とともにハードコアマッチが盛んになった。ハードコア王座消滅後はハードコアマッチが行われる機会は少なくなった。ハードコアマッチ以外にも、WWEではストレッチャー・マッチ、救急車マッチ、アイ・クイットマッチ、ラダー・マッチTLC戦テーブルマッチヘル・イン・ア・セルなどのハードコア系の試合形式が数多く存在する。WWEのハードコアマッチではリングの下に置いてあった凶器(主に金属製のゴミ箱、竹刀、標識、消火器など)で相手を殴ったり、舞台裏にまで戦いが及んだりする。ヒールのレスラーが大量の凶器をスーパーマーケットにあるショッピングカートごみ箱に詰め込んで登場してくることもあった。(主にレイヴェンがやっていた。)

2004年4月のバックラッシュランディ・オートンVSミック・フォーリーIC王座戦がこの形式で行われた。オートンは凶器入りのゴミ箱を持って登場し、ミック・フォーリーはサディストキャラのカクタス・ジャックとして、バービー(有刺鉄線バット)を持って登場。オートンはバービーで殴られて流血、画鋲にたたきつけられる、ステージから落とされるなどの散々な目に遭いながらも、最後はバービーめがけてのRKOでミックを退け防衛した。

2004年のイギリス大会では、JBLハードコア・ホーリー戦がこの形式で行われ、クリケットのバット警察官の帽子イギリスの道路標識というご当地凶器が使われた。

2001年に行われたロイヤルランブルでは、レイヴェンが竹刀を持ち込んで現れ、1人きりでリングにいたケインを襲い、その後もハードコアマッチを得意とするレスラーが参戦しリングには凶器が散乱し、実況のジム・ロスは「ハードコア・ランブル」と形容した。しかしケインが反撃してリング上の対戦相手を全員排除し、再び1人きりになるとレフェリー達が凶器を撤去した。また、2003年に行われたロイヤルランブルでは、トミー・ドリーマーが凶器入りのゴミ箱を持って現れた。

TNA

TNAでは以下のような試合が行われた。

ハウス・オブ・ファン・マッチ
リングのロープに沿って縄が張られ、その縄に様々な凶器をぶら下げて行うTNA式ハードコアマッチ。レイヴェンが得意とする。
モンスターズ・ボールマッチ
TNAにおけるストリートファイトに相当する試合形式。
アルティメットX
リングの角にポールを立て、リング上空に縄2本を中央で交差させるように張り、その交差地点にアイテムを吊るし、それを最初に取った人が勝つというもの。
ハングマンズ・ホラーマッチ
各方面のロープに1本ずつ括りつけられた片方の先端に首輪がついた鎖を使い、相手を首吊りにして失神させたら勝利。レイヴェン対サンジェイ・ダットの戦いでこの試合形式が採用され、ダットが勝利を飾っている。ただし、この形式で行われた試合はこれ1度だけ。
キング・オブ・ザ・マウンテン
チャンピオンベルトを持ってハシゴを上り、天井に吊るしたら勝利といういわばラダー・マッチの逆バージョン。また、3カウントまたはギブアップを奪われると、3分間リング外に用意された檻の中で待機していなければならない。
フル・メタル・メイヘム
テーブル、ハシゴ、イス、鎖の4つの公認凶器を使って戦う試合形式。

ハッスル

ハッスルでは、FMW出身の金村キンタロー田中将斗黒田哲広の3人がハードコア要員として活躍していた。ハードコアマッチのベルトである「ハッスル・ハードコア・ヒーロー(略称HHH)」が創設されたが、現在そのベルトは安田忠夫が奪ってそのベルトをオークションにかけると宣言して以来、姿を現していない。

全日本プロレス

王道マットと呼ばれ、特殊な試合形式は滅多に行われない全日本プロレスだが、2004年2月の両国国技館興行で、NOSAWA論外MAZADAの2人によるヒールユニット「東京愚連隊」と本間朋晃宮本和志の2人が全日在籍時に結成されたユニット、「ターメリックストーム」によるタッグマッチがこの形式で行われた。

大日本プロレス

通称「デスマッチ団体」とも呼ばれる大日本プロレスでは、日本で最も盛んにハードコアやデスマッチが行われている団体で、BJW認定デスマッチヘビー級王座というデスマッチのベルトも存在する。また、オリジナリティあふれるデスマッチも行われている。

一時期アメリカのインディ団体CZW勢のレスラー達が参戦し、大日本側のレスラー達と抗争を繰り広げた。CZW撤退後も、マッドマン・ポンドMASADAを中心にして海外から参戦する外国人レスラーはほとんどが「バカ外人」と呼ばれる。これは、大日本プロレスに参戦する外国人選手のムーブが非常に派手な上に、無茶苦茶な攻撃で相手選手、さらに自分自身にも多大なダメージを与えるので、想定外の衝撃を受けた観客が、驚きと一種の敬意を込めた愛称として呼ぶようになったのが定着したものである。

2003年後楽園ホールのリング上に二階建ての家(グレート小鹿の家という設定)を建設して家の中にあるものなら全て凶器として使用できるという前代未聞のデスマッチが行われた。出資者は当時・ソフト・オン・デマンド社長だった高橋がなり。試合が終わる頃には家は跡形もなく破壊されていた。

みちのくプロレス

バラモン・シュウ&バラモン・ケイが凶器攻撃を得意としている。

OZアカデミー

女子団体OZアカデミーでは、不定期ながらハードコアマッチを行っている。 2010年1月10日新宿FACE大会・アジャ・コングKAORU vs 尾崎魔弓井上貴子戦で、アジャが持ち込んだ消火器のホースをKAORUが尾崎の口に押し当て、あわや噴射という事態に陥り(消火器上部の安全栓が付いたままの為、噴射は免れた)、レフェリー(伊東幸子)が「特に危険」とみなした裁定を取り、無効試合となった。

アイスリボン

女子団体であるアイスリボンでは、「ハードコアリボン」と呼ばれる独自のハードコアマッチを行っている。流血戦になるのを防ぐためレフェリーストップが比較的早い。

関連項目

今日は何の日(5月27日

もっと見る

「ハードコアマッチ」のQ&A